HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

メイクテク

ツヤ感たっぷりのうるツヤ肌はメイクでゲットしよう♡思わず触れたくなる美肌

つやつやで赤ちゃんのような美肌は、美人の条件でもあり、誰もが憧れるもの。 生まれ持った体質なんて諦めず、メイクでうるツヤ肌をゲットしましょう! 今回は、思わず触れたくなるようなうるツヤ肌を作る、メイクのコツをご紹介します。 知らないと損をしているかもしれませんよ!

ツヤ肌になりたい♡

最旬はナチュラルツヤ肌

width='399'

今のトレンドは、ファンデーションの厚塗り感がなく、白すぎるファンデーションを使わない、あたかもすっぴんのような、健康的で自然なツヤ肌です。

素肌に自信がなくても大丈夫

width='399'

ナチュラル肌ブームは、素肌に自信がない人にとっては困る、と思っているかもしれません。
でも大丈夫。
ナチュラル肌に見えるあの子も、あの芸能人も、隠すところはこっそり隠して、ツヤ肌を作っているのです。

必要なもの

化粧下地

width='399'

化粧下地を使っていないという人はもったいない! ツヤ肌作りに、自分に合った化粧下地を使うことは欠かせません。
保湿効果がある下地で、自分のトラブルにあった色味や質感の下地を選びましょう。

コンシーラー

width='399'

ナチュラルなツヤ肌にするために、にきびやシミ、毛穴、目の下のクマなどの隠したい部分は、ファンデーションを重ねるのではなく、コンシーラーで部分的に隠しましょう。

ファンデーション

width='399'

仕上げのファンデーションですが、よりツヤ感を出したい人には、リキッドタイプがおすすめです。
テクスチャーが軽く、するする伸ばせて、薄付きにできるものを選ぶと、ナチュラルなツヤ肌に近づけますよ。

ハイライト

width='399'

ツヤ肌、うるうる肌の代表とも言えるイガリメイクなどでもおなじみなのが、ハイライトによってツヤ感を出すメイク。
Tゾーンや目の周りに光を集めることで、より透明感を演出できます。

メイクの方法

まずはしっかりとスキンケア

width='399'

お化粧を始める前に、まずはしっかりと手間を惜しまずスキンケアをしましょう。
かさかさ肌の上では、メイクも力を発揮できません。
保湿をしっかりとして、10分ほど経ってべたべたしなくなってからメイクを始めましょう。

ベース作りが大切

width='399'

下地、コンシーラー、ファンデ、仕上げのルースパウダーの順でベースメイクを行います。
ここでツヤ肌になるかどうかが決まるので、丁寧に。
それぞれ「付け過ぎない」ことを意識して、適量を肌に伸ばしましょう。

ハイライトを入れる

width='399'

ハイライトを入れるタイミングは、眉やチークを完成させた後がいいでしょう。
パウダーでさっと払うようにいれると自然に、もっとうるつや感を出したい人は、クリームタイプのハイライトもおすすめです。

メイクのポイント

光をコントロールする下地を

width='399'

下地選びはツヤ肌作りに重要なポイント。
細かいパールの入った下地を使うと、まるで水に濡れたような、つやつや感を演出してくれます。
美容オイル入りなら保湿も兼ねてくれ一石二鳥。

ハイライトを入れる部分

width='399'

ハイライトは、一般的にTゾーンと、目の下に三角形に入れると良いと言われます。
しかし、これでは物足りないと言う人は、目尻の下と、目と目の間、鼻の付け根部分にも入れてみましょう。
一気に旬顔になれますよ。

ベースメイクを見直そう!

ツヤ肌作りはベースメイクにあり!ということがわかりましたね。
今やドラッグストアでも様々な下地やコンシーラーなどが出ていますが、いくら人気があるものを選んでも、自分に合っていなければ意味がありません。
自分のトラブルや、肌色にぴったりと合った下地やコンシーラーを探してみてくださいね。

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

メイクテクに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

メイクテクに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧