ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.11.28

1236

初心者さん向け!編み込みのやり方紹介します♡

ヘアアレンジの定番「編み込み」。 女性なら一度はやってみたいスタイルですよね。 難しそうに見えて、実はとても簡単! 基本の編み込みができると、お呼ばれスタイルも自分であっという間♡ 編み込みのコツを掴むだけでヘアアレンジの幅も広がります。 初心者さんでも安心! 簡単にできる編み込みの3ステップを伝授します。

1、3つの束に分ける

毛束を3分割しましょう

初心者さん向け!編み込みのやり方紹介します♡

髪の毛を適量取って3等分にします。量が多いと立体感のある華やかスタイルに、量が少ないとデイリーにも使えるシンプルスタイルに、それぞれアレンジ可能です。そのときのシーンによって量を調節しましょう。

2、1段目は三つ編み

編み込みは一段目がポイント

初心者さん向け!編み込みのやり方紹介します♡

3等分にした毛束を三つ編みと同じ要領で一段編みます。この作業を続けると通常の三つ編みです。一段目をキツめにしておくことで、ほどけにくくなります。 

3、下の毛をすくいながら

すくう髪の毛は少量で

右の毛束と右下に降りている毛をすくって、その毛を合わせて毛束に乗せます。左も同様に行い、この作業を毛先まで繰り返して完成です。すくう毛束の量は毛束1本分を目安にするときれいな編み目に♪

表編みと裏編みについて

表編みとは

表編みとは、通常の編み込みのことです。毛束の量で仕上がりの印象がガラッと変わります。編み込みを一か所でも取り入れるだけで、女性らしい華やかなヘアスタイルになるのでおすすめです。

定番表編み

ヘアアレンジ 結婚式 ロング ナチュラル ヘアスタイルや髪型の写真・画像
村上予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

全体をひとつにまとめたスタンダードな表編みです。ボリュームをだしたり、編み目を崩したりすることで、凝ったアレンジに見えます。初心者さんでバックの表編みが難しい場合はサイドで練習してみると良いでしょう。 

お呼ばれスタイル

表編みを取り入れたお呼ばれスタイルです。編み込でアップスタイルにするだけで、あっという間にパーティ仕様に。簡単にアレンジできるので急なお呼ばれにも。

デイリースタイル

くるりんぱ 編み込み ロング 二次会 ヘアスタイルや髪型の写真・画像
西川 敏夫予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

トレンドのくるりんぱと表編みをミックスさせたヘアアレンジ。トップにくるりんぱをして、その下にゆるめの編み込みをつくっています。ゆるめのアレンジがデイリースタイルにピッタリですね!

裏編みとは

裏編みは、編み目が立体的で、くっきりしているのが特徴です。最近は表編みと裏編みをミックスさせるアレンジがトレンド♪ 裏編みは華やかな雰囲気になるので、結婚式アレンジにピッタリです♡

定番裏編み

裏編みの定番スタイルです。シンプルなツインテールですが、グリッターラメを付けるだけで雰囲気が変わりますよ。裏編みのベースはそのままで、ラメのカラーを変えるなどアレンジ方法は様々です。

上級者アレンジ

編み込み 和装 アップスタイル ロング ヘアスタイルや髪型の写真・画像
木暮 一治 LE SALON予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

裏編みに慣れてきたら少しレベルアップしてみましょう。ロングヘアの人はこのようなアップスタイルに。編み方自体は基本と変わらないので、コツを掴めば誰でも取り入れることができますよ!

いかがでしたか?

編み込みは、たった3ステップのコツさえ掴めば、誰でも簡単にできます。初心者さんは毛束の量を少なめにして編み込みをすると、きれいな仕上がりに。基本の編み込みに慣れてきたら、裏編みにも挑戦してみましょう。裏編みは編み込みが立体的になるのが特徴なので、結婚式などのパーティーシーンなどに映えますよ。編み込みをマスターして、ヘアアレンジに取り入れてみましょう。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧