ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2020.09.01

4608

【メンズ】自宅でメンズパーマ!セルフでパーマをかけるメリットややり方を解説

メンズにおすすめの自宅でできるセルフパーマについてご紹介したいと思います。セルフでパーマをかける具体的な方法や、メリット・デメリットを合わせて解説していきます。イメチェンしたい方は、是非参考にしてください。

自宅でパーマをかけてみよう!

セルフでパーマができる!?

美容院に行かなくても、自宅で簡単にセルフパーマが楽しめるパーマキットがあるのをご存知でしょうか。ロッドの巻き方や液の付け方など注意すべき点はありますが、コツを覚えれば自宅で簡単にパーマヘアを楽しめます。

 

髪が短いメンズだからこそ可能

毛先が短いメンズだからこそ、ロッドに巻く髪も少なく楽しめます。今流行の襟足を残した、ルーズなマッシュヘアがおすすめです。

 

自宅でパーマをかけるメリット

安く済む

通常、美容院でパーマをかけると5000~7000円ほどかかります。カット代も別にかかるので1万円以上しますが、セルフパーマなら1000円以下で楽しむことができるので、とても安い費用で楽しめます。

 

自分の加減で調節できる

パーマをきつくかけたり、ゆるっとしたふんわり感を出したい、といった場合にも自分の好みの加減で調節できる点もセルフパーマならではのメリットです。

 

慣れれば1時間でできる

最初はどうしても慣れていないので時間がかかりますが、慣れてくれば髪をロッドに巻き付けてカールさせるまで1時間ほどでできるようになります。美容室に行くと2時間くらいかかるので、時間短縮にもなります。

 

自宅でパーマをかけるデメリット

慣れるまでが大変

前だけでなく、後ろやサイドのバランスを考えながら髪をロッドに巻き付けなければなりません。慣れないうちは、この作業にとても時間がかかり手間がかかってしまうのです。

 

失敗リスクが高い

パーマをかける時に、ロッドに髪を巻き付けてクセをつけていくのですが、このロッドの配置がとても難しいのです。また時間を置きすぎると、カールがかかりすぎてナチュラルな仕上りにならない、といった失敗リスクが高いというデメリットがあります。

 

慣れていないと時間がかかる

最初は、慣れていないので髪をロッドに巻き付けるだけでもかなり時間がかかります。毛束の量の違いで、パーマの雰囲気が全く別のものになることもあり、適量を考えながらパーマを充てていくため、非常に手間がかかってしまいます。

 

自宅でのパーマに必要な物

パーマ液

自宅でできるセルフパーマ液が売っています。ウェーブ用と、カラーをして髪が傷んでいる人向けの大きく二種類があり、値段は400~500円、高くても1000円以下で購入することができます。

 

ロットとペーパー

ロッドとペーパーは、パーマをかける時に髪を巻いてクセづけする時に使います。ロッドには様々な太さがあるので注意しながら選びましょう。ペーパーは、パーマ専用のペーパーを用意してください。

 

輪ゴム

髪をロッドに巻き付ける時と、頭にタオルを巻いてとめる時に使います。パーマ液とセットになっているものもありますが、ない場合は一般的な16号の輪ゴムを用意しましょう。

 

霧吹き

ロッドに髪を巻く時に髪を濡らします。パーマをかける前に一気に濡らす方法もありますが、ロッドに巻き付ける時に時間がかかり、乾いてしまうので途中で切り吹きで髪を濡らすために使います。

 

コーム

ロッドに巻き付ける前に髪をとかして揃えてから巻かないと、パーマのかかりも均一にならないのでコームは必須アイテムです。リングコームのように目が細かいコームがおすすめです。

 

スティックピン

スティックピンは、パーマをかける時に髪に輪ゴムの跡がつかないように。ロッドの輪ゴムの間に挟んで使います。だいたいピン1本でロッド2~3本分なので、10本ほどあれば大丈夫です。

 

タオルとラップ

タオルは、垂れてきたパーマ液が肩にかかったりするのを防ぐのに使います。また途中でタオルを交換するので4枚くらい準備しておくと安心です。ラップはヘアキャップの変わりに使うので、大きめのものを用意しましょう。

 

自宅でできるメンズパーマのかけ方

ロットを巻く

霧吹きで髪全体を濡らし、適当に毛束をとりロッドに巻き付けていきます。途中でペーパーをはさみながら、バランスよく巻いていきましょう。

 

1剤を塗布

髪をロッドに巻き付けたら、パーマ液1剤をロッドに塗布します。パーマ液によっておく時間が異なるので、よく確認しましょう。

 

優しく洗い流す

テストカールをしてカールがかかったら、ロッドを一本ずつ丁寧に外し、シャワーをかけて1剤を綺麗に洗い流します。

 

2剤を塗布

タオルを巻きなおして、2剤を髪全体に塗布していきます。1剤とは異なり、2回に分けて塗布していきます。

 

しっかり洗い流し、乾かす

十分に時間を置いたら、2剤をしっかりとシャワーで洗い流し、ドライヤーで乾かしたら完成です。

 

自宅でセルフパーマしてみよう

慣れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、好きな時に安く試せるセルフパーマを是非挑戦してみましょう。

 

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧