HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

メイクテク

肌に優しくキレイになろう!敏感肌さん向けメイクのポイント教えます

今まで使っていた化粧品でピリピリしたり、かゆみを感じたりすることはありませんか?それって敏感肌かもしれません。敏感肌の要因としては乾燥、ホルモンバランスの乱れ、体質、間違ったスキンケアなどがあります。敏感肌さんにあったスキンケアや化粧品を使うことで、キレイになりましょう。おすすめのメイク法や化粧品の選び方をご紹介します。

敏感肌って?

敏感肌の症状

width='399'

敏感肌とは、お肌のバリア機能の低下によってちょっとした刺激でもかゆみや赤み、ピリピリ感などを感じやすいお肌の状態のことを敏感肌と言います。

敏感肌の原因

width='399'

乾燥によるバリア機能の低下が一番の要因です。
空気が乾燥している冬はもちろんですが、エアコンで室内が乾燥する夏も要注意ですよ。

お手入れのポイント

洗顔

width='399'

洗顔には、合成界面活性剤の入っていない、刺激の少ない無添加石鹸がおすすめです。
肌への刺激が強いクレンジングは、オイルタイプや拭き取りタイプよりも洗い流すタイプのクリームなどを選びましょう。

保湿

width='399'

お肌のバリア機能を低下させないためには、肌本来のうるおいを保つことが大切です。
化粧水や乳液は、保湿能力の高い「セラミド」を配合しているものがおすすめ。

化粧品の選び方

敏感肌専用化粧品がおすすめ

width='399'

敏感肌の方には「セラミド」を配合している化粧品やアルコールフリーのもの、特に敏感肌のためにつくられた敏感肌専用の化粧品を選ぶことがおすすめです。
敏感肌用化粧品は刺激が少ないだけでなく、敏感肌を改善するための成分や特許技術などが含まれていることも。

メイクのポイント

下地・ファンデーション

width='399'

ファンデーションは界面活性剤が多く使用されているリキッドタイプやクリームタイプよりもパウダータイプのものを。
保湿成分が配合されたファンデーションやお肌に負担をかけない成分で作られているミネラルファンデーションがおすすめです。

リップ

width='399'

リップクリームは、メントールタイプや紫外線吸収剤が入ったものは避け、無香料・無着色で低刺激のものを選ぶことをオススメします。

敏感肌には改善するには?

敏感肌かも…って思ったあなた。
敏感肌の原因はさまざまですが、生活習慣を見直したり、保湿対策をしたりすることで、肌トラブルが改善するかもしれませんね。お肌に刺激の少ないスキンケア用品や化粧品を選ぶことも大切です。

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

メイクテクに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

メイクテクに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧