ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.11.20

1847

かきあげバングで色気ましまし!どの長さにもマッチするつくり方を紹介♡

前髪のスタイルもいろいろですが、かき上げバングも根強い人気があります。どんな長さにもよく似合いますし、その日の気分やファッションに合わせて自由自在にアレンジできるのもポイントです。かき上げバングのつくり方を紹介します!

ボブ~ロングまでかき上げバングが最強説

ハード系かき上げバング

どこにでもありそうなゆるふわロングでも、カラーを変えるだけで強めのかき上げバングになります。ハード系には外国人風カラーがおすすめです。

ナチュラルなかき上げバング

男子ウケがいい愛され系かき上げバングは、ナチュラルカラーがおすすめです!毛先はワンカールで手グシで整えれば、より自然な仕上がりになります♡

かき上げ前髪×無造作ウェーブ

ミディアムスタイルでもスタイル次第でいろんな雰囲気になります。オシャレな雰囲気にしたいときは、かき上げ前髪×無造作ウェーブがおすすめです。あえてルーズにかき上げましょう。

かき上げ前髪はどうやってキープ?

スタイリング剤がポイント

かきあげバングで色気ましまし!どの長さにもマッチするつくり方を紹介♡

かき上げバングをキープするには、スタイリング剤選びがポイントです。ジェルやハードスプレーはキープ力が高く、ワックスやムースはふんわり自然に仕上がります。

ベースづくりをしっかりと

かきあげバングで色気ましまし!どの長さにもマッチするつくり方を紹介♡

かき上げバングをきれいにつくるには、ベースづくりが鍵になります。ショートでもロングでも、分け目をジグザグにするだけでしっかりとした土台がつくれます。

温めたら冷ます

かきあげバングで色気ましまし!どの長さにもマッチするつくり方を紹介♡

ドライヤーで根元を立ち上げたら、必ず一回冷ましましょう。冷える時に形がキープされるので、ドライヤーは温風と冷風を交互に使うのがポイントです。

ドライヤーを使ったやり方とコツ

少し濡らしておく

かきあげバングで色気ましまし!どの長さにもマッチするつくり方を紹介♡

かき上げバングをつくる前に、前髪を少し濡らしておきます。前髪全体をしっかりと濡らすことでドライヤーを使う下準備が整います。スタイリング剤でもOKです。

逆方向に当てる

かきあげバングで色気ましまし!どの長さにもマッチするつくり方を紹介♡

ドライヤーを当てるときは、かき上げたい方向とは逆に当てていきます。そのあとに、かき上げたい方に流すことで、しっかり立ち上がります。こうすることでボリュームが出てスタイルをキープしやすくなります。

コテやカーラーを使ったやり方とコツ

コテで立ち上げる

かきあげバングで色気ましまし!どの長さにもマッチするつくり方を紹介♡

コテを使うときは、前髪を挟むだけでなく、挟んで立ち上げるようにするとふんわりと仕上がります。この方法なら短い前髪も、綺麗なかき上げバングになります。

カーラーも逆方向に

かきあげバングで色気ましまし!どの長さにもマッチするつくり方を紹介♡

カーラーでもかき上げバングがつくれます。このときカーラーを巻く方向はかき上げたい方向と逆にします。こうするとボリュームが出ます。ドライヤーをプラスするとキープしやすくなります。

かき上げバングで自由なアレンジを楽しもう♪

大人っぽい印象にも、大人可愛い印象にもなるのが、かき上げバングの魅力です。ナチュラルにも、コンサバにもなるかき上げバングのつくり方は覚えておくと、アレンジできるから便利です。意外と簡単だからぜひトライしてください。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧