ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2016.11.12

8359

”男子に好かれるセミロング”レイヤーでさらに好感度アップ

セミロングといえば知的で清楚な印象があるアナウンサーにも多い髪型。そして男子からの好感度も高くていいことばっかり!髪型を変えたいなと思ったらチャレンジしてみませんか?今回は、レイヤーが入った好感度もアップする素敵なセミロングをご紹介します。

好かれるのには理由があった

セミロングの魅力

アナウンサーや人気女優もしている上品なミディアムストレート。
レイヤーを程よく入れると毛先が重くなりすぎず、前髪も軽い印象に!

おすすめはレイヤー

黒髪×ストレート×セミロングは、清楚な印象もあるけどレイヤ―を入れないと重く暗い印象に!
髪の量が多く、硬い髪質の人は、レイヤーを多めに入れてカラーをすると明るい雰囲気になります。

なぜなら・・・印象が変わります!

毛先にレイヤーを入れるとこんなにも可愛く変身!
黒髪も重くなく、セットもまとまりやすく、いいことづくめですね。
小顔効果もありますよ。

おすすめヘアカタログ

大人かわいいレイヤーセミロング

”男子に好かれるセミロング”レイヤーでさらに好感度アップ 畑中 里志
畑中 里志予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

明るめカラーの大人かわいいレイヤーセミロング。
分け目はサイドにもっていって、前髪を横に流して出来上がりです。
顔周りもすっきりとした印象に。

ちょいウルフスタイル

”男子に好かれるセミロング”レイヤーでさらに好感度アップ 畑中 里志
畑中 里志予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

分け目をサイドにもっていって、前髪をおもくしたちょいウルフスタイル。
毛先のレイヤー部分が多いので、コテで巻いたり、ブローすると素敵に仕上がりますよ。

ゆるふわレイヤーヘアー

ゆるふわにデジタルパーマをかけると、フェミニンな髪型に。
ふんわりした髪は、綺麗なお姉さん風で優しい印象になります。
ヘアアレンジもしやすいですよ。

ゆらぎセミロング

”男子に好かれるセミロング”レイヤーでさらに好感度アップ 川淵 雅也
川淵 雅也予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

トップと顔周りにレイヤーを入れた抜け感をプラスした、ゆらぎセミロング。 
洗い流さないトリートメントをつけてもみこむようすると、少しウェット感のあるスタイルに。

外国人風ハイレイヤーセミロング

”男子に好かれるセミロング”レイヤーでさらに好感度アップ うえもとたく
うえもとたく予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

外国人風の、ラフで無造作な動きになるハイレイヤーセミロング。
ブリーチで色素の薄いグラデーションカラーにすると、より外国人風に。
後姿もレイヤーがばっちりで素敵ですね!

重めの前髪でキュートなスタイル

”男子に好かれるセミロング”レイヤーでさらに好感度アップ 畑中 里志
畑中 里志予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

ランダムにレイヤーをいれて、髪に軽さを出しています。
あえて前髪をおもく作ることで、ガーリーな仕上がりに!
明るめカラーがおすすめです。

重めのレイヤーでセクシーに

全体に重くカットして、鎖骨下にレイヤーが入ったセクシーなセミロング。
長めに作った、前髪で大人の色気もでて男子ウケ抜群です。 

秋冬は髪に動きをプラスして…

愛され女子になるためには、上手にレイヤーを入れて髪に軽さを出したり、あえて重くしたりすることでセクシーさを演出したましょう!
セミロングは、手入れもしやすく、まとめ髪も作りやすいのでおすすめです。
美容師さんと毛質や量などについてよくカウンセリングして、あなたにあった素敵なレイヤーセミロングスタイルを手に入れてくださいね!

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧