HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

コーディネート

意外とやってしまいがち!結婚式の服装で気をつけるべきこととは?

そんなのいつの話?なんて思うマナーもありますが、世代が違えば認識も違うこともしばしば。一番の基本は新郎新婦をお祝いするための一日です。花嫁よりも目立たないけど、花を添えられるような服装がベスト。結婚式のお呼ばれで気を付けるべきことをご紹介しちゃいます。

何があってもNG!!

言うまでもなく、白色は花嫁のための色。

この日の主人公の花嫁が着る色なので、白い洋服は絶対にNGです!

靴やバッグ、ボレロなども純白は避けるのが無難です。

光の加減まで気を付けて!

意外と盲点なのが、明るい色。

オフホワイト、グレー、ベージュ、水色、ピンク、イエローなどは写真では白く見えたりします。

アクセサリーも光りすぎるものは避けた方が◎

肩を隠すストールやジャケットも、披露宴中は上半身だけ見られるということを考えて選びましょう。

基本は単色無地

単色無地がフォーマルの原則です。

レースや刺繡はOKですが、上品なデザインでもプリント柄はカジュアルな印象を与えてしまうため避けるのが無難です。

バイカラーは要注意?

トレンドのバイカラーも実は注意が必要なアイテム。

大胆な2色使いは「色が分かれている=別れ」を連想させるのだとか…。

新郎新婦のお家柄、ゲスト層、会場を見極めて。

あくまでも上品に

露出が多いもの、太ももまで見えてしまうミニ丈は避けましょう。

もともとは出席する時間帯に関係なく膝下丈がマナーとされていました。

今は膝上5㎝までが許容範囲というマナーが一般的です。

露出は時間帯で調整

他にも注意するポイントは、肩が出ているドレスは何か羽織る、ボディラインを強調したものは避ける、などいろいろ。

背中が開いた丈の長いイブニングドレスは夜のみOKですが、挙式では一枚羽織るのがマナーです。

素材

動物素材はNG

ファーなど動物の素材を使ったものは殺生を連想させるのでNG。

リアルファーでなければ大丈夫、と考える場合もありますが、避ける方が無難です。

アニマル柄も気を付けて

素材だけでなく、アニマル柄も結婚式ではやめておいた方が正解かも。

ヒョウ柄やレオパード柄といった柄物は小物で使いがちなので気を付けましょう◎

【番外編】ドレス別の格式

100点満点スタイル

肩が隠れている・無地・光りすぎない・華やか♡

神社や教会といった厳かな式でもばっちり。

フォーマル=黒というイメージがありますが、全身黒だとお葬式を連想させてしまうので小物使いで華やかさもプラスしましょう。

ややカジュアルめ

パンツスタイルはラグジュアリー感のあるものを。

今はとってもトレンドですが、昔はあまり見かけなかったスタイルですよね。

ゲストハウスやレストランなどのカジュアルウエディング向き◎

TPOをわきまえた服装を♡

いかがでしたか?
結婚式の服装で気を付けるべきことをご紹介しました。

大切な人の特別な一日。ついうっかり…では済まされませんよね。
TPOをわきまえた服装をさらりと着こなすのができる大人女子!

しっかり準備して最高の一日を一緒に作りましょう♡

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

コーディネートに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

コーディネートに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧