ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.03.26

11675

ノンシリコンって髪にいいの?髪質に合った選び方のコツとは

店頭やテレビCMなどでよく耳にする「ノンシリコンシャンプー」。 髪に良いということは分かるけど、実際ノンシリコンってよく分からない、という方もいると思います。 そこで今回は、ノンシリコンとは何なのか、髪質に合った選び方のコツをご紹介します!

ノンシリコンって?

悪者ではありません!

ノンシリコンって髪にいいの?髪質に合った選び方のコツとは

ノンシリコンシャンプーとは、シリコンという成分が入っていないシャンプーのこと。
シリコンは、髪の毛をコーティングしてくれるので、悪い成分ではないのです!
シャンプーだけでなく、ヘアトリートメントなどにも使用されています。

ノンシリコンに合う髪質

猫毛・毛量が少ない人

ノンシリコンって髪にいいの?髪質に合った選び方のコツとは

猫毛で髪の毛が細く、毛の量が少ないという人は、ノンシリコンシャンプーが合います。
シリコンの油分がないため、髪の毛が軽くなり、ふわっとボリュームがでるのです。
髪がすぐぺちゃんこになってしまうという人にもおすすめです♪

脂っぽい人

ノンシリコンって髪にいいの?髪質に合った選び方のコツとは

頭皮や髪の毛が脂っぽい人にも、ノンシリコンシャンプーがおすすめです。
油分が入っていないので、気になる脂っぽさを抑えることができますよ♪
ただし、髪のダメージが気になる時は、シリコンシャンプーにチェンジしてくださいね!

メリットは?

カラーやパーマの持ちが良くなる

ノンシリコンって髪にいいの?髪質に合った選び方のコツとは

ノンシリコンシャンプーを使用していると、カラーやパーマがかかりやすくなるというメリットがあります。
シリコンが髪をコーティングしないことで、薬剤がしっかりと浸透するので、持ちもかなり良くなりますよ♪

頭皮に優しい

ノンシリコンって髪にいいの?髪質に合った選び方のコツとは

シリコンが入ったシャンプーで、しっかり洗い流すことができていないと、頭皮にシリコンが残ってしまい、頭皮トラブルを起こしてしまう可能性があります。 その点、ノンシリコンだと安心なのです!

敏感肌の人にも

ノンシリコンって髪にいいの?髪質に合った選び方のコツとは

強い洗浄成分が入っていないノンシリコンシャンプーなら、敏感肌の人でも比較的安全に使用することができます。
天然成分の、肌に優しいノンシリコンシャンプーを選びましょう♪

デメリットも!

髪がぎしぎしする

ノンシリコンって髪にいいの?髪質に合った選び方のコツとは

ノンシリコンシャンプーを使ってみると、髪がきしむ!という人が多いと思います。
髪がすっぴんの状態になるため、きしみを感じてしまうのですが、使い続けると気にならなくなりますよ!

熱に弱い

ノンシリコンって髪にいいの?髪質に合った選び方のコツとは

髪を守ってくれる作用がないので、ドライヤーの熱には弱く、ダメージを受けやすい状態になってしまいます。
これを防ぐには、洗い流さないトリートメントなどでしっかり保湿をして、髪を守ってあげるようにしましょう!

髪がまとまらない

ノンシリコンって髪にいいの?髪質に合った選び方のコツとは

髪の毛が多い人がノンシリコンシャンプーを使うと、髪が広がりやすくなってしまいます。
ロングヘアの人や、ボリュームを出したくないという方は、シリコンシャンプーがおすすめですよ!

いかがでしたか?

今ではノンシリコンシャンプーが主流になっていますが、ノンシリコンだから良いって訳ではないのです!合う人、合わない人がいるのは当たり前です。
メリットやデメリットをちゃんと理解して、自分の髪に合ったシャンプーを見つけてみてくださいね♪

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧