ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.06.21

3827

【はじめてのエクステ】種類や色について詳しく解説!どんなものがあるの?

髪を長く見せるためやワンポイントとしてなど、さまざまな楽しみ方のあるエクステ。エクステには多種多様な種類や色があり、その使い方はさまざまです。しかし初めてエクステを使う際、その種類の多さからどれを使えばいいのか迷ってしまいがち。そこで今回はエクステの種類や色を詳しくご紹介します。

エクステとは?

エクステの特徴

一般的にエクステとは髪につける毛束のことを指しますが、その施術自体のことを指すこともあります。エクステの持ちは種類や地毛の髪質により変わってきますが、平均で1〜3カ月と言われています。エクステが絡みやすくなってきたら替え時です。

 

どんなときに使う?

エクステにはさまざまな楽しみ方があります。特に多いのは、ショートなどの短めの髪にエクステをつけてロングヘアにする楽しみ方です。また、地毛とは大きく異なる色のエクステを一部につけて、ワンポイントとして楽しむこともできます。

 

エクステの種類

シールエクステ

シールエクステとはその名の通り、装着部分がシールになっており、セルフでも簡単に付け外しが可能なエクステです。さらに最も自然に地毛と馴染むため、前髪などにも付けることが可能です。しかし、あくまでもシールのため取れやすい場合があります。粘着力の高い製品を選ぶことが大切です。

 

超音波エクステ

最もスピーディーに付けたいときにおすすめのエクステです。超音波エクステは専用の機械を使用し、ケラチンやボンドを溶かして地毛と装着していきます。専用の機械を使用するためセルフでは不可能で、美容院や専門店で施術してもらう必要があります。

 

プルエクステ

専用の特殊な紐を使い、地毛に直接付けていくプルエクステ。超音波エクステ程ではありませんが、比較的スピーディに取り付けることができます。髪にしっかりと付けることができるため、エクステの扱いに慣れていない人におすすめです。

 

チップエクステ

コストも時間も削減したい人におすすめのエクステです。チップはアルミ製もしくはプラスチック製のリングで、リングにエクステと地毛を通してボンドで接着していきます。セルフでも行うことができ、手軽にエクステを付けることが可能です。

 

編み込みエクステ

最も一般的なエクステが編み込みエクステです。編み込みエクステは地毛とエクステを編み込みながら装着していきます。装着部分に糸ゴムを使用するため持ちが良く、糸ゴムが切れてしまった場合でもセルフで簡単に外すことができます。

 

シリコンキャップエクステ

ハイライト モード エクステ 渋谷系 ヘアスタイルや髪型の写真・画像
市原由貴/SKY Resort予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

直径3mmほどのシリコン製のビーズに地毛とエクステを通して固定するエクステです。ボンドなどを使用しないため髪へのダメージが少ないほか、簡単に付け外しを行うことができます。地毛とナチュラルに馴染みます。

 

ワンタッチエクステ

ワンタッチで留めるだけで付けることができるワンタッチエクステ。ワンデータイプのため、1日だけエクステをつけたい場合などにおすすめです。付け外しは簡単ですが、その分取れやすいため取り扱いには注意が必要です。他のエクステに比べて最もカラーバリエーションが豊富で、コスパも抜群です。

 

エクステの色

バリエーション豊富

エクステのカラーバリエーションは豊富で、自分の好みの色を見つけることができます。とくにワンタッチエクステは、他のエクステには無いカラーも多くあります。地毛と同じ色を合わせたり、グラデーションカラーにしたりと、カラーが選び放題なのもエクステの魅力です。

 

サロンによってラインナップが異なる

市販のものの場合ではお店によって種類やカラーの取り扱いが異なります。サロンの場合も同様で、それぞれでラインナップが異なります。一部のサロンでは、ホームページからラインナップが確認できますので、事前に確認しておくのもおすすめです。

 

色落ちしない

エクステには、ショートからすぐにロングヘアになれたり、気分に合わせてカラーを手軽に変えられるといった魅力があります。しかし最大の魅力は色落ちしないことです。髪を染めると持ちの良し悪しはありますが、必ず色落ちしてしまいます。しかしエクステならその心配がありません。

 

エクステのヘアカタログ

ピンクのインナーカラー

ピンク系のヘアカラーは色落ちが早く、すぐに黄色っぽくなります。しかしピンクのエクステを使って色落ちを防ぐことができます。ピンクのインナーカラーは、女の子らしい印象を与え、顔周りが華やかに見えます。

 

ブロンドのインナーカラー

ブロンドのインナーカラーは外国人風のこなれた雰囲気になります。特にブラウン系のヘアカラーと相性抜群です。インナーカラーをエクステで入れる際には、最も地毛と馴染みの良いシールエクステがおすすめです。

 

ナチュラルなベージュ

先ほどお店によってカラーラインナップが異なると述べましたが、比較的取り扱いされていることが多いベージュ。ナチュラルなベージュは、ベージュ系に染めた地毛にきれいに馴染み、ロングヘアにしたい場合などに使用されることが多いです。

 

フェミニンなカラーのエクステ

フェミニンなカラーのエクステは、ふんわりと優しい雰囲気になります。ロングヘアにもインナーカラーにもグラデーションカラーにも使える万能なカラーです。

 

ホワイトのバレイヤージュ

「バレイヤージュ」とは、髪の表面にのみハイライトカラーを入れることを指し、髪に立体感をつくることができます。ハイライトカラーはブリーチすることで、きれいに発色しますが、ブリーチは髪に大きなダメージを与えます。そのためエクステを使うことで、髪へのダメージを無くすことができます。

 

2色以上をミックス

エクステは単色で使うだけではなく、ミックスして使うこともできます。2色以上をミックスさせることで、個性的で周りと差をつけることができます。似たカラーをミックスしてグラデーション風にしたり、全く違うカラーをミックスしたりと、さまざまなミックスがあります。

 

ナチュラルなグラデーション

グラデーションカラーもエクステなら髪にダメージを与えることなく、手軽に楽しむことができます。グラデーションカラーを入れることで、髪に立体感が出て外国人風のこなれ感を演出できます。

 

派手髪グラデーション

派手髪グラデーションも簡単にできるのがエクステです。明るめのカラーのグラデーションを入れることで、一気に垢抜けた雰囲気になります。ピンク系やブルー系といった明るめのカラーは、お店によって取り扱っていない場合があります。

 

エクステで簡単にイメチェン♡

エクステなら簡単にイメチェンすることができます。さまざまな施術方法がありますので、自分に合った施術方法で手軽にイメチェンを楽しんでください。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧