HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

位置情報の利用に同意しますか?

同意しない
同意する
thumbnail

2020.07.11

2820

髪が多い人におすすめのヘアアレンジ3選|手順もしっかり解説!

髪の毛が多いとケアも大変ですよね。なかなかまとまらなかったり、アレンジに時間がかかってしまったりと困っている人は多数。この記事では、そんな多毛さん向けのアレンジ方法を伝授していきます。髪の毛が多くて悩んでいる人は参考にしてください。

毛量調節ポニーテール

ハーフアップのように上半分の髪を結ぶ

毛の量が多いのを一番簡単にカバーできるアレンジ、毛量調整ポニーテール。不器用な人でもすぐにできるアレンジなので、実践してみてくださいね。まずは、ハーフアップのように上半分の髪を結びましょう。

 

残った髪を2~3本に分ける

ハーフアップして残った髪の毛を2~3本に分けましょう。ざっくりと分ける感じで大丈夫です。このときに残った毛が多すぎないように、予め量を調節してハーフアップにしておくことがおすすめです。

 

それぞれねじりながら上に引っ張り上げる

束に分けた髪の毛を、それぞれ上にねじりながら引っ張り上げます。ねじりながら引っ張り上げることで、髪の毛がばらばらと落ちて着たり、ボリュームが出すぎたりすることを抑えます。髪の毛が多くてなかなか上げられないという人は、束数を増やしてましょう。

 

髪の結び目に巻きつける

髪の毛を上に持ってきたら、ハーフアップにした部分に巻きつけていきます。ゴムを隠す効果もあるので、こなれ感を演出できます。

 

ヘアピンで固定して完成

最後にヘアピンで固定して完成です。あんなに多かった毛がすっかりまとまります。かわいいヘアピンを使うなど、工夫次第でイメージも変化しますよ。このアレンジは毛量を調節できるだけでなく、髪をすっきりきれいに見せてくれる効果もあります。

 

毛量を活かした編み込みスタイル

髪を左右に分ける

続いては編み込みスタイルです。毛量が多いからこそ再現できる編み込みスタイルをご紹介します。まず髪を左右に分けます。ざっくりでもいいですが、なるべく左右均等になるように調節しましょう。

 

サイドを編み込みする

続いてサイドを編み込んでいきます。編み込みは難しいと思う方もいるかもしれませんが、三つ編みができればあと一歩なので動画などを見て練習してみてくださいね。トップを少しふんわりさせると雰囲気も変わります。ゆるめの編み込みにする場合はふんわりと、タイト目が好きな人はきっちりめに編み込んでいきましょう。

 

後ろでヘアピンで固定して完成

あとは後ろに回し、ヘアピンで固定して完成です。編み込みさえできれば非常に簡単なヘアアレンジ。編み込みが入ることで女性らしい可愛さも生まれますし、簡単で毛量もカバーできます。ヘアピンの代わりにバレッタなどを使うのもいいでしょう。

 

髪が多いほうが留まる!かんざしハーフアップ

髪を上下に分ける

かんざしを使ったハーフアップは、実は髪が多いほうがきれいに留まるのです。まずは、髪の毛を上下にわけます。かんざしを挿すほうの髪の量を多くしたい場合は、気持ち多めに取りましょう。

 

上段の髪を一つにまとめる

まずは上の髪を一つにまとめます。普通のハーフアップと同じ感じです。ここでかんざしを挿す場所がだいたい決まるので、鏡を見ながら好みの位置まで調節してみてください。

 

くるくるとねじる

上段の髪を一つにまとめたら、くるくるとねじっていきます。お団子をつくるときと同じ要領です。ねじる方向によって髪の向きが変わってきます。

 

かんざしをねじった髪の根元に上から添わせる

ここでかんざしの登場です。かんざしをねじった髪の根元に上から添わせます。
このときはがっつり挿そうとせず、添わせるだけで十分です。

 

髪を巻きつけながらかんざしを180°回転させる

髪を巻きつけながら、かんざしを180度回転させていきます。かんざしの先端を3時の方向に挿した場合は、9時の方向に持っていくイメージです。巻きつけながらかんざしを回転させるのは初めは少し難しいので、何回か練習してみましょう。

 

さらに回転させながら根元に挿して固定させる

さらにかんざしを回転させ、11時の方向までもっていきましょう。ここまで回転させたらかんざしを11時の方向から5時に向かって挿して、しっかり固定させます。浴衣などにぴったりのかんざしアレンジ。これからの季節にもぴったりです。

 

アレンジ以外の毛量解決方法

レイヤーカットにする

レイヤーカットは最近流行のヘアスタイル。毛量が多い少ないにかかわらず人気ですが、特に多い人にはおすすめです。ボブのように重たい髪型とは違い、髪の毛の長さに違いを出します。量も少なくして軽めに動きを出すので、自然と量を減らすことができます。

 

縮毛矯正をかける

髪の毛が多くて癖もあるタイプの人には、縮毛矯正がおすすめです。うねりやなくなりまっすぐきれいなストレートになるので、ボリュームがダウン。クセで髪が広がる心配もありません。

 

ロングにして重みで広がりを抑える

髪をロングにすると、重みが増して髪の毛の広がりを抑えることができます。ショートやミディアムのときに髪が広がってしまうという悩みのある人は、思い切って伸ばしてみては?

 

髪が広がりやすい季節を工夫で乗り切って!

髪の毛が多くて広がりやすいと、ストレスも多いですよね。髪が広がりやすいこれからの季節、アレンジをしたり髪型を変えたりなど、さまざまな工夫をしてカバーしましょう。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧