HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

メイクテク

厚塗り注意!キレイな肌に見せるリキッドファンデーションの使い方

肌にツヤが出るリキッドファンデーションは、乾燥しがちなこの季節に特に人気があります。そんなリキッドファンデーション、正しく使えていますか?一歩間違えると厚塗りになってしまう恐れのあるリキッドファンデーション。今回は、キレイな肌を演出してくれるリキッドファンデーションの使い方をお届けします。使い方をマスターして、冬の肌を楽しみましょう♡

リキッドファンデの特徴 

カバー力の高さ 

width='399'

表面にだけでなく、肌に浸透するのがリキッドファンデーションの特徴。
皮膚の隙間まで密着するため、カバー力が高いのが最大の魅力です。

乾燥肌の人にもおすすめ 

width='399'

リキッド状になっているメリットは他にも。
乾燥肌の人は、パウダーファンデーションだと粉を吹いてしまう場合もありますが、潤い成分の入ったリキッドファンデーションなら粉吹きすることなく使うことができます。

自分に合った色って?

width='399'

色の確認は、手の甲ではなく頬と首の境目の色を見て判断しましょう。
首に近いエラにリキッドファンデーションをのせて合う色があなたにぴったりのファンデーションです。

リキッドファンデの使い方 

準備するもの 

width='399'

ファンデーションと合わせて必要なのは化粧下地、フェイスパウダーです。
リキッドファンデーションを塗るのは手でもいいですが、メイクブラシを使うと、さらにツヤ肌に仕上げることができます。

STEP1 

width='399'

しっかりとスキンケアを行ったあと、化粧下地を塗りましょう。
下地には、メイクの持ちを良くする役割もあります。
顔全体に丁寧になじませてください。

STEP2 

width='399'

リキッドファンデーションを手の甲に出し、柔らかくなるまで指でなじませてください。
より肌に密着させる効果があり、浮きにくい仕上がりになります。

STEP3 

width='399'

両頬・おでこ・鼻・あごの5カ所にのせ、中央から外側に向かって伸ばしましょう。
乾燥肌の人は、ポンポンと叩き込むようになじませるのがおすすめです。
最後はスポンジで押さえ、しっかりと肌に密着させましょう。

フェイスパウダーで仕上げる 

width='399'

リキッドファンデーションだけで仕上げると、ベタつき感があり崩れやすくなってしまいます。
顔全体にパウダーをはたき、ベタつきを抑えましょう。
余分な粉を落としたらベースメイクの完成です。

肌を綺麗に見せるには 

コンシーラーを活用しよう 

width='399'

しっかりとカバーしようとして厚塗りになりがち、そんな方はコンシーラーを活用しましょう。
全体に薄くリキッドファンデーションを使い、よりカバーしたい箇所にはコンシーラーを重ねることで厚塗りを防ぎます。

肌の悩みに合った化粧下地を使う 

width='399'

ファンデーションだけでなく、化粧下地もしっかりと選んでください。
肌悩みに合った化粧下地を用いることで、メイクの持ちがぐんと良くなります。
自分に合った化粧下地で、長時間キレイな肌を目指しましょう。

いかがでしたか?

厚塗りになりがちなリキッドファンデーションの正しい使用方法についてお届けしました。
いかがでしたか?塗り方が難しいとされるリキッドファンデーションですが、一つ一つの工程を丁寧に行えば問題なし!
正しい手順を守ってキレイな肌を作りましょう♡

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

メイクテクに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

メイクテクに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧