ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

位置情報の利用に同意しますか?

同意しない
同意する
thumbnail

2016.10.05

1125

ナチュラルなのにぱっちり可愛い!デカ目メイクの5つのテクニック☆

ぱっちり大きな目って憧れますよね。目はその人の印象を大きく左右する重要なパーツ☆なんとかメイクでぱっちり可愛く見せたいですよね!でも、化粧をしている感は出来るだけ隠したいのが本音。今回はナチュラルなのに、ぱっちりデカ目に見えるメイクテクニックをご紹介しちゃいます。是非、参考にしてみてくださいね♪

なりたいのはナチュラルなデカ目!

ナチュラルメイクに重要なこと。それは土台づくり。

盛るのではなく、持っている素材をスキンケアやマッサージで最大限に生かしましょう。
土台が出来たら、似合う色をオン☆似合う色を付けると顔色がパァーっと明るくなって、目元がキラキラして見えますよ。

gahag-0117228196-1

保湿とマッサージで土台を作ろう!

土台を手抜きすると、完成度がぐっと下がったり、ナチュラルメイクなのに厚化粧に見えたりしてしまいます。
まずは保湿をしっかり入念に☆その後マッサージをして、目元のむくみを取りましょうこちらは瞳子りょう(どうしりょう)というツボ。

shutterstock_333956900

目じりの約1cmほど外側の目じりのくぼみにあるツボで、目尻の小じわや目の周りのたるみ、肌の乾燥などに効果的な美容のツボです。
人差し指や中指のはらで、押して刺激しましょう。続いて、四白(しはく)というツボもおすすめです。

shutterstock_173247374

こちらは、瞳の真下のくぼんでいる部分から指1本(約1cm)ほどの下部にあるツボで、顔のむくみを解消したり、クマやシミの解消にも効果的です。
人差し指のはらを使って上部に向かって押します。左右同時に5秒間押し、ゆっくりと離すと5回繰り返します。

時間に余裕のある方は是非顔全体のマッサージも行いましょう。
リンパを流して顔をすっきりさせると、顔のパーツが強調されるので、それだけで目元がぱっちりします。

コンシーラーでクマを消そう!

gahag-0089540194-1

ポイントは一度に隠そうとしない事です。

薄く人差し指、または中指のはらにとりポンポンと叩いてなじませていく。
様子を見てこれを何度も繰り返します。

この時に、保湿が不十分だとシミやクマが悪目立ちしてしまうので、肌の乾燥が気になる時はコンシーラーの使用は控えるのがベターかもしれません。
自分の肌に合ったコンシーラーを使えば、よりナチュラルに隠せます。
百貨店などのカウンセリングを行っているお店で、 自分の肌に合うコンシーラーを選んでもらっておくとずっと使えて便利だと思いますよ♪

自分に似合うアイシャドウをつけよう♪

流行色を取り入れる時は、自分に似合う色ベースにつけましょう。

width='399'

一般的にシルバーアクセサリーが似合う人は寒色系、ゴールドアクセサリーが似合う人は暖色系が似合うといわれています。

makeup-make-up-artist-make-up

はっきりとアイシャドウの色やラメ感を出したい場合は指で、普段メイクはチップで、ナチュラルに仕上げたいときは筆を使うのがおすすめです♪

つけ方は、まず瞼全体に自分に似合う薄めの色を塗ります。
その後、細いチップで濃い色を瞼の際に細くいれていきます。
そしてここがポイント、際に入れた濃い色のシャドウを筆で目じりからアイホールに軽くなじませていきます。

shutterstock_428327194

こうすることで簡単にグラデーションアイがつくれます♪

同系色のアイシャドウを使った方が、盛りメイクをしてもナチュラルに見えます。

アイラインを使い分けよう☆

width='399'

まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにアイラインをひく方法は、二重の幅を強調させたいときにお勧めのメイクの方法です。

一般的には①ペンシルで少し太めに線を引き、次にその線を筆でぼかし、 その後リキッドアイライナーを目の際に入れるメイク方法が、 一番ナチュラルにデカ目を作れるメイク方法だと言われています☆
囲み目は、濃いめのシャドウ、ジェルライナー、 ペンシル、リキッドアイライナーを使います。

どのライナーが合うかはその人それぞれなので、自分に合う1本を普段から探しておくといいかもしれません。ラインを入れる場所によっても雰囲気がガラリと変わります♪

カラコンを活用しよう♪

カラコン☆こちらは、もはやデカ目の王道ではないでしょうか。shutterstock_180602558 (2)

日本人には茶色か黒が合いますが、ハーフ調の顔立ちの方はグリーンも似合うそうですよ♪

いかがでしたでしょうか?

ナチュラルなデカ目は土台作りが肝。なかなか忙しくて時間が取れない方もいるかもしれませんが是非一度トライしてみてくださいね♪

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧