HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

コラム・レポート

年末年始のごちそうに♡食べながらデトックスできる、フォトジェニックな活性炭レシピ

近年話題の食べられる活性炭!「チャコールダイエット」「食べるデトックス」と呼ばれ、人気を集めています。今回は、年末年始のパーティーにも使える、活性炭を使ったレシピをご紹介します。

293

年末年始は食べ過ぎちゃうから…「活性炭」で食べながらデトックス

毎日ごちそうが並び、何かと食べ過ぎてしまう年末年始。冬太りを気にしている人もいるのでは?

そこでおすすめなのが「活性炭」を使った料理。活性炭は、体内に溜まったムダなものを吸着するため、デトックス効果が期待できるのです!また、無味無臭なので、料理に入れても味の邪魔はしません。活性炭を使った、美味しくて見た目も豪華な料理で、たくさん食べながら楽しくキレイを目指しましょう♪

 

かわいすぎて食べられないかも!?大根おろしアートで作るパンダ

冬のごちそうといえば、鍋!年末年始は、ちょっとした遊び心を加えてみては?

最近話題の上野動物園のパンダ「シャンシャン」にちなんで、 大根おろしと活性炭で作ったパンダをワンポイントに。ついつい食べ過ぎても、活性炭がしっかりデトックスしてくれるから大丈夫です♡年末年始のホームパーティーで出せば、子どもも大人もテンションが上がっちゃいますね。

■材料(2~3人分)

・鶏手羽元 6本
・白菜 1/4個
・豆腐 1/2丁
・あご出汁の素 大さじ5
・水 1.5リットル
・白ポン酢
└白醤油
└柑橘汁(ゆず果汁、レモン果汁など) 50cc
└合わせ出汁 25cc
・大根おろし 1本分
・食用活性炭 少々

■手順

①鶏手羽元は洗って水気を切っておく。白菜、豆腐は、食べやすい大きさにカットする。
②土鍋に水をはって火にかけ、沸騰したらあご出汁の素を入れる。
③鶏手羽元を入れて蓋をし、数回に分けて灰汁(あく)を取りながら煮込み、鶏肉に十分に火を通す。
④豆腐、白菜を入れ、白菜に火が通るまで煮込む。
⑤白ポン酢の材料をすべて合わせる。
⑥大根は皮をむいておろし、よく水分を切る。少量を取り分け、活性炭を混ぜて黒く着色する。
⑦2色の大根おろしを使ってパンダを作り、器に飾れば出来上がり。

 

パーティー料理にぴったり!活性炭ドリンク&揚げ物で、ビックリ美味しい宅飲み

見た目のインパクト大なブラックハイボールと、サクサクッと食べられる美味しい揚げ物3種の作り方をご紹介。揚げ物はカロリーが気になるものですが、デトックス効果が期待できる活性炭が入ったハイボールをお供にすれば、余分な油をカットオフ!冬の夜のごちそうを、心から楽しめちゃうんです♪

■材料(2人分)

<鶏のから揚げ>
・鶏もも肉 2枚
・おろししょうが 大さじ2
・おろしにんにく 大さじ2
・醤油 大さじ3
・みりん 大さじ1
・料理酒 大さじ1
・片栗粉 適宜

 <フライドポテト>
・メークイン 小3個
・塩・こしょう 適宜

 <チーズフライ>
・カマンベールチーズ 1個を8等分したうちの4つ
・全卵 1個
・小麦粉、パン粉 適宜
・ブルーベリージャム

<ブラックハイボール>
・ハイボール 1缶
・氷 グラス2/3杯分
・食用活性炭 少々(小さじ1/2程度)

■手順

<鶏のから揚げ>
①しょうが、にんにく、醤油、みりん、酒をすべて混ぜ合わせ、漬けダレを作る。
②鶏肉を一口大にカットし、漬けダレに30分漬け込んでおく。
③②に片栗粉をまぶし、160度の油で鶏肉に火が入るまでじっくりと揚げる。

<フライドポテト>
①メークインは洗ってラップをかけ、中に火が通るまで電子レンジにかける。竹串がスッと刺さるようであればOK。
②メークインの粗熱をとり、1/8程度のくし形に切る。
③170度の油できつね色になるまで揚げ、塩こしょうを振る。

<チーズフライ>
①カマンベールチーズは1/8にカットする。あらかじめ切れているタイプのものでもOK。
②卵をよく溶きほぐす。
③カマンベールチーズを、小麦粉、卵、パン粉の順で付ける。
④185度の油で揚げ、お皿に盛り、ブルーベリージャムを添える。

<ブラックハイボール>
①大きめのグラスを用意し、氷を7分目くらいまで入れる。
②ハイボールを注ぎ、活性炭を入れて溶かす。

 

インスタ映えするヘルシーなおつまみ♡活性炭ピンチョス

クリスマスや年末年始のパーティーにぴったりなピンチョス。今回はチーズ入りライスコロッケの「アランチーニ」に活性炭を混ぜ、モノトーンに。活性炭のデトックス効果があるから、ちょこちょこつまんでも罪悪感なし!カプレーゼの可愛らしいピンチョスも添えれば、さらにおしゃれになりますよ♪

■材料(2人分)

<ブラックアンチーニ>
・白飯 200g
・プロセスチーズ(切れてるチーズ) 1枚
・ケチャップ 大さじ2
・食用活性炭 小さじ1
・全卵 1個
・小麦粉、パン粉 適宜
・市販のサルサソース 適宜

<カプレーゼ>
・モッツァレラチーズ(ひと口タイプ) 4個
・ミニトマト 2個
・ジェノベーゼソース 適宜
・バジルの葉 少々

■手順

<ブラックアランチーニ>
① 白飯に、ケチャップ、炭パウダーを混ぜる。
② プロセスチーズは、5㎜のダイスにカットする。
③ ①で混ぜたご飯50gで、チーズを包む。
④ 小麦粉、全卵、パン粉で、衣をつける。175℃で揚げる。
⑤ サルサソースを下にひき、アランチーニを乗せ、串を刺す。

<カプレーゼ>
①モッツァレラチーズの水気を切っておく。
②ミニトマトは、転がらないようにサイドをスライスしてから、1/2にカットする。
③串、またはつまようじにモッツアレラチーズ、ミニトマトの順番に刺す。
④皿に盛ってからジェネベーゼソースをかけ、ちぎったバジルを飾る。

 

2色スイートポテト♡活性炭&食物繊維で美味しくデトックス

さつまいもと活性炭を使って2色に仕上げた、まるでタルトのようなスイートポテト♡活性炭はもちろん、食物繊維が豊富に含まれるさつまいもを使っているから、身体にやさしいスイーツです。ごちそうの後のおやつにいかが?

■材料(2人分)

・サツマイモ 500g
・A バター 50g
・A 卵黄 2個分
・A グラニュー糖 80g
・生クリーム 大さじ2(2回に分ける)
・ラム酒 大さじ1 B
・黒ごま 少量 仕上げ
・食用活性炭 小さじ2

■手順

① サツマイモは、皮を剥き5回ほど流水洗いをし竹串がすっと入るまで茹でる。
② フードプロセッサーに1とバターを入れ回し、Aを入れ更に回す。
③ 鍋に移し、焦げないように弱火で水分を飛ばす。
④ 2つのボウルに均等に分けて移し、それぞれに生クリームを入れ仕上げにラム酒で香り付ける。片方に活性炭パウダーを入れる。
⑤ 型に、黒い生地を流し入れ、軽くならしたら、上から黄色の生地を流し入れさらにならしてから型を抜く。
⑥ 卵黄を塗って、黒ゴマをふる。 200度のオーブンで15分焼き、軽く焼き色が付いたら完成。

 

食用活性炭があれば、パーティー料理が豪華&ヘルシーに変身!

ごちそうを食べ過ぎてしまう年末年始も、活性炭を味方につければ怖くないですね!ただ、BBQ用などに使われる炭を食べると健康に悪影響が出てしまう可能性があるので、必ず食用の活性炭を使いましょう。食用活性炭は、大手スーパーやネットで手に入ります。成分や製造過程などをよく読み、納得のいくものを選んでみてくださいね♪

293

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧