ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.08.04

7904

美人は眉毛で決まるのです♡ナチュラルな眉毛の描き方、整え方

眉毛の整え方って意外と難しいですよね。 そして眉毛は顔の印象を決める重要パーツのひとつ。 ちょっと整えようと思っただけでも、左右のバランスが悪くなってしまったということもあるのでは? 自分で思い通りの眉毛メイクができたら楽しいですよね♪ 今回は、眉毛の整え方と眉毛メイクの方法をご紹介します

必要な道具

ハサミ

眉カット用のハサミを使用しましょう。
先端がカーブしているタイプの方が眉山に沿ってカットしやすいのでおすすめです。
眉用のハサミは100円ショップなどでも購入できます。

コーム

眉毛の形を整えるときや、カットするときに眉ハサミとセットで使用します。
眉用のブラシでも問題ないですが、コームの方がカットしやすいので持っておくと便利です。

アイブロウペンシル

イメージしている眉の輪郭を予め描いておくことで、余分な毛をカットせずに済みます。
ある程度、眉毛の形を決めてからのカットがおすすめです。芯が尖っていると濃い色が消えにくいので、丸くすると良いでしょう。

毛抜き

ハサミなどではカットできなかった短い毛を取りたいときに毛抜きを使いましょう。
抜きすぎると肌を痛める原因となるので、注意が必要です。

眉毛の整え方

眉毛の形を決める

眉毛にはアーチ眉、細眉などいろいろな種類があります。
理想の眉の形はあるかもしれませんが、位置や太さなど自分に合った形を選ぶことでバランスが良くなるでしょう。

輪郭を描く

眉の輪郭を描いて形を確定しましょう。
そのままの状態でカットすると左右バラバラになる可能性が高いです。
輪郭は少し濃い目のペンシルで書くことで、カットするときに余分な毛と見分けがつきやすくなります。

コームで整える

眉毛が生えている流れに沿ってコームでとかします。
逆方向にとかしたり、とかさずそのままカットしたりすると、仕上がりにムラができていびつな形になってしまうので忘れずに行いましょう。

カットする

実際にカットするときは、余分な毛までカットしてしまわないように注意が必要です。
眉ハサミの先端部分を眉山に沿うようにカットします。
一気にカットすると失敗しやすいので鏡を見ながら慎重に行ってください。

眉毛メイクの方法

ペンシルで描き始める

ペンシルで眉上のラインを描いてから目尻までつなげます。
余分な毛があったらこの時点でカットしましょう。
さらに上眉のラインとつがるように下眉も描いていきます。

パウダーでぼかす

ペンシルで描いた輪郭の中をパウダーで埋めていきます。
埋めながらぼかすことで、ナチュラルな眉毛が完成です!眉マスカラを塗ると、眉毛のカラーを変えることができるのでおすすめ♡

オススメアイテム

アイブロウパウダーセット

アイブロウーとブラシがセットになっているタイプです。
コンパクトなので持ち運びにも便利で、急なメイク直しにも使える万能アイテム♪

一色ではなく何色か入っている方が色々なシーンで使えますよ。

アイブローコート

眉毛を滲みにくくし、ツヤ感をだしてくれる効果があるアイブローコート。
長時間メイク直しができないときに、眉毛が消えていたら…なんて心配を払拭させてくれますよ。

いかがでしたか?

眉毛の左右のバランスが違ったり、形がいびつだったりするだけで気分も上がらないですよね。
眉毛は形によって印象がガラッと変わる、重要パーツのひとつといえます。
眉毛整えるときはペンシルで輪郭を決めることで、失敗が少なくなり、描いた後もナチュラル眉に♡

ただ単にカットするのではなくちょっと手間を加えるだけで美人眉をつくることができるので、ぜひ挑戦してみてくださいね♪

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧