HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ネイルケア

初心者必見!ジェルネイルのオフの注意点とやり方☆

オシャレは、爪先が重要ですよね♡若い女性を中心に、自分でジェルネイルをする人が増えています!
ジェルネイルは可愛くてテンションが上がりますが、意外と大変なのがジェルネイルの除去です。そこで今回、初心者の方でも安心してジェルネイルを始められる、オフの注意点とやり方をご紹介します♪

オフの正しい方法とは?

セルフでオフする際に準備するもの

shutterstock_382314289ジェルネイルをオフする際に準備するものは、以下!①コットン②アルミ箔③爪やすり④メタルプッシャー⑤ジェルリムーバー⑥スポンジバッファー⑦キューティクルオイル です♡綿棒や、つまようじなどもあれば役立ちます!

 サンディング後にリムーバーで浸透

shutterstock_141472069まずジェル部分をサンディングし、リムーバーの浸透を促進する下地を作ります。※サンディングとは自爪の表面部分をやすりなどを使い取り去る作業のことをいいます。その後リムーバーに浸し、ジェルを剥がしていきます。リムーバーがしっかり浸透するよう、パックするようにコットンなどで包み、アルミホイルを巻きましょう!

メタルプッシャーで剥がす!

shutterstock_240537145タルプッシャーは、浮いたジェルを優しく剥がすための専用道具です。リムーバーが浸透すると、ジェルネイルが溶けて浮いてきます。アルミ箔などを外して、ジェルが浮いているかを確認しましょう。浮いたジェルネイルは、メタルプッシャーで爪を傷つけないように優しく剥がしていきます。方向は爪先から根本に向けてはがしてください。一度で取れない場合は、この工程を繰り返して!

爪を傷つけないための注意点

① サンディングは様子を見ながら!

ネイルの表面を削ると、リムーバーが浸透しやすくなります。しかし、早くジェルネイルを落したくて、大胆に削りすぎると爪を傷つけてしまうことに…。できるだけ、様子を見ながら丁寧にサンディングしていきましょう! 

② 慌てて無理矢理剥がさないで!

ジェルネイルが取れかかっているからといって、無理矢理剥がすことは止めましょう!爪を傷つける恐れがあります。もう一度、リムーバーに浸してから、再び剥がしましょう♪

③ リムーバーは長時間放置しない!

「剥がれやすくなるかも」と、爪をリムーバーに長時間浸していると、アセトンという成分が爪の乾燥を促します!規定の時間以上、放置しないように気をつけましょう☆

ネイルオフのための便利グッズ

サンディング不要のジェルネイル

shutterstock_159405935爪を削らずオフできる「ノンサンディングジェルネイル」をご存知ですか?リフトしにくいように、密着度を高めたジェルネイルです。サンディングの工程が省かれるので、時短でオフできます

こんな便利グッズも♪

リムーバーを浸透させるために、よく使うのはアルミホイルですが、最近は「ソークオフクリップ」というクリックタイプのものも販売されてます。アルミホイルを1本ずつ巻いて、という手間が省け、ワンタッチで装着できるのでかなり便利♪

いかがですか?

正しい方法やコツさえ守れば、誰でも簡単に自分でジェルネイルを落すことができます。オフするのが面倒で、ジェルネイルを諦めていた人は、ぜひ、この機会に始めてみてくださいね♡爪先のオシャレがおもいきり楽しめますよ♪

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ネイルケアに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ネイルケアに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧