HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

スタイリング

コテ1つでボブを簡単ヘアセット♪初心者さんでもできる巻き方&ヘアアレンジ集

ボブヘアはフワッとカールをつけてあげるだけで、印象がガラリと変わり可愛さ倍増になる得なヘアスタイルなんです♡でも、どんなコテを使ってどうやって巻けばいいのか分からない…と思っている人に今回はコテを使ったセット方法~ヘアアレンジまでご紹介します!

ボブヘアは何ミリ?おすすめのコテの太さってあるの?

19mmが細かい動きを出るからボブにおすすめ

髪の毛の長さが短いボブヘアさんは19mmのコテがしっかり毛先まで巻くことができるのでおすすめです。細身だから扱いやすいだけでなく、細かいカールができるので動きもつけやすく幅広いアレンジができます。

26mmでゆるっとカールにしても

26mmのコテは伸ばし途中のボブヘアさんを中心にゆるっとヘアを作りたい人におすすめです。全体の髪の毛を巻くときも毛先の髪の毛を巻くときも、大きいカールが作られるのでふわふわとした仕上がります。

32mmは毛先ワンカールに使ってみよう

32mmの直径の大きいコテは毛先ワンカールをさせるときに使うのがおすすめ。全体を巻くには大きいため巻きづらいのですが、内巻きや前髪をふんわりカールさせるなど毛先に癖をつけたい場面にはもってこいです。

さっそく人気の巻き方を覚えよう

毛先にエアリーなボリュームをプラスする内巻き

内巻きはコテで毛束を挟んで顔に向かって手首を返して癖づけます。フェイスラインを包むようにカールできるので、コテを寝かせ気味にして毛先だけに行えば毛先がワンカールしたボブスタイルに仕上げられます。

<巻き方>
①髪をブラッシングする(※髪のダメージを抑えるために、ヘアミルクやヘアオイルをつけると◎)
②髪を上下に分け、上側の髪をヘアクリップなどで留め、耳より少し後ろのあたりで前後に分ける
③髪の毛を挟むフリッパーを自分の顔とは逆に向け、髪の中間部分から挟み、毛先ギリギリまで滑らせ3~5秒程キープし熱を加える
④最後にコテを縦に抜いたら完成!(※巻き髪がとれやすい人はスプレーやワックスを使用するととれにくくなります♪)

~ワンポイントアドバイス~
内巻きは巻く部分の髪量をなるべく少なくしてあげると、しっかりカールがかかるので意識してみてね♪

明るくエレガントな印象になる外巻き

外巻きは内巻きとは逆にコテで挟んで顔とは逆の方向に手首を返して、ボリュームが出るエレガントな仕上がりに。外ハネスタイルを作るときにはコテを地面と平行にして毛先から挟んで癖づけましょう。

<巻き方>
①髪をブラッシングする(※髪のダメージを抑えるために、ヘアミルクやヘアオイルをつけると◎)
②髪を上下に分け、上側の髪をヘアクリップなどで留め、耳より少し後ろのあたりで前後に分ける
③髪の毛を挟むフリッパーを自分の顔側に向け、髪の中間部分から挟み、毛先ギリギリまで滑らせ3~5秒程キープし熱を加える
④最後にコテを縦に抜いたら完成!(※巻き髪がとれやすい人はスプレーやワックスを使用するととれにくくなります♪)

~ワンポイントアドバイス~
髪中央の表面部分は内巻きにしてあげると、ふわっとした外巻きヘアになるので試してみてね♪

外巻き&内巻きのミックス巻きでトレンドの「波ウェーブ」に♡

地面に対してコテを平行にもち、毛束を挟んでスライドさせながら内と外に交互に波打つような癖づけをするのがウェーブスタイルです。大きめのコテでゆるっとしたウェーブを作るとこなれ感が出ておすすめです。

<巻き方>
①髪をブラッシングする(※髪のダメージを抑えるために、ヘアミルクやヘアオイルをつけると◎)
②髪を上下に分け、上側の髪をヘアクリップなどで留め、耳より少し後ろのあたりで前後に分ける
③毛先を外巻きにする。※髪の毛を挟むフリッパーを自分の顔に向け、髪の中間部分から挟み、毛先ギリギリまで滑らせ3~5秒程キープし熱を加える
④髪中央部分を内巻きにする。※髪の毛を挟むフリッパーを自分の顔とは逆に向け、髪の中間部分挟み3~5秒程キープし熱を加える
⑤髪頭部部分を外巻きにする。※髪の毛を挟むフリッパーを自分の顔に向け、頭部の髪挟み3~5秒程キープし熱を加える
⑥最後にオイル使用するとウェット感のある落ち着いたウェーブの完成!

~ワンポイントアドバイス~
毛先から頭部に向かって、外巻き⇒内巻き⇒外巻きの順です!あまり熱を加えず緩やかなカールがかかるくらいが今っぽくて可愛いですよ♡

今っぽボブヘアのおすすめアレンジテクニック

ストレートアイロンで外ハネにしても◎

毛先を外ハネにしたスタイルが今っぽさのある人気ボブスタイルの一つです。毛先までは内巻き気味に癖づけてふわっとさせるスタイルと、毛先の外ハネ以外はストレートに仕上げるスタイルどちらも人気ですよ。

ゆるっと巻き髪なら簡単にこなれヘアに

前下がりボブや切りっぱなしボブなどカットラインを楽しめるスタイルも、たまにはラインを強調しないゆるふわアレンジにしてみましょう。毛先にかけて巻くだけでもいつもとガラッと印象を変えられます。

しっかりカールでくせ毛風にするのも◎

外国人の少女を思わせるしっかりカールのくせ毛風アレンジもイマドキスタイルとして人気です。根元から動きのあるくせ毛風や、耳横から毛先にかけて大きく動きのあるくせ毛風など色々なくせ毛風を楽しめます。

ナチュラルな今っぽウェーブアレンジ

顔周りをスッキリ綺麗に見せてくれる前髪から毛先にかけて流れるような揺るかなウェーブ。コテでさっと髪を熱を通してあげることがポイントで、ふわっと女性らしい雰囲気が演出できます♡

【前髪編】コテを使ったボブさん向け巻き方&アレンジテク

【前髪の巻き方】ボブ×シースルーバング編

前髪は熱を通し過ぎないように注意しながら軽くあててあげると、ふわっとした自然な流れを作ることができます!前髪の長さやカールの好みによって、コテの細さや熱を与える時間を調整して、自分好みのやり方を見つけてみてください!

<巻き方>
①32mmのコテを使って、シースルーバングの部分の髪を挟み3~5秒ほど熱を加える
②前髪を流したい方にコテを抜く
③巻いた前髪をヘアオイルでクシュッとしてあげると束感のあるシースルーバングの完成です♪

前髪もミックス巻きでグッとおしゃれなヘアスタイルに

小さいコテやストレートアイロンで根元からミックス巻きにしてふわふわのアレンジにするのもおすすめです。巻くだけでなくワックスなどで空気感をプラスしてトップにボリュームをもたせましょう。

前髪なしさんは前髪にも動きをつけて楽しんでみない?☆

前髪長めのボブスタイルなら、前髪に大きくカールをつけて動きをプラスしてあげと色っぽい大人の印象に♡ラフさのあるセンターパートからクールでミステリアスなセンター分けスタイルまでアレンジの幅がぐっと広げられますよ。

【前髪の巻き方】前髪ありさんでもできるセンターパートアレンジ

前髪ありさんや伸ばしかけの前髪にできる前髪アレンジテクニック♡簡単に明日からできるのでm印象を少し変えたい人には必見です♪

<巻き方>
①前髪をセンター分けにします
②32mmのコテで、左右の前髪をそれぞれ外巻きにすれば完成!
※上手くセンター分けにできない人は、前髪を濡らす→センター分けにする→ドライヤーで乾かしながら両側に髪が流れるように癖をつけてあげると良いですよ♪

コテを使ってふわふわの柔らかアレンジに挑戦しよう!

コテの大きさによってナチュラルからエレガントまで、印象が全く違うアレンジに仕上がります。コテを使える長さのボブヘアだからこそ、いろんな印象になれるコテアレンジを楽しみましょう。

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

スタイリングに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

スタイリングに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧