HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

メイクテク

美しいメイクをするために!自分の肌色を知っておくのが重要♡

せっかくメイクを頑張っても、なんとなくしっくりこない、あか抜けない、と感じたことはありませんか?もしかするとそれは自分に似合う色に気づいていないからかもしれません。自分に似合う色「パーソナルカラー」を理解して、より魅力的なメイクをしてみませんか♪

パーソナルカラーを知ろう

パーソナルカラーとは

width='399'

1人1人瞳の色や肌の色が違うように、自分に似合う色も1人1人違っています。
その自分に似合う色のことを「パーソナルカラー」といいます。

肌色にあった色を知ろう

イエローベースとブルーベース

width='399'

肌の色からパーソナルカラーを診断する場合、黄みの強いオークル系の肌の「イエローベース」と青みがかったピンク色に見える「ブルーベース」に分けられます。

イエローベース

イエローベースのベースメイク

width='399'

イエローベースの方はオークル系・ベージュオークル系の化粧下地やファンデーションを使用すると肌に良くなじみます。
イエロー系のコントロールカラーを使うとくすみが消え、肌が明るく見えちゃいますよ♪

イエローベースのアイメイク

width='399'

イエローベースのアイメイクは瞳の色に近いブラウン系のアイシャドウを使うと自然な陰影が出来て肌に良くなじんで見えます。
そのほかにもベージュやカーキなどのアースカラーのアイシャドウもおすすめです。

イエローベースのチーク・リップ

width='399'

チーク・リップはベージュ系やオレンジ系がよく肌になじみ、血色を良く見せてくれます。
ピンク系を使いたい場合は、黄みがかったサーモンピンクやコーラルピンクを選ぶとよいですね♪

ブルーベース

ブルーベースのベースメイク

width='399'

ブルーベースの方はピンクオークル系の化粧下地やファンデーションがよく合います。
青みが強い肌にピンク系を使用すると血色がよく見えます♡

ブルーベースのアイメイク

width='399'

ブルーベースには寒色系のアイシャドウがよく合います。
シルバーやラメの入ったものも似合うのでおすすめです♪
ブラウンを使いたい場合はダークなブラウンを選ぶとよいですね。

ブルーベースのチーク・リップ

width='399'

ブルーベースのチーク・リップはピンク系やレッド系がおすすめです。
肌の色と同じように少し青みがかったものを選ぶと肌と良くなじむので血色が良く見えますよ。

自分の肌色を理解することが大切

いかがでしたでしょうか?
イエローベースとブルーベース、肌の色のタイプによって、似合うメイクはこんなにも違ってくるのです。
自分の肌の色のタイプを理解して、似合う色のアイテムを使ってより魅力的になれるメイクを試してみてくださいね♡

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

メイクテクに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

メイクテクに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧