HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアケア

いまさら聞けない?リンスとコンディショナーとトリートメントの違い

髪はキレイの底上げをしてくれる大事なポイントです。毎日のヘアケアに欠かせないリンス・コンディショナー・トリートメント。この違いや正しい使いかたをきちんと理解していますか?今回は、いまさら聞けないこれらの違いと、正しい使いかたをご紹介いたします。これを見て、今のケアの仕方を再確認してみてください!正しいケアで健康で美しい髪を手に入れましょう!

それぞれの違いは? 

いまさら聞けない?リンスとコンディショナーとトリートメントの違い

リンスの役割 

リンスとは、シャンプーの後のきしみを解消し、手触りをよくするためのものです。
髪の水分の蒸発を防ぐという効果もあります。
髪の内部にまでは浸透しないのがリンスの特徴です。

リンスの使いかた 

毛先を中心にリンスをなじませていき、その後フェイスラインから後ろに向かって髪全体に行き渡らせます。
なるべく頭皮にはつけないようにし、すすぎ残しがないようしっかりとすすぎましょう。

コンディショナーの役割 

コンディショナーも、髪のきしみを防ぎ手触りをよくする効果があります。
リンスと役割は同じですが、髪の潤いを保つ保湿成分などがプラスされています。
リンスよりも髪の表面の保護力が高いのも特徴です。

コンディショナーの使いかた 

コンディショナーの使いかたはリンスと同様です。
数回に分けて乾燥しがちな毛先からしっかりとなじませ、全体に行き渡らせたらしっかりとすすぎましょう。

トリートメントの役割 

トリートメントには、髪の毛の内部にまで栄養成分を浸透させる効果があります。
髪の質感をコントロールしたり、髪の傷みを補修したりと、悩みに合った選択が可能です。

トリートメントの種類 

シャンプーの後に使う洗い流すタイプと、入浴後に使う洗い流さないタイプのものの2種類があります。
洗い流さないタイプのものは、髪の毛の保護作用を重視しており、普段の髪のダメージを少なくするのが目的です。

トリートメントの使いかた 

水気を切った髪にトリートメントをつけていきます。
頭皮につかないように気を付けながら全体に行き渡らせ、少し置いて栄養成分を浸透させてから洗い流しましょう。

正しいケアの順番は? 

いまさら聞けない?リンスとコンディショナーとトリートメントの違い

まずは汚れをオフ 

まずはブラッシングをして髪の毛の汚れを落とします。
そして、シャンプーの前にはしっかりと髪の毛をすすぐのが大切!
少ないシャンプーで済むよう、ここに時間をかけましょう。

シャンプーの後はトリートメント 

リンス、もしくはコンディショナーとトリートメント、Wの効果が欲しい!
その際、順番はトリートメントから。
栄養をしっかりと髪に浸透させてからコーティングするという流れになります。

最後に髪をコーティング 

最後に使用するのがリンス、もしくはコンディショナーです。
栄養を浸透した髪の毛をコーティングし、栄養を閉じ込めます。
コンディショナーは時間を置く必要はありません。
なじませたらしっかりと洗い流しましょう。

いかがでしたか?

いまさら聞けない?リンスとコンディショナーとトリートメントの違い

いまさら聞けないヘアケアアイテムの効果と正しい使用方法をご紹介いたしました。
間違ったケアをしていた!という人もいたのではないでしょうか。
髪の毛のケアは毎日の積み重ねが重要です。
毎日行うシャンプーだからこそ、正しい使用方法で髪をキレイに保ちましょう♡

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアケアに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアケアに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧