ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.04.10

12342

自分に似合うのはどっち?黒髪と茶髪のメリットデメリット

いつの時代も会話の話題にあがるのが、黒髪か茶髪かということ。それぞれにメリット、デメリットがあり、なかなか最終結論に達することはありません。 ここでは、黒髪と茶髪のメリットについてご紹介しましょう。 好みの問題もあるかと思いますが、いろいろな情報を参考にしてみてくださいね。

黒髪のメリット

清楚に見える

自分に似合うのはどっち?黒髪と茶髪のメリットデメリット ishihara takuya
ishihara takuya予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

黒髪は、カラーリングしていないということもありツヤがありダメージも少ないということがポイントです。
そのため、とても清楚な印象に見える特徴があります。

清潔感がある

黒髪は、ピュアな印象が強いため清潔感があるのが特徴です。
清潔感は、男女ともに重要なモテ要素になります。
黒髪ならどんなファッションと合わせても下品に見えることはありません。

個性派に見える

カラーリングが主流となっている今の時代、黒髪の方が個性派として扱われます。
黒髪は、流されない意志の強さやこだわりなどを表現しているため、そういった印象になることが多いのです。

黒髪のデメリット

暗い印象に

自分に似合うのはどっち?黒髪と茶髪のメリットデメリット

黒髪のデメリットとして、少し暗い印象に見られてしまうことが。
髪型にもよるかと思いますが、重さのあるスタイルだと暗い印象になるため注意しましょう。

垢抜けない雰囲気に

自分に似合うのはどっち?黒髪と茶髪のメリットデメリット

黒髪は、学生時代のヘアスタイルそのままという印象も否めません。
ヘアスタイルもおかっぱなどであれば少しあか抜けなさが残ってしまう可能性もあります。

茶髪のメリット

おしゃれに見える

茶髪のメリットは、どんな人でもおしゃれにみせてくれるということです。
茶髪にもいろいろな色味があるため、おしゃれを楽しんでいる人といった印象も与えてくれますよ。

あか抜けて見える

茶髪にして、急にあか抜けた人を見たことがありませんか? 茶髪にするだけでどんな人でも都会的に垢抜けて見えるといった特徴があります。
垢抜けなさを気にしている人にはおすすめです。

明るく見える

茶髪にするだけで、顔全体の印象はもちろん全身の印象もぱっと明るくなります。
いつも引っ込み思案でなかなか人見知りという人も茶髪にすると性格まで明るくなることも。

茶髪のデメリット

痛みが目立つ

自分に似合うのはどっち?黒髪と茶髪のメリットデメリット

茶髪にするということは、カラーリングをするということなので必然的にダメージを受けてしまいます。
黒髪に比べて傷みが目立ってしまうといったデメリットもあります。

清潔感に欠ける

自分に似合うのはどっち?黒髪と茶髪のメリットデメリット

茶髪は、おしゃれに見える反面少し遊んでそうな印象も与えてしまいます。
痛みが目立つということもあり、清潔感が損なわれてしまう可能性もあるので注意しましょうね。

いかがでしたか?

茶髪と黒髪にはそれぞれメリット、デメリットがあります。
どちらもとても納得できるものばかりで、なかなかこっちの方がいいと選びにくいですが、自分は何に重点をおいているかを再度確認し、茶髪か黒髪かを選んでみてくださいね!

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧