ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.05.09

9938

今更聞けない!基礎化粧品とは? その正しい使い方と選び方

今では年齢や性別に関係なく、多くの人がいつも顔につけている基礎化粧品。一般的に化粧水や乳液など、様々な種類の基礎化粧品がありますが、今回は基礎化粧品の正しい使い方や選び方についてご紹介していきますね。

基礎化粧品ってどんなもの?

基礎化粧品とは?

基本的に基礎化粧品というと化粧水からはじめ、乳液、美容液、クリーム、パックなどが含まれています。
これ以外にもお肌をケアしてくれる化粧品ならば、すべて基礎化粧品だといっても過言ではありません。

基礎化粧品の種類と役割は?

化粧水はスキンケアの準備。
肌のごみや汚れを綺麗に拭いてくれます。

乳液は肌から水分が蒸発するのを防ぐ役割を。

美容液は、肌に栄養を与えてくれる段階。
水分やしわの改善など、肌の状況に合わせて使うことをおすすめ。

クリームは、スキンケアの最終段階。
朝は水分クリーム・夜は栄養クリームに分けて使いましょう。

基礎化粧品の選び方は?

基礎化粧品を選ぶ時の基準は?

基礎化粧品を選ぶ基準だといってもそう難しいことではありません。
自分の肌がどんなタイプなのかさえ知っていれば、とても簡単に選ぶことができるんですよ♪

乾燥肌なら保湿ライン。
油分が多い肌なら水分ライン。
肌が敏感な方なら、最大限成分が優しいものを使うことがベストです。

スキンタイプの特徴は?

乾燥肌:顔に赤み。
洗顔後は肌が引っ張られる気分に。

ノーマル肌:一番恵まれたタイプ。
食生活でタイプが変わることがあるので、ケアが大事。

オイリー肌:皮脂の分泌が活発でニキビなどのトラブルが出来やすいタイプ。
格別な管理が必要。

敏感肌:少しの刺激にも肌が荒れやすいタイプ。
スキンケア時は格別なケアが必要。

基礎化粧品の正しい付け方

付け方の順番

化粧水―乳液―美容液―アイクリームー栄養クリーム
この順番通りに基礎化粧品をつけていくと、それぞれの化粧品の役割を十分に発揮できますよ!

年齢別!基礎化粧品の選び方

10代が使うには?

10代はホルモンが多く分泌する時期なだけに、皮脂の量もその分増えるようになります。

しかし、それが酷くなるとどんどんトラブルができるようになるので、バランスよく水分ラインもしくは皮脂ケアができるラインを使うことをおすすめします。

20~30代が使うには?

20代からはやはり肌のタイプによって選び方も変わります。

肌のタイプについては先も話しましたが、自分の肌に合わせたスキンケアラインを使うことで充分に肌の整理はできます。

しかし30代からはやはりしわや弾力が落ちる時期なため、保湿力が高い化粧水やしわ改善の効果が入っている弾力ラインなどをおすすめします。

40~50代が使うには?

この時期は弾力が減りしわができやすい時期なだけに、しわ改善のラインが一番なんです。

一番有名なのは再生能力があるといわれる、カタツムリクリーム!

カタツムリはしわの改善と弾力、再生効果があってしわはもちろん肌のトーンまでケアすることができます。

目指すのはお肌美人!

年齢がどうであれ、女性ならお肌が気になる方が多いのではないでしょうか?
しかし、自分の肌のタイプや合う物がなんなのか分からないままでは、ちゃんとしたケアはできません!
なので、こちらの内容を参考にしてぜひ美しいお肌美人に挑戦してみてくださいね♡

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧