HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアスタイル

【ベース型必見】輪郭をカバーして理想のバランスを手に入れるおすすめの髪型

ベース型の顔とは、顔の縦横の比率が1対2になっている顔のことを言います。つまり顔の横の長さが縦の長さの倍近くある顔なんですね。今回は、ベース型をよりスタイリッシュに見せるヘアアレンジを紹介していきます♡

1055

ベース型の特徴とは?

ベース型のポイント

【ベース型必見】輪郭をカバーして理想のバランスを手に入れるおすすめの髪型

【ベース型必見】輪郭をカバーして理想のバランスを手に入れるおすすめの髪型

あごのラインがシュッとしたベース型さんは、スタイリッシュな印象に。凛とした大人の雰囲気が似合う女性が多いですね♡

 

ベース型のデメリット

【ベース型必見】輪郭をカバーして理想のバランスを手に入れるおすすめの髪型

ベース型のデメリットはやはりエラの存在と、そのために男性っぽく見られてしまうことでしょうか。逆に言うとヘアアレンジでそれらを克服できれば、ベース型は怖いものなしということになりますね。

 

トップの髪に高さをプラス

ショートヘアの人はこちら

トップの髪をよりふんわりとさせて高さを出すことで、髪を含めた顔の視覚的バランスが上方向に集中します。そうすると顔のエラも目立たなくなります。

 

サイドも生かしてエラ隠し

こちらはトップに十分な高さを出すだけではなく、サイドの髪をエラ隠しに利用したベース型のデメリットを克服する完璧なヘアスタイルです。

 

大きめパーマで大胆に

トップを中心に大きめパーマをかけることで、トップにボリューム感を出しましょう。耳から下のサイドの髪はあえて無くすスタイルにすると顔全体がすっきり見えます。

 

エラより上をボリューミーに

縦長効果を狙って

顔の縦の比率が横の比率の約半分しかないベース顔さんは、スタイリングやアレンジの時に縦長にすることを意識しましょう。エラより上の髪にボリュームを出すことで解決します。

 

毛先をあえてエラまでカット

エラがちょうど隠れるか隠れないかくらいまでサイドの髪をカットするとよりエラより上部分にボリューム感が出てきます。ふんわりパーマをかけるなら長めにカットしましょう。

 

斜め前髪でお顔のシルエットを調整

斜め前髪で縦ラインに存在感を

斜め前髪にすると、おでこの部分が見える上に、斜め前髪とサイドの髪がつながって見えることによって縦長効果が出て、ベース顔のデメリットをカバーしてくれます。

 

斜め前髪のバランスを大胆に分ける

斜め前髪をつくるときにバランスを大胆に分けると、縦ラインがより強調されます。前髪にカールをかけるならゆるめの外ハネにするとフェミニンな雰囲気になりますよ。

 

ロングヘアに前髪の長さも合わせて

ベース顔のデメリットをフォローするには、とにかく縦ラインを出すことです。ロングの場合、髪の存在感で縦ラインが出ますが、長めの前髪を斜め前髪にすることでさらに縦のラインを強調できます。

 

デメリットもメリットに変えられるのがベース型の無敵なところ

ベース型のデメリットと言われている縦横の比率は、実はヘアアレンジやスタイリングで割と簡単にカバーできるものなんですね。エラにしても髪の長さに関係なく隠すことは十分に可能です。目線を髪のどこに集中させるかが、ベース型のスタイリングを成功させる鍵になりますよ。

 

1055

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアスタイルに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアスタイルに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧