ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.01.15

1235

最後の仕上げで「質感」自由自在♡あなたに合っているのはどれ?

質感にこだわればヘアスタイルの可能性が無限大!今回は、定番人気のウェットスタイリングから、無造作感を出しやすいドライスタイリング、ツヤが引き立つマット系スタイリングの方法、コツを解説します。

どの質感ヘアに挑戦してみる?

定番人気「ウェットヘア」

定番人気「ウェットヘア」 タカトリミキ/ Neolive CiroL.Neolive CiroL.
タカトリミキ/Neolive CiroL.予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

ウェットヘアはツヤと毛束感作りにぴったり。スタイリング用のオイルを髪の中間から毛先までなじませます。トップにつけるとべったりとした仕上がりになりやすいので、トップ部分は手に余ったオイルを軽く内側になじませる程度でOK。

 

「ドライヘア」で少年風に

「ドライヘア」で少年風に 木下 茉里奈The Ect
木下 茉里奈/The Ect予約問い合わせ電話予約ヘアカタログを見る

※新型コロナウイルス感染拡大を受け、営業状況が異なる場合がございます。スタイリストにご確認ください。

ドライスタイリングは、手とドライヤーでハンドブローをして仕上げます。ブラシではなく手を使うことで、無造作なドライ質感を出しやすくなります。コツは下から上に髪を持ち上げるようにブローすること!

 

「マットヘア」でしっかりめに

ドライな中にツヤ感があるマットスタイリングは、マット系ワックスを全体になじませて作ります。ツヤが引き立つ暗髪カラーの髪型や、スタイリングしにくい細い髪質や軟毛の人におすすめです。

 

質感自由自在!今試したいこなれヘアスタイリング

ツヤと毛束感を出すウェット、無造作感を出すドライ、そしてツヤ出しのマット。ヘアスタイルの質感によって与える印象が変わるので、髪の長さやカラーを変えずにイメチェンしたい方はぜひお試しください!

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧