HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

thumbnail

2017.12.10

770

ノンシリコンシャンプーの今更聞けないあれこれお教えします!

よく耳にするようになったノンシリコンシャンプー。髪に良いって聞くけれどどれを選べばいいか分からないって人も多いはず!そもそもノンシリコンとは何か、シリコンシャンプーとの違いやメリットについてなど、今回はノンシリコンシャンプーのあれこれをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ノンシリコンシャンプーとは何か

頭皮にも優しく軽やかな仕上がりが特徴

width='399'

髪をコーティングし、なめらかにする役割を持ったシリコンは、頭皮の毛穴を防いでしまう可能性があります。そんなシリコンを含まず、頭皮にも優しく軽やかな仕上がりになるのがノンシリコンシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーのメリット

カラーリングやパーマがかかりやすい

width='399'

シリコンが髪をコーティングして薬剤の浸透を防ぐこともないので、カラーリングやパーマがしっかりかかるのがメリットです。その結果、持ちもよくなります。

ふんわり軽やかな仕上がりをゲット

width='399'

シリコンのコーティングで髪に重さが加わることもないので、軽やかな仕上がりになるのがポイント。細い髪の人でもふんわりとしたスタイルを手に入れることができます。

頭皮をきれいに保ってトラブル回避!

width='399'

残りやすいシリコン成分がないので、毛穴を塞いでしまう可能性も少なく、汚れもしっかり落とせます。ノンシリコンでフケや痒みなどの頭皮トラブルを防ぎましょう。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

髪の毛がきしんだり、手触りが悪い

width='399'

シリコンシャンプーを使っていた人がノンシリコンシャンプーに変えると、コーティングがかかっていない髪にきしみや、手触りの悪さを感じることもあります。ですが、それが自分の髪の本当の手触りということです。

摩擦でダメージが進行してしまう

width='399'

シリコン成分によるコーティングがないので、髪の摩擦でキューティクルが剥がれてしまい、ダメージが進行してしまうこともあります。自分の髪の状態に合ったシャンプーの選び方、使い方が大切です。

ドライヤーやアイロンなどの熱に弱くなる

width='399'

ノンシリコンは、コーティングする作用がないので、ドライヤーやアイロンの熱でダメージを受けやすくなります。トリートメントでしっかりと補修してあげるようにしましょう。

おすすめのノンシリコンシャンプー

敏感肌にもおすすめのアミノ酸系

width='399'

保湿効果の弱いと言われるノンシリコンシャンプーは、アミノ酸系を選んで、うるおいを保つのがおすすめ。必要な皮脂を落としすぎず、優しい洗浄力なので、肌が弱い人も安心です。

しっかり頭皮を洗浄し、清潔に保つオイル系

width='399'

うるおいを保つなら、ホホバオイルやアルガンオイルなどのオイル系のノンシリコンシャンプーもおすすめの1つ。優しくしっかりと頭皮も洗浄してくれます。

優しさにこだわったオーガニック系

width='399'

髪に優しい天然由来成分を使ったオーガニック系のノンシリコンシャンプーもおすすめ。パサつきもおさえてくれると好評です。ノンシリコンすべてがオーガニック商品ではないので注意しましょう。

ノンシリコンで髪や頭皮に優しい習慣を始めませんか?

ノンシリコンシャンプーは、頭皮を清潔に保ち、髪を素の状態にしてくれるので軽やかな仕上がりになるのが特徴。髪質や悩み、好みの香りなど自分に合ったシャンプーを選び、髪や頭皮に優しい習慣で美髪をゲットしましょう☆

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧