ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2023.09.23

73120

美容院は何分前に行くのが正解?知っておきたいサロンのマナー

完全予約制であることがほとんどで、決まった時間に訪問することが必要な美容院。早く行きすぎても待たないといけないし、かといって遅れていくのはNG。何分前に行くのが正解なのでしょうか?今回は、美容院に関するマナーについてご紹介します。

美容院は何分前に行けばいい?

結論は5~10分前がベスト!

美容院への訪問、いつがベストなのか気になりますよね。答えはシンプル、5~10分前に到着するのがおすすめ!遅刻やギリギリの到着は避けたいもの。でも、ちょうど予約時間に到着するのも微妙。スムーズに施術をスタートさせるためには、少し早めに受付を済ませることが大切です。だから、ちょっと早めの5~10分前に美容院に到着して、リラックスしながら待つのがベストなんです。 

早すぎると前のお客さんやスタッフのプレッシャーに

早すぎると前のお客さんやスタッフのプレッシャーに

美容院に早めに到着するのは良いことだけど、ちょっと早すぎるのも考えもの。なんと、早く行きすぎると、まだ施術中のお客さんや頑張っているスタッフにちょっぴりプレッシャーを感じさせてしまうかも。みんな、予約時間をフルに使って、最高の施術を受けているから、早く来たからといって、自分の番が早く来るわけじゃないんです。だから、ちょうど良いタイミングでの到着を心がけて、みんなが気持ちよく過ごせる美容院タイムを楽しみましょう! 

小規模サロンだと待合スペースが足りなくなることも

小規模サロンだと待合スペースが足りなくなることも

美容院の待合スペース、意外と大切ですよね。施術を待っているお客さん、会計を待っているお客さん、そしてお友達や家族を待っているお客さん。みんながリラックスして待てるスペースが欲しい!でも、大きなサロンなら座る場所に困ることは少ないけど、小さなサロンだと…ちょっと待合スペースがピンチ!座る場所がなくて立ちっぱなし、なんてことも。だから、小さなサロンを選ぶときは、待合スペースのこともチェックして、快適なサロンタイムを過ごしましょう! 

広いサロンでも早くて15分前

広いサロンでも早くて15分前

広いサロンだからといって、超早めに到着しても大丈夫だと思っているあなた、ちょっと待って!確かに、広いサロンは待合スペースもたっぷりあるかもしれないけど、到着は早くても15分前がおすすめ。なぜなら、それよりも早く到着すると、サロンのスタッフや他のお客さんにちょっぴりプレッシャーをかけてしまうことがあるから。ちょうど良いタイミングでの到着を心がけて、サロンでの時間を最高に楽しんでくださいね! 

遅刻はもちろん厳禁!

遅刻はもちろん厳禁!

サロンも美容師さんも、予約時間に合わせて仕事の準備をしています。遅刻することのないようにしましょう。遅れて施術が始まった場合、施術のリクエストに全て答えることが難しくなります。例えば、カットとカラーを希望していたのに、時間が足りなくてカットだけ…なんてことも。だから、予定の時間にピッタリ、もしくはちょっと早めに到着して、最高のビューティータイムを楽しんでくださいね! 

やむを得ず遅れるときは必ず一報を

やむを得ず遅れるときは必ず一報を

どうしても遅れてしまうときは、必ずサロンに連絡をいれましょう。サロンにちょっとした一言を伝えるだけで、すごく違うんです!「ちょっと遅れそうです!」という一報が、お互いの気持ちをスムーズにするマジックワード。事情によっては、今回はキャンセルで次回予約を取ってもらえるということもあります。だから、遅れるときは、その一言を忘れずに、気持ちよくサロンタイムを過ごしましょう! 

無連絡の遅刻はキャンセル扱いになるケースも

無連絡の遅刻はキャンセル扱いになるケースも

遅刻するとき、連絡を忘れるとちょっとヤバいかも。なんと、無連絡での遅刻は、キャンセルとみなされることもあるんです!多くのサロンで、15分以上遅れるとキャンセルとなることも。連絡をしていればキャンセル扱いにはならないことがあるので、遅刻するときは必ず連絡するようにしましょう。

美容院に行くときに気をつけたいマナー

パーカーは避ける

美容院に行くときの格好として、パーカーはあまりよくありません。フードが施術の際に邪魔になるからです。特にジッパー付きのパーカーは、施術の間はサクッと脱いでスタッフにお願いするのがベスト。オシャレも大切だけど、スムーズな施術のためにも、ちょっとしたマナーを守って、最高のビューティータイムを楽しんでくださいね! 

首元の詰まった服もできたら避ける

首元の詰まった服もできたら避ける

首元の詰まった服も同様です。ワイシャツやタートルネックなどは避けましょう。タオルを巻くのが難しくなったり、カラーやパーマの時に薬剤がついちゃうことも。だから、首元スッキリの服で、スムーズに施術を受けて、美容院タイムをもっと楽しんでみませんか?オシャレも大切だけど、ちょっとした工夫で最高の時間を! 

高価な服を着ていかない

高価なアイテムやお気に入りの服は美容院では控えめがベスト。シャンプーや薬剤の使用時に、予期せぬ汚れのリスクがあるからです。ススタッフも自分も気を遣ってしまうような服は、美容院に向いていません。気軽に施術を楽しむために、シンプルな服装を選ぶのがおすすめです。安心して施術を受けられる服装で、リフレッシュの時間を満喫しましょう。 

ピアスやネックレスは外す

ピアスやネックレスは外す

施術中はピアスはネックレスを外しましょう。外してと言われないことも多いですが、事前に外しておいた方がスムーズです。特にカラーリング時、ピアスに薬剤が触れると、意外と色が変わっちゃうことも。ネックレスは、シャンプー時の水しぶきのリスクも。だから、アクセサリーを外して心地よい美容院タイムを楽しんで。 

子連れの場合は事前に確認

子連れの場合は事前に確認

お子さまを連れて美容院にいく際は、予め美容院に確認を取るのがいいでしょう。特に、待合スペースでの待ち時間が気になる場合、スタッフがちょっと目を配ってくれるか、施術中にお子さまが隣で待てる場所があるか確認すると安心。直前に申し出た場合これらの対応ができないことがあるので、お子さまのためにも事前に連絡をしておくと良いでしょう。 

スタイリング剤はつけずに行くほうがスムーズ

スタイリング剤はつけずに行くほうがスムーズ

美容院に行く前のヘアセット、テンション上がるけど、ワックスやジェルはちょっと控えめがベスト。なぜなら、施術開始前にはそれらを洗い流すことになるから。さらに、スタイリング剤がついていると、スタッフがあなたの髪の本来の状態をしっかりチェックできないことも。だから、美容院タイムをもっとスムーズに楽しむために、スタイリング剤は美容院前にはちょっとお休みして、自然な髪の状態で行くのがおすすめですよ! 

予約時間に行っても待たされる場合の原因

大手チェーン店などに多い

大手チェーン店などでは予約を多数持っていることが多いため、予約時間に行っても待たされることがあります。少し待たなければいけないことも考慮しましょう。

元々の予約受け入れ人数が多い

元々の予約受け入れ人数が多い

予約の受け入れ人数が多いところでは、お客さん一人ひとりの対応に時間がかかってしまうため、予約時間に始まらないということも。お客さん一人ひとりにしっかりと時間をかけて対応するため、スタートがちょっと遅れることもあるんです。でも、その待ち時間、実はそのお店の人気の証。だから、多少は待つ覚悟をしていきましょう。人気店の魅力、待ってでも体験したいですよね! 

前のお客さんが予定通りに終わらない

前のお客さんが予定通りに終わらない

美容院での待ち時間、時々前のお客さんの施術が原因だったりするんです。例えば、カラーが思ったより時間を要したり、ちょっとしたトラブルが発生したり。でも、そんな時、焦らずスタッフに状況を尋ねてみて。必要なら、担当者を変えてもらうこともアリ。美容院はリラックスして過ごしたい場所。だから、ちょっとした待ち時間もフレンドリーに対応して、心地よい時間を過ごしてみませんか?アクシデントも、笑顔で乗り越えるのがベストですよ! 

タイムリミットを伝えておくと効果的

開始時間が遅れたことにより終了時間が延びることもあるため、予約時に「実は○時までには終わらせてほしいんです!」とタイムリミットを伝えておくと効果的です。何かしらのトラブルが起きた場合も、タイムリミットに間に合うようにサロン側で臨機応変に対応してくれることがあります。ちょっとした気配りで、美容院タイムも次の予定もスムーズに過ごせるかも! 

自分もお店側もノンストレスを目指そう

美容院、それはリラックスと変身の場所。でも、その時間を最高にするためには、ちょっとしたマナーが大切。時間をしっかり守って、ファッションも気をつけることで、あなたもスタッフも最高の気分で過ごせるんです。だから、ちょっとした心がけで、美容院タイムをもっと楽しく、もっと特別なものにしませんか?お互いに笑顔で、最高の時間を作り出そう!

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧