HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

メイクテク

【VOCE4月号 Topics1】最旬メイクで出し抜き!アラサーのための春のイガリメイク

「大人でもできる!しかも超絶可愛い!!」と大・大・大好評だった、アラサーのためのイガリメイク。昨年の12月号に引き続き、ついに第2弾が登場!まわりとちょっぴり差をつける春のイガリメイクを今すぐチェック!


hair&make-up:Shinobu Igari/BEAUTRIUM
photographs:Kentaro Oshio(model),Yasuhiro Ito(cosmetics)
styling:Yuko Hodono
model:Erika Mori
text:Saiko Maruoka(VOCE)
composition for magazine:Tomoko Oniki(VOCE)

6180

寒色シャドウ×ローズピンク

スパイシーな寒色で出し抜きアイ!

width='399'

赤と茶。一歩間違うとおばあちゃんみたいな渋さが出そうだけどシャイニーな寒色を加えることでオシャレっぽく!
「ダークなアイシャドウはそれだけでオトナ風。
シャイニーなシルバーをプラスすれば、スキのある赤茶メイクが完成!
チークとリップは王道ローズピンクを合わせます」 

 

 MAIN ITEMS

aaa

A 【エスティ ローダー / ピュア カラー エンヴィ アイシャドウ 13 / ¥3500】

鉱物の鈍い光を思わせるシルバーで、赤茶シャドウにひとさじのスパイスをプラス。
メタリックっぽいクールさで可愛いキラキラとはひと味違う表情を添える。

 B 【エスティ ローダー / ピュア カラー エンヴィ アイシャドウ 16 / ¥3500 】

パールがふんだんなブラウン寄りローズ。
エレガントなローズ系シャドウに含まれるのは、甘さのないシルバーパール。
寒色のきらめきが際立つ。

 C 【エスティ ローダー / ピュア カラー エンヴィ アイシャドウ 01 / ¥3500】

透け感を残す発色の深みブラウン。
ひそやかなパール感がある色。
透け感のある仕上がりになるから、目元に深みを出しながらも抜け感を演出できるのが今ドキ。 

HOW TO MAKE UP

DMA-IMG_4046

①目尻のキワにローズの深みを。どことない色っぽさはローズの重ね使いで演出。
目尻側半分ほどの目のキワに細いブラシでローズをすっとプラスすることで、大人にしか出せない色気もアップ♪ 

DMA-IMG_4043

②美人度をアゲるナチュラルライン。軽くこめかみを引き上げてできるシワを延長させるように描いて。
目尻に向けてすっと抜くように仕上げれば、あら美人!このあとCで軽くぼかすと◎。 

DMA-IMG_4041

③リップはエッジをキレイに!口紅は輪郭をキレイにするため、ブラシづけで。
ぼやけた輪郭=抜けと思いがちだけど唇がハッキリしないと顔全体が締まらないので注意を。
リップはきちんと感を重視して美人なオーラを演出して。 

 

POINT

DMA-IMG_4050

・“閉じ込めチーク”でピンクは協調しない!
・水面の輝きみたいなシャイニー感がカギ。
・スキを残せば、より深い赤みが出てくる。
「目元のスパイシーな色と、チークとリップの王道コンサバカラーの合わせワザがオシャレさを生むカギ。アイラインをすっと入れて、今ドキの美人顔に抜けがけして!」 

あずきリップ×黒太眉

ハッキリ眉でお利口顔に♡

width='399'

「この春の気分はあずき色!コンサバメイクをするならイチオシのカラーです!!赤だとモード、ベージュだと幸薄そう、その中間で女性らしく知的にキマるのがあずき色。コンサバメイクで外せない眉は、髪よりもワントーンダークなカラーに。おでこの存在感が出て知的になれます」 

 

MAIN ITEMS

bbb

A 【パルファン・クリスチャン・ディオール / オールイン ブロウ 3D 001 / ¥7400】

ダークブラウンで意志ある眉に。
流行りの太眉だってダークブラウンであえてはっきり濃いめにするのが出し抜きポイントに。

B 【ランコム / スーシデフィニ 06 / ¥2600(限定色)】

太眉を決定づける黒ペンシル。
髪色よりも一段暗い色で太眉の仕上げを。
極細ペンシルで眉の輪郭を微調整しながら、自然な毛流れも演出。

C 【エスティ ローダー / ピュア カラー エンヴィ グロス 16 / ¥3300】

煮詰めたベリーのような濃厚さ。
こっくり深みのある発色のレッドグロス。
挑発的だけどベリー系の赤みだからどこか可愛げな印象。 

 

HOW TO MAKE UP

DMA-IMG_4430

①眉下のラインはまっすぐに!
パウダーで眉全体を太めに整える。
コンサバ感とオシャレさを強調するのは眉の下ライン。
細めのアイブロウペンシルを使って、眉の下側のラインを真っ直ぐに整え、強い眉に仕上げる。 DMA-IMG_4431

②遊びゴコロはグリーンのラインで。眉とリップは強く、そのぶんアイシャドウはがっつり抜くことで顔全体のバランスを取る。
とはいえ、アイライナーにはグリーンをチョイスして遊びゴコロをプラスしてオシャレに決めて。 DMA-IMG_4427

③あずきグロスはちょいボヤッと。グロスは唇全体に均一にのせる。発色よりも優先すべきは透け感とうるおい感。
唇中央から薄く広げるように塗って、ほどよい濃さで仕上げて。上唇の輪郭はちょっとボヤッとさせると◎。 

 

POINT

DMA-IMG_4459

・あずきリップは透けとうるおいが命。
・くっきり黒太眉で意志あるお利口顔に。
・抜け感は頬で出す!ノーチークが正解!!
「主役はあずき色のリップ。意志を感じさせる黒太眉と合わせることで、どこか外国人風のかっこよさが新鮮!髪色よりもややダークなカラーのペンシルをゲットすべし。」 

いかがでしたか・・・?

>>もっとVOCEの記事を読みたい!という方はコチラ (画像をクリック!↓)

6180

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

メイクテクに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

メイクテクに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧