ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2016.04.18

5626

【VOCE4月号 Topics4】春の気分も大人っぽさも♡これが“アラサーイガリメイク”

「大人でもできる!しかも超絶可愛い!!」と大・大・大好評だった、アラサーのためのイガリメイク。昨年の12月号に引き続き、ついに第2弾が登場!まわりとちょっぴり差をつける春のイガリメイクを今すぐチェック!今回は、休日メイク&オフィス用メイクをご紹介!


hair&make-up:Shinobu Igari/BEAUTRIUM
photographs:Kentaro Oshio(model),Yasuhiro Ito(cosmeticsl)
styling:Yuko Hodono
model:Erika Mori
text:Saiko Maruoka (VOCE)
composition for magazine:Tomoko Oniki(VOCE)

あずきチーク×マットリップ

2色使いでふっくらチークに。

「あずき色はチークに持ってくるのがおすすめ!
ただ、あずき色1色だけだとのっぺり見えるから、まずは明るい色で肌色を上げてから。
頬がふっくら見えるし、仕上げにハイライトで立体感を引き出せば、大人の可愛らしさをアピールできます。
リップはマットにすると断然オシャレ見え!」

MAIN ITEMS

ccc

A 【THREE / チーキーシークブラッシュ 05 / ¥3000】
ほわーっとしたツヤが可愛い!
しゅるしゅると肌になじんでとけこむようにフィットするチーク。
ローズ系のあずき色は、大人のオンナムードも十分に。発色はあくまでソフトでツヤ感が引き出されるような仕上がり。

B 【シャネル / ル ブラッシュ クレーム ドゥ シャネル 82 / ¥4700(限定色)】
健康的な桃肌を仕込めるチーク。
あずきチークの下には血色をパッと明るく見せるローズカラーを仕込んでおくのが正解。

C 【M・A・C / レトロ マット リキッド リップカラー バック イン ヴォーグ / ¥3600】
抜けをつくるのはリップのマット具合。
もとの唇の色から変えて見せるような発色がステキ。

HOW TO MAKE UP

DMA-IMG_4219

①あずきチークは指でほわ~っと。
あずきチークは薄く広げた明るめクリームチークの上からオン。
目の下~頬の上側までの“ザッツ・イガリチーク”の範囲に薄く重ねて。
指先を左右に往復させながら、広げていくのがコツ!

DMA-IMG_4216

②ハイライトで立体感アップ!
ツヤが許される顔の上半分ゾーンに、ハイライトをブラシの先端でスタンプづけ。
ちょんとのせることで明るさを引き出しつつ、頬の立体感も演出できるから、仕上がりはふっくらほっぺに。DMA-IMG_4228

③マットなリップは指で塗るべし。
マットすぎる仕上がりは不健康に見えるから、リップは少しずつ唇を染めるように広げていくのがカギ。
唇の中央にちょんとのせたら、指先でトントン広げて。
口角には塗らずに、抜けを!

POINT

DMA-IMG_4235

・チークはツヤっと、リップはマットに。
・あずきチークはうすーく、ひろーく。
・リップは口角を消すのがポイント!
「休日メイクにうってつけな、カジュアルモードのメイク。ツヤや輝きは顔のは上半分に、下半分はマットに、と質感を分けて使うことで、可愛いだけじゃないコジャレ顔に♪」

こげ茶太ライン×色みレスシャドウ

脱グラデアイで差をつけて!

「オフィスでも通用するおオシャレコンサバメイクをするなら、囲んでないけど囲んだふうに見えるアイラインを主役に。
こげ茶ペンシルでくっきり仕上げるのがいい感じ!
グラデシャドウを合わせちゃうと、一気に古~いコンサバ顔になるから、幅は狭く色みを感じさせないシャドウが正解。」

MAIN ITEMS

DMA-160106ya_9477

A 【資生堂 / マキアージュ ロングステイアイライナー N 限定セット2016 BR662 / ¥1200(VOCE編集部調べ)(限定発売)】
くっきりラインが描けるジェルペンシル。
まぶたにピタッと密着する。
こげ茶でまなざしを強め、ツヤ感でうるんだ瞳を演出できる。

B 【THREE / ウイスパーグロスフォーアイ 03 / ¥3300】
ツヤで立体感をそっと演出。
角度によって表情が変わるラベンダーグレー。
ほんのりとしたツヤがまぶたの立体感を引き出して色みレスでもコンサバ顔に。

C 【THREE / ウイスパー グロスフォーアイ 01 / ¥3300】
まぶたをきれいな肌色に整えてくれるベージュ。
肌色を整えつつ、まぶたにツヤ感をプラスしておけば肌全体をキレイに見せる狙いも叶う。

HOW TO MAKE UP

DMA-IMG_4638

①ペンシルラインで目をぐるり。赤みブラウンのペンシルをチョイスすることで、くっきり感は強調しつつ温もりのある目元に。
上下まぶたともに、目の輪郭通りにラインを入れる。目尻はぎりぎりつながないのがコツ。

DMA-IMG_4591

②リキッドラインでさらにくっきり!上まぶたにリキッドライナーを。
目尻は長さを出さずすっと流すように仕上げる。
リキッドのラインが前に出てくると、①で入れたラインの効果で囲み目に見えてくるのがミソ。

DMA-IMG_4595

③リップは真ん中が色づく感じに。クレヨンタイプのリップを、上下の唇で軽く挟むようにして全体に塗っていく。
輪郭周辺は薄く、中央にかけて濃く、と自然にツヤと発色がグラデになるから立体的に見えるのがポイント。

POINT

DMA-IMG_4635

・目をぷっ!と膨らませたみたいな立体感を出して。
・アイシャドウは光を足すくらいで十分!
・このメイクは全身のバランスも大事。
「くっきりとした目元を強調しながら、どこかに温もりを感じさせるメイク。抜けのポイントは眉!眉をきちっと描くと途端に古い顔になるので、薄く仕上げるのが正解。」

いかがでしたか・・・?

>>もっとVOCEの記事を読みたい!という方はコチラ (画像をクリック!↓)

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧