ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2017.11.03

2216

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

白髪が気になる人にとって白髪染めはとても便利です。白髪染めの種類もいくつか選択肢がありますが、泡タイプは自宅でも手軽に染められるため人気となっています♪泡タイプの白髪染めについて、使い方や注意点をまとめます。

泡タイプの白髪染めの特徴とは?

泡タイプって何?

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

白髪染めにも種類があって、自宅でも手軽に白髪染めができることから泡タイプが人気となっています。その名の通り泡で白髪を染めていきます。

泡のメリット

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

泡タイプの白髪染めは、手袋をハメ手で染めるのが一般的です。手で直接髪に白髪染めをなじませていくので、染めにくいサイドや後ろ髪も均一に染まります。

泡のデメリット

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

メーカーによって配合されている成分の違いはありますが、化学薬品を使用しているので肌が弱い人は地肌に付くと炎症を起こす可能性があります。

一度でちゃんと染まるかどうか心配?

放置時間をチェック

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

説明書をよく読み、正しく使えば一度でも綺麗に白髪を染めることができます。放置時間が短過ぎるときちんと染まらないので、放置時間を守ってください。

温度をチェック

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

冬は気温が低いため、薬剤が冷えているとしっかりと混ざらないことがあります。使う前に暖房の効いている室温が高い場所に置き、薬剤が冷えないようにしておきます。

クシを使う

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

手袋をはめてシャンプーするようなイメージで染めていきますが、見えにくい部分はクシを使うと均一に馴染むので、仕上がりも綺麗になります♪

地肌への刺激やダメージは?

パッチテストをする

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

どんな白髪染めでも同じですが、肌質に関係なく使う前は毎回パッチテストをします。パッチテストをしておけば、肌トラブルなども防げます。

生理前後は避ける

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

生理前後はホルモンバランスが変わっているので、敏感になりやすい時期です。白髪染めでトラブルを起こしたことがない人も、敏感な時期は刺激が強くなるので避けます。

泡タイプ白髪染めのおすすめの使い方は?

最初は明るめにする

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

初めて白髪染めを使う場合は、イメージより少し明るめの色を選びます。イメージよりも黒く染まるので、必ずワントーンかツートーン明るめを選んでください。

白髪の量で色を変える

泡タイプの白髪染めが使えるらしい!その特徴や使い方について解説

全体的に白髪の量が多いと明るめに、白髪が少ないと暗めに染まります。白髪の量によっても選ぶカラーを変えるのがポイントと覚えておきましょう。

白髪染めは泡タイプが便利!

自宅で白髪染めをする場合、泡タイプが便利だと注目されています。鏡には映らない後ろ髪も綺麗に染められるメリットもありますが、使うにあたり注意点などもあります。メリットとデメリットをよく理解した上で使いましょう。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧