HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

メイクテク

白肌の美しさを活かす。ブルーベースの冬メイクHOW TO

あなたの肌はイエローベース?ブルーベース?それぞれの肌の色によって、似合うメイクの色は違います。メイクをすると、なんだか老けて見えたり、疲れて見えたり、なんだかぱっとしないという人は、間違ったメイクをしているのかもしれません。今回はブルーベースの人に向けた、おすすめの冬メイクをご紹介します。

ブルーベースって?

ブルーベースってなに?

width='399'

人は皆生まれ持った肌の色で、イエローベースかブルーベースに分けられます。

これはどの人種でも同じこと。

ブルーベースの人は色白で透明感があることが特徴です。

 

こんな人がブルーベースです

width='399'

・頬が染まるとローズ色寄り

・ゴールドよりもシルバーが似合う

・手首の血管は緑より青色に見える

・日焼けをすると赤くなる

これらに当てはまる人はブルーベースと言えるでしょう。

 

ブルーベースに似合う色は?

width='399'

ブルーベースの人は一般的に、寒色が似合うと言われています。

たとえばピンクなら青味ピンクやローズピンク、ラメはゴールドよりシルバー、クリーム色より純白、といった具合です。

 

おすすめの冬メイクはこれ!

ファンデーションの選び方

width='399'

ブルーベースの人は、ピンクオークルのファンデーションがおすすめ。

逆にベージュやイエローオークルなどのファンデーションを使ってしまうと、肌の透明感がなくなったり、厚塗り感が出てしまったりするのでNGですよ。

 

ブルーベース×アイメイク

width='399'

流行のピンクのアイメイクをするなら、黄色味がかったピンクはやめて、ローズピンクやパステル系のピンク色を選びましょう。

ラベンダー色のアイシャドウもオススメです。

 

ブルーベース×アイメイク2

width='399'

クールなブルーのアイシャドウも、ブルーベースの人にはお似合いです。

また、モノトーンも相性がいいので、グレーのシャドウや、漆黒のアイライナーも似合うでしょう。

 

ブルーベース×チーク1

width='399'

ブルーベースの人が、チークではっきり色味を出したい時は、ローズレッドやフューシャピンク、トゥルーレッドのチークを選ぶと失敗しません。

オレンジやトマットレッドのなど黄色味の入った色はなじまないのでNGです。

 

ブルーベース×リップ1

width='399'

ブルーベースの中でも、はっきりした色が似合う人には、深紅やボルドー、ワイン色のリップが似合います。

華やかで主張しつつ、クールなイメージの色を選ぶとマッチしそう。

個性派メイクもお得意のはず。

 

ブルーベース×リップ2

width='399'

ブルーベースの中でも、パステルカラーなど淡い色が似合う人には、ラズベリーやストロベリーのような、鮮やかでも軽やか色付きのリップがおすすめ。

上品でソフトな印象を頭に置いてリップメイクをすると、マッチしますよ。

 

ポイントメイクまとめ

ブルーベースの良さを活かして

width='399'

ブルーベースの人の特徴は、色素の薄い、透き通るような透明感。

コスメを選ぶときはブルー寄りの色味を使って、透明感を更に際立たせ、持っている美しさを最大限に引き出しましょう。

 

 

いかがでしたか?

透明感が特徴的なブルーベースの人は、メイクでその透明感を消してしまったらもったいない!

透明感をいかす、青味の入ったカラーを選んで、美しい肌に見えるメイクを楽しみましょう。

自分に一番似合う色を探すために、お店で色々なメイクグッズを試してみると良いかもしれませんね。

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

メイクテクに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

メイクテクに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧