HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアケア

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

あなたは、自分の髪質に合ったお手入れをしていますか? 髪が傷んだり、思い通りにまとまらず、朝から憂鬱になることってありますよね。 自分の髪質に合ったお手入れをしていないことが原因の可能性も! 遺伝や後天的な要素などで、人によって髪質は千差万別。 それぞれにあったケアをすることが大事なんですよ。 今回は、髪質別の正しいケア方法をご紹介します♪

1062

柔らかい髪

柔らかい髪のお悩みは?

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

柔らかいとボリュームが出にくく、どうしてもペタンコになってしまいますね。せっかくセットしても、髪自体の重さや雨や湿度によって、すぐにまたペタンコに。髪が絡まりやすく、ブラッシングも一苦労ですよね。

 

ミルクタイプを

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

ドライヤー前につける洗い流さないトリートメントは、ミルクタイプがおすすめ。トリートメント効果を感じやすくなります。うるおいが補修されて、ペタンコ髪にハリとコシを与えてくれる役割を果たしますよ。。

 

乾かすときのポイント

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

ドライヤーで乾かすときは、根元をかき上げるようにしましょう。いつも決まった方向ではなく、髪の分け目に逆らうような方向でかけてみましょう。髪が立ち上がりやすく、ふんわりした仕上がりになります。

 

硬い髪

硬い髪のお悩みは?

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

ゴワゴワした手ざわりで、髪がなかなか言うことを聞いてくれません。流行りの束感も出にくく、カールなどのくせ付けも思うように行かないですよね。理想のヘアスタイルが叶わず、がっかりしてしまうことも。

 

オイルタイプを

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

ドライヤー前にオイルタイプの洗い流さないトリートメントを。乾燥が進むとゴワゴワ感が増してしまうので、サラサラの仕上がりが期待できるオイルタイプがおすすめですよ。ツヤ感も出て、憧れの柔らかい雰囲気に。

 

ドライヤーの使い方に注意

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

高温のドライヤーをあてすぎると、熱によるタンパク質変性を起こして、さらに髪が硬くなる原因に。1カ所にあてすぎないようにしたり、冷風設定に切り替えてみたり、ドライヤーで乾かすときは注意が必要です。

 

細い髪

細い髪のお悩みは?

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

髪が細いと、普通の人と同じ本数でも、ボリューム感が出ませんよね。髪が細い分、他の髪に触れる面積が多く、摩擦による傷みを受けやすいことも困りもの。将来もっと薄毛になるのではと心配してしまいますよね。

 

低刺激のものを

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

細い髪は刺激に敏感なので、シャンプーは低刺激のものを選ぶようにしてください。よく耳にする「アミノ酸配合」の商品は、低刺激で髪の生成に役立ち、ハリとコシも与えてくれるのでおすすめですよ。

 

食生活も気をつけて

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

髪が細いのは遺伝だけではなく、老化やストレスが原因のことも。バランスよい食生活が薄毛や抜け毛予防につながりますよ。良質なタンパク質をはじめ、各種ビタミン類、ミネラル成分を取り入れるようにしてください。

 

太い髪

太い髪のお悩みは?

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

髪が太いと、ボリュームが出すぎてしまい、なかなかまとまりません。美容室で髪をすいて軽くしてもらっても、すぐに髪の量が増えて元通りに。髪が太くて量も多いと、重たい印象に見られることもありますね。

 

カラーリング後は注意

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

太い髪は、なかなか染まりにくいですよね。美容室では太い髪をしっかり染めるために、薬剤の量を多くしたり、染める時間を長くしたりします。カラーリング後は、普段より丁寧にヘアケアを行ってくださいね。

 

タオルドライをしっかり

髪質によって正しいお手入れ方法は違うの?髪質別、正しいケア方法

髪が太いと、ドライヤーで乾かすのも時間がかかって大変ですね。その分、熱によるダメージも受けやすいんです。シャンプー後は、ドライヤーの時間短縮のために、しっかりタオルドライをしておきましょう。

 

まずは自分の髪質を知って!

髪質は、もともとの遺伝の場合が多いですが、老化や生活習慣、日々のストレスなどの後天的要素で変わることもあります。自分の髪質がよくわからないという人は、美容室に行ったときにでも、美容師さんに尋ねてみるといいですよ。そのときの自分の状態にあったヘアケアを実践して、思い通りにまとまるツヤツヤの髪を手に入れてくださいね!

 

1062

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアケアに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアケアに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧