HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアスタイル

【VOCE4月号 Topics2】信頼度も好感度も急上昇!オフィスでモテる82(ハニー)ヘア♡

派手すぎてもダメだけど地味なのは避けたいオフィスヘアは、狙いどころが難しい。そんな時、意識すべきは「清潔感」と「色っぽ感」。デキる印象につながる清潔感=8割、オシャレ感を引き出す色っぽ感=2割の“82ヘア”なら、信頼度も好感度も一度に急上昇~♪


photographs:Tomoe Suzuki
hair&make-up:George
styling:Reiko Kanayama
model:Mikiko Yano,Miyu Hayashida
text:Hiroe Miyashita (VOCE)
composition for magazine:Yuko Kagami(VOCE)

82(ハニー)ヘアとは?

82ヘアとは、8割の「清潔感」と2割の「色っぽ感」の黄金比でできた オフィスにぴったりのヘアスタイルのこと♡  

8割の清潔感

DMA-_MG_8857 まとまり感をもたせるとツヤが引き立ち清潔=きちんとした印象がUP。 でも10割これだとスキがなく、近寄りがたい印象に。 ツヤのある面を見せつけて。  

2割の色っぽ感

DMA-_MG_8864 顔まわりのニュアンスは、色っぽさやオシャレ感にマスト。 狙った感を出さずにさりげなく色気を出すには、2割がベスト。 顔まわりの曲線がポイント。  

82ヘアってこんな感じ◎

“つやん”“やわん”質感でほんのり色気のきちんと髪。

DMA-_MG_8823 これがベーシックな82ヘア! 派手すぎはダメだけど地味なのは避けたい…… オフィスヘアに悩む女性にぜひオススメしたい。 この黄金バランスで、オフィスモテが叶う!!  

アシメのメリハリと外ハネでリフトアップ効果をGET。

DMA-_MG_8896 ランダムに毛先を巻き、最後に外ハネに整えてから オイル+ワックスをなじませて、まとまり感を演出して。 バサバサじゃない束感のある外ハネが清潔感のカギ。 また、分け目から頬にかかる髪でやりすぎない色っぽさを。  

フレッシュな可愛さは高い位置の後れ毛とざっくり感が決め手。

DMA-_MG_9168 後れ毛は、低い位置、多すぎ、ボサボサだと疲れた印象の原因に。 後れ毛は位置と量と束感に注意すれば清潔な印象になる。 手グシでざっくり集めることで適度な色気も演出。  

すっきりした印象の中に色気を添える“ねじり”の曲線。

DMA-_MG_9221 7:3斜め分けで顔をすっきり見せ清潔感をアピール。 さらに、きちんとイメージ大のハーフアップは、頼れる感UPにもってこい。 まとめる前に髪をねじって、アンニュイに仕上げましょう。  

いかがでしたか・・・?

>>もっとVOCEの記事を読みたい!という方はコチラ (画像をクリック!↓)

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアスタイルに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアスタイルに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧