HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

メイクテク

30代すぎたらその化粧は危険かも…NGメイクをしないためのオキテ

20代のときのメイクテク、30代になってもそのまま使っていませんか?年齢問わず使えるテクもありますが、30代がやると若作りに見えたり、厚化粧に見えてしまうものもあるんです。今回は30代の大人がやりがちなNGテクと一緒に、オススメのメイクテクをご紹介!

トラブル隠しに必死になってない?厚塗りメイクはNG

肌トラブル隠ししすぎて厚塗りファンデに

年齢を重ねるにつれていつの間にか肌トラブルが増えている!なんてこと、ありませんか?そして肌トラブル隠しに必死になって、気がついたら厚塗りファンデが基本になっていませんか?厚塗りファンデは老け見えの原因になります。

 

下地もファンデーションも薄塗りに

肌トラブルはコンシーラーで隠せるので、下地とファンデはそのぶん薄めに。目の下の頬の部分を中心に塗れば、それだけで不思議と肌がきれいに見えます。

 

カバー力が高くて薄づきのファンデーションを見つける

30代を超えたらぜひ使って欲しいのが、ハイカバーなのに薄づきのファンデーション。重ね塗りしなくてもいいくらいカバー力があるのに、厚塗りに見えないものが理想です。

 

目の下の美肌ゾーン中心にファンデを塗る

目の下、小鼻脇からこめかみ部分にリキッドファンデやBBクリームをたっぷりとのせます。スポンジで優しく叩き込み、ファンデがついていない方のスポンジ面で全体に広げましょう。美肌ゾーンをカバーするだけでツヤのある美肌に!

 

ハネ上げラインは若作り?30代のアイラインの引き方

ハネ上げラインが似合うのは20代まで?

くっきりとしたハネ上げラインは小悪魔的で可愛いですが、30代女子にはちょっと幼いかも?年齢を重ねたら、大人の落ち着いた余裕漂う目元を作るアイラインテクを使ってみてください。

 

アイラインは眉尻に合わせて引くのが正解

違和感のないアイラインは、眉尻の長さに合わせた長さのライン。アイメイクの前にアイブロウメイクを済ませておき、アイラインを眉尻の長さに合わせましょう。

 

アイラインペンシルで柔らかいニュアンスのラインに

リキッドでももちろんOKですが、柔らかいニュアンスの目元に仕上がるペンシルがおすすめです。きつすぎず、ナチュラルなパッチリ目に仕上がります。

 

ぷっくり涙袋はティーン限定?30代の下まぶたメイク

濃い涙袋メイクは30代には痛いかも?

ティーンに人気の涙袋メイク。可愛いですが、30代になったら大人仕様にチェンジ。がっつり涙袋にアイシャドウは卒業して、うっすらさりげない涙袋メイクをしましょう。

 

黒目の下部分にラメシャドウをちょこんとのせて

黒目の下にホワイトパールのジェルシャドウをちょこんとのせるだけで、うるっとした瞳が印象的な目元に仕上がります。パウダーシャドウでもOK。

 

ツヤのあるブラウンアイシャドウでスモーキーに

大人は可愛らしい涙袋メイクより、スモーキーでかっこいい目元が似合う!ツヤのあるアイシャドウを使えば、クールすぎず色っぽいスモーキーアイに仕上がります。

 

30代は派手色アイシャドウを卒業して大人カラーを

派手色アイシャドウは30代には似合いにくい

鮮やかな派手色アイシャドウは、せめてイベント時に限定して、大人にぴったりなくすみカラーにトライ。例えば赤のアイシャドウでもビビッドなものより、くすみがかったボルドー系を選ぶなど、色選びの意識を変えましょう。

 

ゴールドブラウンでエレガントな彫り深アイ

大人だからこそ似合うのがゴールドアイシャドウ。ゴールドを主役にしたアイメイクで、上品な輝きを放つ目元に仕上げてみてください。

 

オレンジアイシャドウで目元のくすみをカバー

まぶたのくすみが目立ち始める30代。くすみをカバーするオレンジは、大人でも使いやすい鮮やかカラー。定番のブラウンとも相性が良いので、ふんわりとまぶたにアクセントカラーとして使ってみましょう。

 

20代のメイクテクは卒業!30代の似合わせメイク

20代には20代の、30代には30代のそれぞれ似合うメイクがあります。今まで慣れ親しんだメイクテクを一旦手放し、一度自分の今の顔立ちに合うメイクテクを見直してみましょう。大人にぴったりのメイクテクで、余裕漂う大人の色気をアピール♡

 

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

メイクテクに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

メイクテクに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧