HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

thumbnail

2020.01.29

219

黒染め後のブリーチは髪へのダメージ大!黒色に見えるおすすめヘアカラー

黒染めは普通のカラーリングと全く異なります。そのため黒染め後のブリーチは、通常のカラーリング後よりも髪に対するダメージが大きいんです。せっかくの髪がボロボロになってしまうのは困りますよね。今回は黒染めの特徴と、黒染めではなくカラーリングで黒色に見せるヘアカラーをご紹介します。

黒染めとは

他のカラーと違って髪へのダメージが大きい

実はファッションカラーと黒染めは全く違うものです。普通にカラー入れる場合は、まず少量のブリーチ剤で髪を脱色したのち色を入れるのに対し、黒染めはブリーチせずに染めてしまいます。黒染めそのものが、髪へダメージを大きく与えてしまうのです。

他の色が入りにくくなりカラー変更がしずらくなる

脱色せずに黒色で髪の芯まで染め上げるため、文字通り「真っ黒」になります。そのため、その後カラーが入りにくくなることも。脱色するにも一筋縄ではいかず、失敗する可能性もあるため注意が必要です。

黒染めは自分でやるとムラが出やすい

真っ黒に染まる黒染めの厄介なところは、ムラができていても普通のカラーリングとは違い、なかなか自分で気がつけないことです。市販の黒染めは髪を痛めやすいため、ムラができた場合は必ず美容院に相談しましょう。

黒染めは色落ちすると逆プリンになる可能性あり

説明した通り、黒染めは髪の芯まで人工的に黒く染めてしまいます。その後1カ月、長い人だと半年は色が残ると言われています。
つまり普通のカラーリングとは逆に、黒染めしたところが残ってしまう可能性があるということです。

黒染め後に明るくするためのブリーチはダメージ大

髪を明るくするにはブリーチを行うのが早いが注意が必要

髪色を明るくするためには、まずは「ブリーチ」と考えますよね。事実、髪色を明るくするにはブリーチが速く確かではあります。しかし黒染め後はブローチを強めに行うことになるので、あまりおすすめできません。

色素が奥まで入っているので髪へのダメージが大きい

髪の奥まで黒く染まっているものを明るくするには、何度もブリーチしなければなりません。また自分で染めた場合はムラができていることも。綺麗に色が抜けないと、より一層ダメージが大きくなります。

赤みが出てきてしまう可能性あり

黒染めする前の髪質や、黒染めに含まれる成分によって赤みが出ることも。ブリーチした際にどの色が多く残るか分からないからです。
また日本人の髪には、赤色が多いことも理由の一つでしょう。こればかりは髪質や製品にも違ってくるため、やってみないと分からないのです。

黒染め後に明るくするときのポイント

美容院でお願いする

美容院に必ず相談しましょう。そして相談する際は、必ずいつ染めたのかをちゃんと伝えることが重要です。
カラーの種類も、品質も柔軟に対応できることは非常に安心です。プロにお任せしてダメージを極力少なくしたいですね。

ブリーチせずに時間をかけて地道に明るくしていく

一番髪のダメージを抑える方法です。なんども時間をかけてカラーを繰り返していきます。日本人は赤みがかった髪質の人がが多いため、できればオレンジ系の暖色カラーを選ぶのがおすすめです。

市販の黒染め落としを使用するときはムラに注意

やはり市販のものは、染めるにしても落とすにしても手軽な反面、非常に難しいです。失敗した場合は美容院に相談を。セルフで修復しようとすると、必要以上にダメージを重ねてしまう恐れがあります。

ハイライトでムラをカバー

もしムラが出てしまっても、カバーする方法があります。ハイライトを入れて立体的なイメージをつくります。境目がわかりづらくムラがわかりにくくなります。
部分的に入れるため、ダメージを与える範囲も最小限になります。

グラデーションで逆プリンをカバー

境目が曖昧になるため、グラデーションのカラーリングは非常に効果的です。ブリーチで色を抜いた後は赤みが残ることが多いため、赤みを抑えるカラーを入れれば、より効果的になるでしょう。逆プリンをカバーするだけでなくオシャレに。

黒染めではなく髪色が暗く見えるおすすめのヘアカラー

自然に見えるダークブラウン

日本人の瞳の色は茶色が多いため、ダークブラウンは自然に見えます。もともとの髪色がダークブランの人も多いのではないでしょうか。そのため、不自然な黒髪よりも、ダークブラウンの方がより自然な髪色に見えるのです。

透明感はキープしてくれるグレージュ

グレージュは、その名の通り「グレー」と「ベージュ」を合わせたカラー。寒色系なカラーですが、きれいな透明感があります。また赤みを抑えたカラーになるため、ツヤ感もアップ。より立体的に見えるカラーになります。

外国人風になれるブルージュ

ブルージュとは、「ブルー」と「ベージュ」を合わせたカラーです。ブルーが入っており、こちらも赤みが抑えられるため「外国人風」の髪色に。暗い配合でカラーを入れることによってツヤ感がアップし、よりツヤやかな暗い髪色をつくることができます。

ダークに入れれば黒髪に見えるオリーブアッシュ

オリーブアッシュはグリーンベースのカラーです。ブルー同様グリーンも赤みを抑えてくれるため、きれいな髪色に変わります。ブリーチをしなくてもしっかり色が入りやすく、ダークに入れれば黒髪のように。

就活や面接には黒髪に見えるカラーで好印象を演出☆

自分にあったカラーや、工夫をするだけで自然な黒髪カラーにすることができます。自然な黒髪で大事な時期を乗り越えましょう!

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧