HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

美容師ピックアップ

業界でも注目されるカリスマ!Nicole.芦原さんの手で”美しいヒト”が創られる♡

数多くのショーやイベントで注目を集める、大阪堀江「Nicole.」の芦原照成さんに直撃取材♡芦原さんのコンセプトに隠された想いすべて聞き出しました!
”お客様の髪の毛も同じで理想があると思うんですよ。そこに髪質であったり、色々なことがあって、なりにくい場合もあって。その場合も含めて、お客様の理想を叶えてあげる。もはやその理想を超えてあげる!そんな気概でいつも仕事しています。”by 芦原さん。

o0480036013620016110  

■芦原照成さんプロフィール

スタイリスト歴は16-17年になります。美容師になってから1年でデビューしました。現在、大阪の堀江にある「Nicole.」で働いています。 日々のサロンワークでは、鏡の中で変わっていく姿をすごく意識しています。髪の毛を梳(と)くだけでも可愛くなると思うんですよ。 なので、普通に切っているだけでなく、切っているプロセスも美しくしたいと思っています。  

■芦原さんのサロンワークでのスタンスを教えてください!

うちの店は、ヘアカタの作品撮りではなく、ビジュアルを創ったり、自分が描く女性像や新しいものを創っていくという風な意味合いの作品撮りもしています。 でも、サロンワークはお客様が一番良くなるスタイルだと思っていて。だからそこには、美容師のエゴは入らなくていいと思っています。作品撮りにおいては、自分のエゴは入ってもいいと思うんですけど、お客様の髪を切る時には自分のエゴは捨てるんですよね。その人に寄り添って、その人にとって一番”いい”と思うところに、自分の培ってきた経験を全てぶつける。 サロンの中では、僕らがいるからごまかせるんですよね。セットやらなんやで。でも、お店の一歩外に出たらそれはお客様のものになってしまいます。お店の外だと、お客様しか手を加えれないものなんですよ。 その時に、楽しいか楽しくないかっていうのがすごい大事だなと思うんですよね。なので、お客様と美容師でつくるスタイルに、美容師のエゴが入りすぎるのは、良くないなと思っています。  

■芦原さんのコンセプトの意味とは?

カミとヒトをコンセプトに”美しい人を創る” うちの店自体のコンセプトが、”Make a person”=”髪を作るのではなく、人を創る”。 キャラクターをつくるっていうのが、店の考えの根底にあるんですけど、その中で、僕は美しいものがすきなので、何が美しいかっていう、判断基準は難しいけれど、でも何か綺麗やな、美しいなって思えるものを創りたいと思っています。例えば、奇抜なスタイルでも美しいものは美しい。奇抜じゃなくコンサバ系でも美しくないものは美しくない。という意味でも、美しい人を常に創りたいなという気持ちがあります。    

■なりたい姿がないお客様が来られた場合はどうするのですか?

そういう時は、その人のNGなもの、これはいやだっていうネガティブ要素を聞きます。 あとは、なりたいイメージがないわけなので、ないなら創ればいいんですよ。それを創るのは僕らに任してくれればいいんです。 僕の服とかも作ってもらっています。自分の欲しいものがないから。(笑) 自分がこの人だったらっていう人に作ってもらってるんですね。その中で、僕も好きなものとか嫌なこととかがあるので要素だけ伝えます。それを踏まえて作ってもらっています。なので、ネガティヴ要素を聞き、こうしたい!ああしたい!っていうイメージがない人には、僕らが創ります。 それがちゃんとお客様に似合うために、ちゃんと勉強もするし、努力も怠りません。いろんなものを吸収した、僕らを買いに来てくれればいいなと思っています。  

■数多くセミナーやショーなどにもオファーを受けることが多いと思いますが、意識していることはありますか?

セミナーに来ている美容師さん達ってモチベーションが高い方だとは思うんですけど、そうじゃない人も正直いると思うんですね。でも、少しでも僕のセミナーやイベントを見て、「あ、こういう表現もあるんだ」「純粋にデザインを作ってご飯を食べていけるんだ」と感じてくれたら良いなと思っています。 もちろんビジネスなのでしんどいことも苦しいこともあるけれど、一つのことに対して一生懸命やったら、なんとかやっていけるんだ!と思ってもらいたいですね。 僕が何故こんなことを思うかというと、自分もそうだったからです。業界誌や先輩達を見て育った世代であり、自分もこんな作品作ってみたい!頑張ろう!と思えていたので、今度は自分が次の世代に刺激を与えられる存在でありたいと思っています。 そして、自店で働いているスタッフが誇りをもって働いてもらえたら良いと思っています。   IMG_0578   

■何か大事にされていることはありますか?

「全ては憧れから」という言葉です。 憧れ=小さい、童って書くじゃないですか。小さい子供の頃って憧れがいっぱいあると思うんです。アイドルになりたいとかウルトラマンになりたいとか。(笑) でも多くの人が大人になるにつれて、「現実的に無理だし。」とか言い訳をして、憧れをどんどん消してしまっていてる気がして。自分の憧れに砂をかけちゃうんですよ。 小さい時のように、これをやりたい!あんな姿になりたい!っていう純粋な気持ちを持ち続けた人が、憧れている姿になれると思うんです。だから、僕もその気持ちを忘れずに憧れを目指し続けています。  

■理想を目指し続けることって大変ですよね

そうですね。お客様の髪の毛も、自分の人生も、理想を現実にするプロセスってすごく大変だと思うんですね。大変だけど、この変わる瞬間って面白いし、そのためにやっている感じです。 また次の理想が出てくるから、一瞬の楽しみだけれど、その繰り返しですね。 お客様の髪の毛も同じで理想があると思うんですよ。そこに髪質であったり、色々なことがあって、なりにくい場合もあって。その場合も含めて、お客様の理想を叶えてあげる。もはやその理想を超えてあげる!そんな気概でいつも仕事しています。    

■今後の目標を教えて下さい!

いっぱいありすぎて分かんないですね、目標は。(笑) でも最終的には良い感じで終わりたいですよね。「人生たのしかったー!」って。満足した状態ですね。なのでまだまだ満足せずに、もっと自分はできると思っています。 今は、もっともっと一人でも多く似合うデザインを提供したいですね。うちの店を知っているだけじゃなくて足を運んでもらいたい。足を運んでもらって、新しい自分に出会ってもらって、髪切るって楽しいんだって思ってもらえる人を増やしたいです。    

■Nicole. に関して

”ないなら、自分たちで創る” お店も創っています。Nicole.だけでなく、他店舗はもちろん、デザイン会社もやっています。理由はシンプルに、”自分たちで良いと思うものがないから。ないなら、創ればいい。”これがうちのスタイルです。 ヘアスタイルも何にしたらいいとか、街にあふれているものが普通すぎて、このモデルさんだから似合うんでしょとか、あの人だから似合うんでしょっていうスタイルがいっぱいだと思うんですよ。 だから、まずはうちに来て、一緒につくりましょう。僕たちは一緒に作れるようになるまで、お客様のことを分かろうとするので、お任せしてくれれば応える自信があります。    

■読者に一言! 

Love♡   Processed with VSCO with c2 preset  
    髪を切っているプロセスも美しく。 実際に、HAIR編集部も芦原さんに切って頂いたことがありますが、まさにその通りなんです!まさに切られるたびに可愛くなっている、そう実感できるカット。   Nicole.もすごく素敵な造りになっていて、スタッフさんも素敵な人ばかりです♡ 是非、一度足を運んでみてください!   IMG_3024   【HAIRアカウント名】芦原 照成 【Instagram】https://www.instagram.com/terunari1231/ 【芦原さんHP】https://ashiharaterunari.themedia.jp/

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

美容師ピックアップに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

美容師ピックアップに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧