ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2018.09.05

41

プチプラでおすすめのボディパウダー7選!目指せサラサラ美肌

全身に使用できるボディパウダーは、プチプラでも汗をおさえたり肌をサラサラに保ったりという効果を期待できるものがよいですよね。使いやすく、サラサラ感が続くプチプラのおすすめボディパウダーをご紹介します。

汗をおさえたり、香りを楽しんだりとさまざまな製品があるボディパウダー。バラエティ豊かだからこそ、期待できる効果をしっかりチェックしたうえで、賢く選びたいですよね。 今回は、肌のベタつきをおさえて毎日の生活で役立つ、おすすめボディパウダーを紹介します♪特にプチプラのものを厳選しているので、今までボディパウダーを使ったことがないという方にもおすすめです。

ボディパウダーに期待できる効果

ボディパウダーには、ラメを配合して肌をより美しく見せるものや、香りを楽しむものなど、さまざまな特徴を持ったものがあります。その中で、特に夏の暑い時期を中心に活躍するのが、汗を吸収してサラサラの肌を保ってくれるボディパウダーです♪

汗はベタつきが気になるだけでなく、そのまま肌に残るといやなニオイの原因となったり、肌荒れの原因にもなったりします。

パウダーでおさえることで、気持ちのよいサラサラ素肌をキープするのに役立ちます。 ボディパウダーには、大人用のもののほか、赤ちゃんの肌に使うベビーパウダーもあります。もちろん、大人でも使えるので、特に肌の敏感な方などはベビーパウダーを試してみるとよいかもしれません☆

プチプラ限定!おすすめボディパウダー7選

資生堂

レシピスト|さらっと美肌のボディパウダー (ローズの香り)

さらっと美肌のボディパウダー

HAIR編集部

詳しくはこちら

590円(税込)|販売価格(編集部調べ)

10g|内容量

パフの中にパウダーが入っているので、簡易なパッケージですが使いやすいさは◎肌なじみもよく、サッと汗やベタつきを抑えてくれます。この夏限定で専用のボディパウダーケースが付いてくるキャンペーン中!

詳しくはこちら

おすすめの理由
資生堂のボディパウダーの香りは、安っぽさがなくてほんとにイイですね…。他の商品と比べてもはっきりわかる!こちらはローズに、石けんのようなやわらかい香りがふんわりに包まれるます♪香水のようにキツイ感じは全くないです。男性と急接近したときに、トドメのフレグランスとしても最高です☆

imageHAIR編集部

資生堂

レシピスト|さらっと美肌のボディパウダー (無香料)

さらっと美肌のボディパウダー

HAIR編集部

詳しくはこちら

590円(税込)|販売価格(編集部調べ)

10g|内容量

パフの中にパウダーが入っているので、簡易なパッケージですが使いやすいさは◎肌なじみもよく、サッと汗やベタつきを抑えてくれます。この夏限定で専用のボディパウダーケースが付いてくるキャンペーン中!

詳しくはこちら

おすすめの理由
こちらは無香料タイプ。パフから程よくパウダーが出て、そのまま肌にのばせるのがイイですね。肌のトーンアップをしながら、サラサラ&スベスベの感触に仕上げてくれます☆期間限定のケースが可愛いくて使いやすいので、無くなる前にゲットしたいところ!

imageHAIR編集部

カネボウ化粧品

サラ|ボディパフパウダー N UV(サラの香り)

ボディパフパウダー

HAIR編集部

詳しくはこちら

1,296円(税込)|販売価格(編集部調べ)

40g|内容量

SPF20・PA++

汗ばむ肌、ベタつく肌、くすんだ肌も…これひとつで解決&対策できる♪「ホワイトクリアパウダー」、ベタつく肌もサラッと仕上げる「皮脂吸着パウダー」を配合。他の日焼け止めとあわせて使えばUV対策もワンランクUP!

詳しくはこちら

おすすめの理由
フタを開けたときの香りは「ちょっと芳香剤っぽいかも?」と思ったけど、失礼しました…肌に伸ばしたらイイ感じのフローラルの香り!ふんわりと香水をまとったような品のある香りに包まれます☆肌のトーンもパッと明るくなるし、肌なじみも文句なしで良いです。今回は「サラの香り」を試しました!スウィートローズの香りも期待できそうですね。

imageHAIR編集部

コスメ・プランニング

ママラボ|ベビーパウダー

HAIR編集部

詳しくはこちら

1,080円(税込)|販売価格(編集部調べ)

15g|内容量

保湿成分配合で「ふわサラ」の肌になれる♪なんといっても特徴はパフ一体型容器の使いやすさ!コンパクトなサイズながら約1000パフ分も使えます。子どものボディケアはもちろん、大人だって常備したくなるパウダー!

詳しくはこちら

おすすめの理由
キャップを外して、すぐポンポンできる♪パフと本体が一体になったデザインで、はたくたびに内側からパウダーが出てきます。これだと片手で簡単につけられて便利なんですよね☆大きめのバッグなら持ち歩けるので、外で汗をかいちゃった肌をサラッとさせたいときに常備したい!甘めの香りもGOODですね。

imageHAIR編集部

メイクアップ

グレースコールブティック|タルカムパウダー リリー&ヴァーベナ

タルカムパウダー

HAIR編集部

詳しくはこちら

1,512円(税込)|販売価格(編集部調べ)

200g|内容量

イギリス発のボディケア化粧品のボディパウダー。お風呂上りのほてった肌を、サラッと爽快に仕上げてくれる!汗やニオイが気になるような日のデート前にもふわっとつけるとイイ感じのボディメイク&香りの演出ができます♪

詳しくはこちら

おすすめの理由
ボディパウダーって、なくてもイイと思ってましたが、サラサラ&すべすべの肌触りが気持ちイイ♪しかも、ほんのり肌のトーンも明るく、なめらかな見た目に…!何よりふんわりと漂う香りが絶妙で、安っぽさがない&香水を使うよりもナチュラルな感じなので、薄着をするシーズンにマストかも…!使うときは、別容器に入れてパフで塗るのがおすすめ。海外コスメのパッケージもかわいい♪

imageHAIR編集部

ジョンソン・エンド・ジョンソン

ジョンソン®|ベビーパウダー 微香性

ベビーパウダー

HAIR編集部

詳しくはこちら

245円(税込)|販売価格(編集部調べ)

140g|内容量

ベビーパウダーの定番!赤ちゃんのボディケアだけでなく、大人のボディケアやメイクでも活用されることが多いアイテム。品質・実績・プチプラを極めるなら、ジョンソンのベビーパウダーはマストアイテムです!

詳しくはこちら

おすすめの理由
本来は赤ちゃんや子どものボディケアに使用するのが目的ですが、ファンデーションやフェイスパウダーとして活用する人も多いベビーパウダー。メイク目的のパウダーではないので、人によっては毛穴詰まりを起こしてニキビになる場合があるので使いすぎには注意!だけど、お出かけ前のシャワー後や汗ばんだ肌を押さえるときには超便利です♪

imageHAIR編集部

資生堂

モア|ファンシーパウダー

ファンシーパウダー

HAIR編集部

詳しくはこちら

1,620円(税込)|販売価格(編集部調べ)

40g|内容量

もっとロマンチックに、もっと愛されたい!そんなメッセージにぴったりな、男性ウケ◎の香りを放つボディパウダー。肌のトーンアップがないので使いやすく、汗をおさえてスベスベの肌を演出。この値段とは思えないクオリティです!

詳しくはこちら

おすすめの理由
モアのパウダーは、ちょっとレトロなイメージを抱いてましたが…香りの良さがダントツで良い!フローラルでムスキーなやさしさと品のある香りで、全く安っぽくない!厚めに塗るよりも、ふわっと香る感じでつけるとラグジュアリーな印象になります♪仕事やプライベートなど、シーンを選ばずに使えそう。さすがロングセラー!

imageHAIR編集部

プチプラでもこだわりたい!ボディパウダー選びのポイント3つ

ボディパウダーは、上記でご紹介したもの以外にもさまざまなものがあります。その中で、自分に合うものをどのように選ぶとよいのでしょうか?

形状で選ぶ

ボディパウダーには、成分や香りだけでなく形の違いもあります。

  • ケースに入ったパウダーを付属のパフで都度とってつけるタイプ
  • パフがなく、手に取ったり手持ちのパフにつけたりして使用するタイプ
  • パウダーとパフが一体になったタイプ

など 自分が使いやすい形のものを選ぶと、毎日の生活にとり入れやすいでしょう!

好みの香りで選ぶ

パウダーをつけた後の感触や香りの強さも製品によって異なります。また、ボディパウダーは香りがついているイメージがありますが、無香料のものも出てきています。サラサラ感はほしいけれど人工的な香りが苦手、という方は、無香料のものがおすすめです!

もし、お試しができるようであれば実際に香りやつけ心地をチェックして選ぶようにしましょう☆

顔にも使用できるものを選ぶのも

ボディパウダーは基本的に身体につけるものですが、中には顔にも使用できるものがあります。メイク後の仕上げに使用することで、フェイスパウダーのようにテカリやベタつきをおさえる効果が期待できるでしょう。なお、特に顔に使用する場合は吸い込まないように注意してください。

ボディパウダーのよさを引き出す使い方♪

身体のサラサラ感を保つボディパウダーは、どのように使うとよいのでしょうか?

使うタイミング

使うタイミングは、肌が清潔なときがおすすめ。お風呂上りや外出前などに、汗や水分をふき取ってから使用するとよいでしょう。 特に、制汗成分を配合したパウダーは、汗をかく前に使用することで汗によるいやなニオイなどを抑える効果もしっかり発揮できます。

ボディクリームや日焼け止めを使用した後、ベタつきが気になるときに使用するのもおすすめ☆なお、肌がしめっているとパウダーが広がりにくくなるため、ボディパウダーをつける部位をよくふいてからつけるようにしましょう!

パウダーのつけ方

パフとパウダーが別になっている場合は、パフに軽くパウダーを取り、パフを軽くもんでパウダーを広げてから使用します。パフとパウダーが一体型になっている場合は、そのまま使用してもOK。 ポンポンとはたくように使ってもよいですが、パウダーが一体になっているものの中には、肌をすべらせるだけでもパウダーを広げられるものもあります。

パウダーは全身につけてもよいですが、ひじの内側やひざの裏など、汗をかきやすい部位だけにつけるのもGOOD。また、全身につけながらも汗をかきやすい部位を重ねづけするのもよいでしょう☆

まとめ

ボディパウダーは、お風呂上りの肌をサラッと仕上げるためのものというイメージがあるかもしれません。しかし、今では制汗成分やUVカット成分が配合されたものなど、パウダーの機能のバリエーションが豊かになっています。また、香りも香水のように楽しめるものから無香料のものまでさまざまです。 肌のベタつきをおさえ、キメ細かい肌を演出できるボディパウダーは、使って初めて、そのよさがわかったと言う方も多いようです。

今までボディパウダーを使ったことがないという方も、今回紹介したプチプラでも効果を期待できるパウダーからとり入れてみてはいかがでしょうか?

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

関連記事

カテゴリ