HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

インタビュー

あの“maxell(マクセル)”から美容家電が誕生!?美容のプロも注目する新発想の技術とは?

1960年の創立以来、乾電池やカセットテープ、フロッピーディスクにビデオテープなど、生活する上で欠かせない製品をつくり続けてきたマクセル。そのマクセルから2018年、新しい美容機器家電ブランド「llexam(レクサム)」が誕生しました。新発想の“光ドライヤー”など、魅力的な製品を展開するレクサム。その誕生秘話と、開発にかける想いをお尋ねしました!

なぜマクセルが美容家電?素直な疑問をぶつけてみました!

(左から)広報 片峯美由紀さん、商品企画 宮崎淳一郎さん・沢辺祐二さん

―さっそくですが…マクセルというと、いわゆる記憶媒体や乾電池のメーカーといったイメージがあるのですが、なぜ美容家電を手掛けることになったのですか?

沢辺さん:あまり知られていないことなのですが、実はOEM(他社ブランドの製品を製造することの意)として、1970年から美容家電を作ってきた長い歴史があります。

当初はシェーバーからスタートし、ドライヤーや美顔器なども製造してきました。約50年に渡って美容家電を作り続けているので、他のメーカーに負けないだけのノウハウを持っているのです。

―満を持しての発売だったということでしょうか?

沢辺さん:マクセルは2017年10月に日立マクセルから社名を変え、日立グループから独立しました。これを「第二の創造」と位置付けています。

あくまでもマクセルらしく、これまで培った確かな技術をベースに「美容家電の常識を覆したい」新ブランド名にはそんな想いが込められています。

―ブランド名は「レクサム」ですよね…?あれ?

宮崎さん:実は「maxell」のスペルをひっくり返して「llexam」になっています。

―あ!本当だ!!気が付かなかったです!

宮崎さん:ちょっと固いブランド名かな、とも思ったのですが、「美容製品の常識をひっくりかえす」という意志をこのブランドに込めました。
これから、さまざまな美容機器を開発していく予定です。一般家庭の中に、ひとつは「「llexam」の製品がある」といわれるくらい、みなさんの期待を越えるような商品の開発を進めていきたいですね。

沢辺さん:マクセルという歴史ある会社のプライドにかけて、期待を裏切らない製品づくりを行っていきたいと思っています。「マクセルが作っている」という安心を感じてもらいたいですね。

“光”で乾かす!?新発想のドライヤーにプロも注目!

―2018年末までに発表されている「レクサム」の製品の中でも、「光ドライヤー」というのがすごく気になったのですが…光で乾かすとは、どういうことでしょうか。

宮崎さん:新しいブランドを立ち上げるにあたり、これまでとは違う、世の中にない技術を取り入れた製品を打ち出したいと思っていました。

マクセルは、光触媒や光ディスク、プロジェクターといった“光”に関連するノウハウを持っています。そこで“光”をテーマにしたドライヤーが作れないかと2年前から開発を行い、ようやく発売することできました。

―理論的にはどのように髪が乾くのでしょうか。

沢辺さん:通常のドライヤーは、温めた風を髪に当てて髪を乾かしていきますが、光ドライヤーは光と風で乾かします。光そのものは熱を持っていませんが、物体に当たったときに発熱する特性があるので、それを利用しています。

また、乾燥速度を上げるため、風も同時に出しています。この風は通常の温風とは違い熱くないので、オーバードライを防ぎキューティクルを引き締めながら乾かすことができます。簡単にいえば、こうした理論になります。

宮崎さん:光により熱を与えるので、600Wほどの低い電力で使えるのも魅力ですよ。通常の業務用ドライヤーだと1200W1500Wほどなので、約半分の電力しかかかりません。

―なるほど。電気代を安くできるのはうれしいですね。他にメリットはありますか?

宮崎さん:何よりのメリットは“ほどよい水分量を保った状態で乾かせる”ことです。展示会などで沢山の方に試していただいたのですが、「オイルを使わなくてもパサつかない」「カラーを施した髪でもしっとり仕上げられる」という声をいただいています。

実際、通常のドライヤーにくらべて、水分量をより多く保ったまま乾かすことができることが分かっています(第三者機関で調査済み)。

こうして毛髪内に潤いを残して乾かすことで、手触りの良い艶やかな髪を実現できるのです。おかげ様で、美容のプロの方々にもとても注目していただいています。

気になる使い勝手は…?

―いわゆる使い勝手についてですが、これまでのドライヤーと違うのでしょうか?

片峯さん:使い方は基本的には通常のドライヤーと一緒ですが、温風が熱すぎないので通常ドライヤーより髪に近づけて乾かせます。まぶしいのでは?と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ランプからの光はフィルターで一部カットしているので、使用中のまぶしさはほとんど気になりません。

気になる仕上がりですが、私も使ってみて、潤いのあるなめらかな手ざわりに感動しました。ぜひ新しい技術による、未来感のあるヘアケアを導入サロンで体験してください!!

沢辺さん:現在、美容サロン専売品として販売していますが、今後は一般の方向けの製品も展開していきたいですね。

レクサムシリーズには、光ドライヤーだけでなく、ナノイオンドライヤーや美顔器など、マクセルの技術の粋を集めた製品が揃っていますので、興味を持っていただけると嬉しいですね。

―ありがとうございました!

llexam特集サイト

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

インタビューに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

インタビューに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧