ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.03.02

5762

ポニーテールの前髪は?もっと可愛く見せる前髪アレンジ方法

もはや定番とも言える、ポニーテールアレンジ。ひとことでポニーテールと言っても、結ぶ位置や崩し方で仕上がりがガラリと変わります。その中でも、印象を大きく左右するのが前髪です。モテスタイルのポニーテールを、もっと可愛く!前髪アレンジで、定番ポニーテールを今っぽく変身させましょう。

前髪が長いときのアレンジ

高位置のポニーテールを大人っぽく

前髪をセンターパーツで分けたら、顔周りだけ残して後はポニーテールと一緒に結んでしまいましょう。
全体的にざっくり手グシ風にまとめ、顔周りの前髪はコテでカールさせると可愛く仕上がりますよ。

ポンパドールを今っぽく

中途半端に伸びた前髪は、ポンパドールがオススメです。
ピン留めの際に、前髪をねじって前に押しながらピンで留めるとボリュームが出ます。
ゴールドのピン見せで、トレンド感がアップ!

オフィスOKきちんとスタイル

きちんと感を出したいなら、前髪をセンターより少しずれた位置で分けて、きっちり結びます。
後ろ髪は、あらかじめコテで巻いておくと大人っぽい仕上がりに。

オフィスでも浮かないスタイルです。

コテで巻いて長さをごまかす

目にかかる前髪も、コテで巻くと短くなり目にかかりません。
大人っぽさと可愛さが、うまく調和したスタイル。
眉毛も下がり気味に描くと、優しい女性を演出できます。
全体をフワッと仕上げるのがポイントです。

ポニーテール×前髪あり

定番スタイルに個性的前髪を

オン眉前髪で、お人形のような可愛い仕上がりに♪
子供っぽくならないためには、ポニーテールを低めの位置に作ることがポイントです。
輪郭が目立ちやすいので、顔周りや後れ毛でカバーしましょう。

シースルーバングで抜け感を

目の上ギリギリのシースルーバング。
前髪を半分すくって、ポンパドール風にピンで留めてボリュームダウンさせましょう。
おでこが透けて見えるぐらいが、抜け感ができてバランスが取りやすくなりますよ。

コンサバ系が苦手なら

目の上で切りそろえた前髪は、瞳を強調し小顔に見えると注目されています。
王道ポニーテールが、カジュアルな印象に。
重ための前髪で、頑張りすぎない大人の休日スタイルが完成です。

ポニーテール×前髪なし

変形ポンパドール

ポンパドールを作る際、前髪をふたつに分けてそれぞれピンで固定します。
この時、少したるませると、まるで耳のような仕上がりに。
前髪の長さが充分あれば、ねじってポニーテールと一緒に結びこんでもアクセントになります。

さわやかさ断トツのおでこ見せ

長さが中途半端な前髪には、オールバックがオススメ。
前髪を後ろに持って行き、ポニーテールと一緒に結びます。
落ちてくるようなら、ヘアスプレーで固めてしまえば安心です。
両サイドを残すと小顔に見えますよ。

ヘアアクセに頼りましょう

短い前髪でおでこを出したいなら、ヘアバンドで押さえてしまうのもアリです。
ヘアバンドならカジュアルな休日スタイルに、スカーフを巻けばデートもOKなコンサバスタイルにもできますよ。

いかがでしたか?

私のポニーテールって何だか古い…と、鏡の前で悩んでいませんか?
そんな時は、前髪に注目してみてください。
ヘアスタイルをあか抜けさせるには、前髪も大切に。
短い時間で手軽にできるポニーテールを、もっとバリエーション豊かに楽しみましょう。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧