HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

位置情報の利用に同意しますか?

同意しない
同意する
thumbnail

2017.04.24

1836

大人のアンニュイな魅力をプロデュース。シースルーボブがトレンドの予感

ボブといえば、Aラインの重めスタイルが主流でしたが、最近では外ハネスタイルなどボブもどんどん進化しています。 そんな進化形ボブの中でもトレンドの予感がするのが、シースルーボブ。 抜け感を出すことができるのに加え、クールなこなれ感もあるのでおすすめですよ! ここでは、大人のアンニュイな魅力を引き出す、シースルーボブをご紹介しましょう。

シースルーって? 

シースルーのはじまり

シースルースタイルの火付け役は、韓国のオルチャンです。
流行に敏感なオルチャンが取り入れ始めたシースルーヘアは瞬く間に日本にも広がってきました。
じわじわと日本のおしゃれ女子たちも取り入れ始めています。

シースルーってなに?

その名の通り、髪と髪の間から肌が透けてみえるようなスタイルのことを指します。
全体的に毛量を調整して軽くしているので、とても涼しげで女性らしくみせてくれるスタイルですよ。

アンニュイなシースルーボブ 

アンニュイな表情

シースルースタイルは、さわやかで少女のような印象をもっている反面、スタイリングによってはちょっとけだるい感じのアンニュイな表情も出すことができます。
気分によって使い分けできるのが楽しいですよね。

抜け感、ウェット感

アンニュイなシースルーボブにする場合は、抜け感とウェット感を重視しましょう。
あまり作りこみすぎず、自然に仕上げることでトレンド感をより演出することができますよ。

シースルーボブスタイル 

シンプルボブ

まずは、シンプルなシースルーボブスタイル。
前髪をシースルーにし、全体の毛量はそのまま残しているスタイルなので、初心者の人でも挑戦しやすいですよ。
スタイリング剤でウェット感を出すとアンニュイな表情に。

ピュアボブ

ナチュラル 暗髪 シースルーバング ボブ ヘアスタイルや髪型の写真・画像
桝田 由佳 vicus hairメッセージ電話番号を表示するヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

ピュアで少女のような印象のシースルーボブ。
全体的に毛量を調整し、透け感を出しているのでトレンド感満載です。
ウェットに仕上げると、小悪魔な印象にもなるスタイル。

自然体ボブ

ストリート シースルーバング フリンジバング ゆるふわ ヘアスタイルや髪型の写真・画像
小島翔一郎 depart表参道メッセージ電話番号を表示するヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

まるで洗いざらしのような自然体なスタイルのシースルーボブ。
まったくレイヤーがはいっていないとボテッと重い印象になってしまいますが、シースルーになるようにカットしてあるので重くなりすぎません。

パリジェンヌボブ

ゆるふわ ナチュラル ボブ シースルーバング ヘアスタイルや髪型の写真・画像
小島翔一郎 depart表参道メッセージ電話番号を表示するヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

まるでパリジェンヌようなAラインを基調としたシースルーボブ。
ベースはAラインなので、上品でおしゃれな印象はそのままにトレンド感を取り入れることができますよ。
透明感のでるカラーとの相性も抜群です。

レイヤーボブ

毛先にかけてレイヤーがはいっているシースルーボブ。
とても軽くみえるようにカットしているので、涼しげな雰囲気が好きという人にはおすすめです。
外国人風カラーでアンニュイな表情を演出して。

いい女風ボブ

黒髪 前髪あり シースルーバング うざバング ヘアスタイルや髪型の写真・画像
小島翔一郎 depart表参道メッセージ電話番号を表示するヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

意志のある黒髪が印象的なアンニュイなシースルーボブ。
作りこみすぎないスタイリングがよりけだるくセクシーな表情を演出しています。
ウェット感のあるスタイリング剤でより女っぷりを上げてみてくださいね。

いかがでしたか?

シースルースタイルといえば、少女のようなピュアな印象というイメージを持っている人も多いかと思います。
しかし、実はさらに進化をとげてアンニュイな表情まで出せるようになっているんです。
アレンジ次第でさまざまな表情を出すことができるスタイルなので、流行に敏感な女性はぜひ取り入れてみてくださいね。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧