HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

ヘアスタイル

おしゃれなヘアは「束感」がカギ♡私をかわいくするスタイル集

シルエットがきれいな束感ヘアは、女性らしい髪の流れが人気の秘訣です。イマドキヘアになれちゃう束感とはどんなものなのでしょう?自分で束感を出すスタリング方法や最新スタイルをご紹介します。

簡単につくれちゃう!束感ヘア

今さら聞けない!束感とは?

束感とは、書いて字のごとく、髪の毛が束のようになった状態のこと。きれいな毛流れをつくれるのが魅力で、スタリング次第でいろんなテイストに仕上がります。髪の毛の量が多い人もサマになるので、おすすめです!

自分でアレンジ!束感ヘア

束感ヘアのつくり方は、とっても簡単!髪をひと通り乾かしたあと、毛束をとって指に巻きつけるようにしてドライヤーをあてていきます。くせ付けしたい方向に流すのも◎。ヘアオイルやヘアワックスを塗布したら、旬な束感ヘアが完成します!

最旬束感ヘア♡ショート編

カット&スタイリングでつくる束感ショート

トップからレイヤーカットをオンした束感ショートです。スタリングするときは、毛束をつまむようにフロントに向かって流すとおしゃれにきまります。

束感ショートでリラックスヘア

サイドの束感が女性らしいシルエットをつくっているショートヘア。リラックス感のあるナチュラルさが◎。前髪は、シースルーにして抜け感もプラスして♪

かっこかわいい♡束感マッシュショート

かっこいいけど、キュートな要素も持った大人っぽマッシュショート。トップ付近の表面にふんわりとした束感をつくって、スタイリングするのがコツです。ショートヘアで変化が欲しいとときにおすすめです。

清楚でかわいい♡束感マッシュショート

清楚な雰囲気の黒髪マッシュショートに束感をプラスすると、よりかわいくなれちゃいます♡前髪の隙間と自然な毛流れがポイントです。

最旬束感ヘア♡ボブ編

細めの束感が色っぽい☆お団子アレンジ

まだ長さがあまりないボブヘアのお団子スタイル。ポイントは後れ毛。細めにとって、ヘアアイロンで巻くと細めの束感が出て、一気に女っぽさを感じるスタイルに♡

束感バングのキュートなボブ

シンプルなミニボブもスタイリングで束感ヘアがつくれます。毛先は外ハネにして、耳掛けした後に毛束をフェイスラインに残します。いつもボブがニュアンスたっぷりのヘアスタイルに変わります。

うざバングが今っぽい♪束感ボブ

女子たちの間で人気のうざバング。ミニボブの毛先をルーズに巻いて、束感を出すと今っぽいスタイルになります。前髪長めの人は試してみて♪

ヘアアイロンでつくる束感ボブ

重みのあるボブにワンカールを施したスタイル。ヘアアイロンで巻くときは、束感を意識して少しずつ巻いていくのがベスト。ツヤ感のある髪に毛流れがきれいに見えます。

最旬束感ヘア♡ミディアム編

束感バングのミディアムヘア

長さのあるミディアムヘアは、自在に束感が出せます。ブロウもとっても簡単!オイルやシアバターでお好みの毛束感をつくるだけ。ぱっつん前髪がキュートなスタイルです♡

波ウェーブで束感を出して♡

ヘアアイロンで波ウェーブをつくった束感ミディアムヘア。デコルテ下のラインの毛先を遊ばせるように、軽さを出すとバランス良くなります。華やかさもあるウェーブヘアです♡

ワンレンベースのミディアムに束感をプラス♡

大人っぽさが光るワンレンのミディアムヘア。毛束にスタイリング剤を塗布して、動きを出すと束感がプラス。イマドキヘアの完成です!

ルーズ感が◎束感セット

ミディアムヘアのルーズお団子アレンジです。長さが足りなくても大丈夫!襟足や耳の前にたっぷりと後れ毛を残すことで、束感がプラスされておしゃれ♡

最旬束感ヘア♡セミロング・ロング編

ゆるふわウェーブで毛束感を出して♪

外国人風の遊び心を取り入れた束感ヘアです。ゆるふわなウェーブがフェミニンな印象をプラスしてくれます。前髪は少しだけ顔にかかるくらいがちょうどいいバランスです♪

束感バングでグッドバランス♪

品よくタイトにまとめた髪に対して、前髪に束感を出したグッドバランスなスタイルです。前髪を下ろして、ヘアオイルなどで細かく毛束をつまんでいきます。どんな長さもおしゃれにきまる前髪です♪

束感カットでロングも軽やかに♡

レイヤーカットで立体的に仕上げたウエーブのロングヘアです。フェイスラインはふんわりと、毛先はほつれ感を出して、重く見えないおしゃれなスタイルです。

束感アレンジで女子力UP♡

シースルーバング×うざバングの組み合わせがかわいいロングのアレンジヘアです。ヘアアイロンで華やかにミックス巻きして、たっぷりの束感を楽しんで♪

「束感」がおしゃれのキーワード♡

レングス別の束感ヘアをご紹介してきました。「束感」のイメージはつきましたか?スタイリングする場所も、前髪やサイド、バックなどお好みでOK!これからは、束感を意識してトレンドヘアにチャレンジしてみましょう!

関連記事

カテゴリ

編集部ピックアップ記事

ヘアスタイルに関する記事人気ランキング

今もっとも読まれている記事

ヘアスタイルに関する新着記事

トレンドのヘアスタイル情報

NEWSカテゴリ一覧