HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

インタビュー

化粧のノリが変わる!!コスメメーカーが作る美顔器の秘められたポテンシャル

「化粧水の入り方が変わった!」「化粧ノリが良くなった!」「顔色がワントーン明るくなった!」と、ユーザーから高評価を集めているナリス化粧品の「MEGA BEAUTY(メガビューティ)」。開発の経緯や裏話など、化粧品メーカーが美顔器を発売するに至った“なぜ”をお聞きしました!!

創業87年、長い歴史を持つナリス化粧品

株式会社ナリス化粧品 広報部 横谷泰美さん

―今日はお時間をいただきありがとうございます。さっそくですが、ナリス化粧品という会社はどのような会社なのかお聞かせください。

まず、ナリス化粧品は創業が昭和7年。今年で創業87年目を迎えるメーカーになります。さまざまなスキンケア製品、ベースメーク用品、メーキャップ用品などを製造販売させていただいていますが、中でも“ふきとり化粧水”というカテゴリでは国内シェアNO.1を記録させていただいています。

―そうなんですね!“ふきとり化粧水”といえば「ネイチャーコンク」はとても人気ですよね。

ありがとうございます。ふきとり化粧水は、82年前から作っているロングセラー商品なんですよ。創業当時、まだまだ化粧水は今ほど一般的ではなく、ヘチマを絞って顔に塗ったり、肌が荒れてきたら米ぬかで洗ったり。化粧水というのは買って使うものではなく、民間療法的な存在だったんですよね。

弊社の創業者は当時にしては珍しく5か国語を操り、西洋の最新医学書を理解できる人だったんです。そうした書物の中から角質の状態を健康に保つことが、より良い肌に導くということを知り、化粧水を作ることを思いついたんです。

―先見の明があったんですね。

広い視野を持っていたんでしょうね。今でこそ、肌質を良くするためには不要なものを取り除くことが大切であり、洗顔や保湿が重要であることが分かっていますが、当時はただひたすら塗り重ねていくことが主流の時代でしたから。

化粧水の浸透をより良くしたい。それがメガビューティ開発のきっかけ

―スキンケア用品やコスメを開発する中、どうして“美顔器”を開発することになったんですか?

「ふきとり化粧水」を生かすために作った、と言っても過言ではないんです。

―ええ!?というと?

化粧品というのは、そのものだけで効果を発揮しないとならないものではありますが、美顔器を使うことにより、より効果を上げることができるのでは?という発想から開発に至りました。

「余分なものを取り除き、必要なものを与える」というのが「メガビューティ」の主たるコンセプトなのですが、電気の力でより良いケアが簡単に行えること、これを目指して開発が進められました。

弊社は業界に先駆け、昭和40年代からヨーロッパのエステ技術を国内で展開し、エステで使う化粧品や機械の開発、またエステの手技との相乗効果を長年研究してきました。このような技術の蓄積があったことも「メガビューティ」の開発に役立てられたのだと思います。

―美顔器というのは、普通は家電メーカーが作ることが多いですよね。

はい。現在もたくさんの美顔器が発売されていて、そのほとんどが家電メーカーの開発によるものだと思います。そうした美顔器と私たちが開発した美顔器は、目的に決定的な違いがあるんですよ。

―その違いとは?

私たちの場合、あくまでも化粧品の“補助”という役割を担うものなんです。機械により美肌を作るのではなく、機械がサポートすることで化粧水や美容液の浸透を高め、効果を高める。それが「メガビューティ」です。

―なるほど。大きな違いがありますね。

美顔器は操作が難しかったり、ひとつの効果だけに特化していることが多く、使い続けるのが難しい場合が多いと思うんです。弊社では、効果をひとつに絞らず、簡単な操作で使っていただけるよう設計しています。

使い勝手の良さが魅力!いつものケアをワンランクアップさせる「メガビューティ」

―では「メガビューティ」の使い方を伝授してください。

「メガビューティ」は、4つのステップでお使いいただくことをおすすめしています。

まず最初は、ふきとり化粧水とともに使っていただく、エレクトロクリーン。イオン吸着により、老化した角質などお肌の汚れを吸着します。

次は、イオンバランシング。保護化粧水や美容液を使用いただき、肌を温めながら浸透させ、さらにクールダウンにより肌を引き締めることで、うるおいをキープします。

その次はホット&クールエクササイズ。温熱と冷却を1分ごとに自動で切り替えることで、乳液やクリームといった保湿コスメを肌に浸透させ、弾むようなハリ感を与えます。仕上げはアクティベーション。肌から約1cmの至近距離からLEDの光を照射し、ふっくらとしたキメの細かい肌に整えます。

―「メガビューティ」を使うだけで、いつものケアがワンランクアップできるんですね!

はい。どんな年代の方にもいえることですが、現代社会では女性が本当に忙しくなってきています。

以前はエステといえば特別なもので、リラクゼーションを兼ねて2時間かけてエステに行く、というのが感覚としてありましたが、今は短時間で効果を得られるホームユースのものに視線が集まっています。

ぜひ、日常的なケアに「メガビューティ」を取り入れて、 時短しながら美しく健康的なお肌を手に入れていただきたいと思っています。

―ありがとうございました!

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

インタビューに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

インタビューに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧