HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

thumbnail

2017.04.29

17387

「好きな人の好きな人になりたい。」その願いを叶える方法とは

好きな人ができると、ドキドキと胸が高鳴る恋愛が始まります。彼の何気ない一言に、一喜一憂する日々の到来です。 彼への思いが募るほど、あなたが彼を好きなように、彼にもあなたを好きになって欲しいと考えるようになるでしょう。 「好きな人の好きな人になりたい。」その願いを叶えるための方法をご紹介します。

積極的にアプローチする!

width='399'

好きな人ができたら、彼からの行動を待つのではなく、あなたから積極的にアプローチしてみましょう。
無口で、感情を言葉や態度で表すのが苦手な男性も多いので、「好きな人の好きな人になりたい。」という願いを叶えるためには、あなたの方から歩み寄る努力をすることも必要です。

まずは、ランチや映画に誘ってみるなど、簡単なきっかけを作ります。
なかなか言い出せない方は、友人や同僚に協力してもらい、はじめは数人のグループで飲み会や遊園地に遊びに行く計画を立てるのもおすすめです。
一緒の時間を過ごしていれば、お互いの共通点を見つけられ、彼もあなたに魅力を感じる機会が訪れます。

彼の趣味嗜好を知る!

width='399'

誰しも、何かしら好きなものや興味のあることは持っているものです。
彼との共通点が発見できたり、話題のきっかけにもなったりするので、彼の趣味嗜好をリサーチします。
サッカーが好きな彼なら、サッカーのルールや、好きなチームの選手、成績などを把握しておき、サッカー観戦に誘えるくらいの知識を備えておくと良いでしょう。
彼の趣味で一緒に盛り上がることができると、あなたに対する親近感が更にわいてきます。

ラーメンが好きな彼なら、美味しいラーメン屋さんをリサーチして、ラーメン屋さん巡りをしてみるのもオススメです。
それぞれのお店についての感想を言い合ったり、今度はどこの店にする?という相談をしたり、とコミュニケーションを取るうちに、距離が近づいていきます。
また、彼好みのラーメンを手作りでご馳走すれば、家庭的な面もアピールできるでしょう。
彼の趣味嗜好がマイナーな程、それに共感することで彼との心の距離はグッと縮まります。

イベントを一緒に過ごす!

width='399'

彼の趣味嗜好を知り、距離がだんだん縮まってきたら、イベントを一緒に過ごしてみましょう。
まずは、お祭りや花火大会などのイベントがオススメです。
浴衣を着てみたり、夜店をまわったり、夜空に輝く花火を一緒に鑑賞したりすると、いつもとは違う雰囲気で過ごすふたりの時間が、あなたをより魅力的に演出してくれます。

彼との心の距離が近くなってきたら、誕生日やバレンタイン、クリスマスなどカップルならではのイベントを一緒に過ごしてみましょう。
あなたが、彼にとって特別な日を一緒に過ごす相手になることができれば、特別な存在として意識されてきている♪ということになります。

本音をチラッともらしてみる

width='399'

彼と過ごしている時間の中で、「本当はね」「実はね」などという言葉を使って、あなたの心のうちを伝えてみましょう。
あなたの彼に対する本心や、悩みごと、他人には言いづらいこと、を自分にだけは話してくれていると彼は感じます。
あなたにとって彼が特別な存在になっていることを、彼に知ってもらうことが大切です。
彼も、自分にだけ特別な面を見せてくれているあなたのことを、大切に思う気持ちが湧き上がってくるかもしれません。

自分を磨くことも忘れずに♪

width='399'

「好きな人の好きな人になりたい。」という願いを叶えるために、彼の趣味嗜好に染まりすぎると、流されやすいのかな?と誤解されてしまうかもしれません。
自分をより魅力的にするために、自分磨きにも励みましょう。

ファッションや、メイクなどの身だしなみ、外見の美しさも大切です。
また、礼儀正しい、常識がある、言葉遣いがきれい、仕草が美しいといった内面的なことも女性の魅力となります。

更に、仕事や勉強など自分の目標に向かって努力する、趣味の活動で人間としてお感性の幅を広げる、ということも内面を充実させてくれるのです。
人として輝いている女性は、彼にとっても魅力的な、特別な存在になるでしょう。

いかがでしたか?

「好きな人の好きな人になりたい。」という願いを叶えるためには、まずはあなたが一歩踏み出すことが大切です。
共通の趣味を見つけたり、一緒にイベントを過ごしたりすることが良いきっかけになります。

時々、あなたの本音をもらして彼に意識してもらうことも必要です。
自分磨きも怠らず、人として輝いていれば「好きな人の好きな人になりたい。」という願いも叶うでしょう。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧