HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

恋愛

恋の駆け引きしてる?駆け引きテクニックを成功させる秘訣とは?

気になる人がいる。もっと彼に好きになってもらいたい。恋愛に駆け引きはつきものですが、駆け引きを成功させるためには、いくつか気をつけなくてはならないことがあります。恋愛を成功に導く駆け引きテクニックをご紹介します。

5552

恋愛の駆け引きってどういうの?

駆け引きの定番「押して引く」

まめに連絡してたのに急に連絡しなくなったり、すごく仲良くしていたはずなのに急に素っ気なくなったり、恋愛にはつきものの駆け引きを上手に利用することで相手の恋心をさらに燃え上がらせることができます。

 

「押して引く」を成功させるには?

「押して引く」を成功させるには、「押す」タイミングと「引く」タイミングが重要です。そのタイミングは、ふたりの関係の深さや相手の性格などによってそれぞれなので、まずは、相手をよく観察することが大切です。

 

焦ると失敗する「押して引く」

大好きオーラ全開だったのに、急に素っ気なくなられたら不安になって焦りますよね?でも、まだ相手があなたのことをあまり意識していない段階で、引いてしまうと、相手の気持ちを揺さぶることはできないので要注意。

 

意識させるための駆け引きとは?

友達以上の距離は駆け引きでつくる!

友達以上に仲良くなりたい相手には、押して引くなどの駆け引きを上手に利用しましょう。相手に自分のことを異性として意識してもらうためには、友達以上の至近距離と友達としての距離感を交互に保ってみましょう。

 

パッと近づいてパッと離れる

糸くずを取ってあげるフリをして、体温が感じられるぐらい急に近づいて、さっと離れる。などを、たまにしてみると、相手は徐々にあなたのことを異性として意識するようになっていきます。

 

耳元で何気ないお喋りを

内緒話じゃないけど、わざと耳元で小さな声で話してみましょう。あなたの息がかすかに相手の耳にかかり、相手を簡単にドキドキさせることができます。

 

LINEやメールでの駆け引きはどうするの?

時間差返信はホントに効果あり?

常に時間差返信をしていると相手も慣れてくるのであまり効果がありません。数時間後に返事がきたかと思えば、すぐに返信が来たり、半日ぐらい未読のままだったり、予測がつかない返信の仕方がおすすめです。

 

絵文字やスタンプは絶対活用!

普段、絵文字やスタンプをあまり使わない男性は、ハートマークやキスマークがひとつついているだけで、その意味を深読みしてしまうもの。気になる相手には、絵文字やスタンプを活用しましょう。

 

丁寧な言葉遣いは好感度アップ

テキストでのやり取りは後で読み返しができてしまいます。そのため、普段より丁寧な言葉遣いがおすすめです。普段は砕けた喋り方だけど、きちんとした文章が書ける女性として、あなたの好感度が上がります

 

恋愛の駆け引きに焦りは禁物

駆け引きテクニックは距離感が重要

駆け引きは心理戦です。相手の気持ちが充分こちらに傾いているのが分かってから引かないと、せっかくのテクニックも失敗です。焦らず、じっくり時間をかけてふたりの距離を縮めていきましょう。

 

駆け引きのしすぎは失敗のもと

駆け引きばかりしていてはいずれ相手もうんざりしてきます。ある程度恋愛経験がある相手なら、駆け引きもすでに経験済みのはず。テクニックに頼るのは、ほどほどにしておきましょう。

 

ほどよく駆け引きほどよく自然体がおすすめ

恋愛にルールも正解もありません。それに、駆け引きばかりの恋愛は自分も肩が凝ってしまいますよね。駆け引きしつつ、自然体で接することで、お互いに楽しめる関係をつくることができます。

 

おすすめの駆け引きテクニックはコレ!

じっくり狙って「押して引く」

急いてはことを為損じる。相手を好きすぎるばかりに、ふたりの距離を急いで縮めようとするのは、絶対にやめましょう。一度、相手に嫌がられたら、そこから挽回するのは至難の業です。

 

さりげなく他の異性の影をちらつかせる

いつまでも曖昧な態度を取る意中の相手には、さりげなく他の異性の影をちらつかせてみるのもおすすめです。しかし、この方法はその意中の相手がさっさと消えてしまう可能性もあるので、気をつけて行ないましょう。

 

さりげないボディタッチとウィスパーボイス

肩などにさりげなく触れて、耳元で何気ないお喋り。この組み合わせは、相手にあなたを思い切り意識させることができます。とはいえ、膝に手を置くなどは、性的なイメージが強いので、止めておきましょう。

 

上手に駆け引きして恋を手に入れよう

恋愛の醍醐味でもある駆け引きですが、一度失敗すると敗者復活がなかなかか難しいテクニックです。駆け引きしたい相手のことをまずはじっくり観察し、駆け引きできそうな相手か直球で行った方がいい相手なのか、よく見極めることが大切です。

 

5552

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧