ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2018.06.26

7019

黒髪切りっぱなしボブで視線をクギづけ♡

バッサリカットしたような質感がオシャレな切りっぱなしボブ。黒髪の切りっぱなしボブは、抜け感があってオシャレ度高め♡前髪あり、なしで仕上がりが変わるので、前髪にこだわってみましょう♪今回は黒髪の切りっぱなしボブの魅力をお伝えします。

切りっぱなしボブってどんな髪型?失敗する原因は?

ざっくりカットしたような毛先が特徴

毛先をそろえ、ざっくりとカットしたような仕上がりが特徴の切りっぱなしボブ。こなれ感があり、注目度の高いヘアスタイルです。

髪の量が多い、硬いと失敗しやすい?

毛先を切りそろえるには、髪の量が多いと綺麗な仕上がりになりにくいのです。また、髪が固すぎるのも毛先がそろえにくい原因のひとつ。髪質については美容師さんと相談しましょう。

切りっぱなしボブで黒髪失敗しないためには

切りっぱなしボブで失敗しないためには、自分がなりたい髪型の画像などを美容師さんに見せて、しっかりとイメージを伝えましょう。また、髪質についてもあらかじめ伝えておき、髪質に合うようにカットしてもらうと失敗を避けられるでしょう。

くせ毛の人はストレートパーマをかけてカット

くせ毛でうねりがひどい人は、ストレートパーマをかけると毛先までストンとそろった綺麗な切りっぱなしボブになります。あえてくせ毛風パーマでくせ毛を生かすのもあり!

大人可愛い♡前髪あり黒髪切りっぱなしボブ

前髪も切りそろえてモードっぽい雰囲気♡

黒髪切りっぱなしボブのモード感を高めるのが、ぱっつん前髪。目力もアップして、アイメイクを印象的に見せる効果も期待できます。

ショートバングで個性的な切りっぱなしボブに

誰ともかぶらない髪型にしたいこだわり派の人は、大胆にカットしたショートバングがオススメ。ピュアな雰囲気で大人可愛さもあるボブです♪

前髪に束間をつくってシースルーバング風に

透け感のあるシースルーバングは、前髪に束間をつくるのがポイント。ソフトワックスを指先につけ、毛束をつくるように前髪をスタイリングしましょう。

ワイドバングで面長の輪郭をカバー

横に広く作るワイドバングは、顔の縦長ラインを目立たなくさせるので、面長フェイスにぴったり!ボブの横に広がる顔まわりの髪も、フェイスラインをスッキリ見せる効果があります♡

スッキリ小顔!前髪なし黒髪切りっぱなしボブ

かき上げバングで大人っぽ切りっぱなしボブ

ナチュラルな色気で大人っぽさを引き立てるかき上げバング。切りっぱなしボブに合わせれば、ラフな仕上がりで抜け感たっぷりのヘアスタイルに♪

前髪を長く下ろして丸顔カバーにも効果的

前髪を長くすれば、フェイスラインをカバーするように顔まわりにかかるので、スッキリ小顔効果が期待できますよ!大人っぽさもアップ♡

大人っぽさアップ♡センターパート×切りっぱなしボブ

フェイスラインの丸みが可愛らしい丸顔さんですが、スッキリ大人っぽく見せたいなら、前髪を長めにするのがオススメ。センターパートで落ち着いた大人の余裕を演出して♪

センス光る♡インナーカラー×黒髪切りっぱなしボブ

インナーカラーは忍ばせるのがオシャレ

内側にさりげなくベースの髪色に馴染むインナーカラーを入れれば、オフィスでも目立ちすぎない!こっそりオシャレを楽しめます♡

取り入れやすいブラウンなら派手すぎない

個性的すぎず、さりげなくオシャレに見せたいなら、ブラウンのインナーカラーがオススメ。カジュアルに仕上がるので、シンプルなファッションにも合わせやすいですよ!

明るいカラーもさりげなくプラスすればオシャレ

明るいカラーを取り入れると、ハイセンスでひと目置かれる個性的なヘアに♪耳かけしたときにチラッと見える位置に入れると派手すぎない!

インナーカラーを入れたら耳かけで色をアピール

切りっぱなしボブのインナーカラースタイルには、耳かけアレンジがぴったり!色をアピールするのはもちろん、ピアスやイヤリングをつければもっとオシャレ♡

切りっぱなしボブは黒髪、インナーカラーでオシャレ度アップ!

切りっぱなしボブは、黒髪でナチュラルに仕上げて抜け感を楽しんだり、インナーカラーで個性をアピールしたりと、色々なデザインがあります。普通のボブじゃ物足りない、もっとオシャレになりたい!そんなこだわり女子にぴったりの髪型です♡

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧