HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

メイクテク

保湿とメイクどっちが重要?頑張り過ぎない大人の基本メイク術♡

20代の頃より、ベースメイクが崩れやすくなったと感じている人も多いはず。20代と30代ではお肌の質が違うので、メイクの仕方も当然変わってきます。30代からのメイクは、お化粧前の保湿がネック!今回は、30代からの基本のメイク方法をご紹介します。

30代は引き算メイクが大切 

頑張りすぎない大人のメイク術

width='399'

頑張りすぎないのが、30代のメイクの基本♪
頑張って作り込んだメイクは、30代だとケバイ印象を与えてしまいかねません。
力を抜くところは抜いて、ワンポイントに力を注ぐ、大人のこなれメイクを目指しましょう。

若く見せる一番のポイントは?

width='399'

若く見せる決め手となるポイントは、なんと言ってもお肌です!
20代までのような、目を大きく見せるために頑張っていたアイメイクはもう卒業。
お肌重視のナチュラルメイクが、若見せの基本です。

ベースメイクが崩れやすくなった?

width='399'

昔に比べて、ベースメイクが崩れやすくなったと感じている方はいませんか?
そのような場合は、メイク前の準備が肝心!
メイク前のスキンケアに力を注ぐようにしましょう。

若返りベースメイクの基本

コスパ抜群パックでたっぷり保湿

width='399'

若返りベースメイクをつくるには、まずは十分に保湿しておくことがポイント。
コスパ重視のひたひたパックをぜいたくに使って、潤い肌をゲットしましょう。
メイク前の、着替えやコーヒーを飲む時間などを利用するといいです。

下地は自分の肌に合ってる?

width='399'

下地は自分の肌をつくるうえで一番のベースとなるもの。
年齢とともに、お肌の質も当然変化していきます。
年齢を重ねるごとに下地を見直して、今の自分に合った下地を使うことが、いつまでも美肌にみせるためのポイントです。

1.黄色味肌の人のおすすめカラー

width='399'

お肌の色が黄色味かかったイエローベースタイプの人には、パープルベースの化粧下地がおすすめ。
パープル系は黄色の補色にあたるため、黄色味肌のくすみなどを打ち消して、肌色をカバーする役割をしてくれます。

2.色白さんにおすすめの下地

width='399'

もともと色が白いブルーベースタイプの人には、ピンク系の化粧下地がおすすめです。
色白さんは顔色が悪く見えがちなので、ピンク系の下地を使うことで、お肌を血色良くみせるようにしましょう。

CCクリームがおすすめ

width='399'

薄付きで崩れにくいCCクリーム

カバー力の強いベースメイクやファンデーションの厚塗りは、若返りメイクには不向き。
30代のベースメイクには、薄付きで崩れにくいCCクリームがおすすめです。
お肌のムラを飛ばして透明感を引き出すことで、作り込んでいない自然な印象に仕上がります。

選ぶポイント①色

CCクリームは種類によって、色味があまりないものや肌色系のものなどさまざま。
購入前に必ず色味をチェックして、自分の肌色や用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

選ぶポイント②機能

CCクリームには明確な定義がありません。
メーカーによって備えている機能や効果も違うので、自分の使い方に合っているか、気になる機能性のポイントを必ずチェックしましょう。

選ぶポイント③日焼け止め機能

メーカーや種類によって、日焼け止めとしての効果も違ってきます。
別途日焼け止めを使うのではなく、CCクリームに日焼け止めとしての機能も求める場合は、SPFやPAの値も確認しましょう。

カバー力は弱い

CCクリームは肌色には、BBクリームほどの強いカバー力はありません。
ニキビ跡などを隠したい場合は、コンシーラーやBBクリームなど、ほかのアイテムと併用する必要があります。

大人のキレイは頑張り過ぎない

width='399'

いつまでも20代の頃のままのメイク方法を続けているという方はいませんか?
そんな場合は要注意!いつまでも若々しいお肌に見せるには、年齢に合ったメイク方法にチェンジする必要があります。
ぜひ、今回ご紹介した内容を参考にして、メイク方法を30代仕様にアップデートしてみてくださいね。

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

メイクテクに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

メイクテクに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧