ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.07.15

「絶対に似合わないヘアスタイルやカラーリングにはさせない」自分が念頭に置いていることです。

あなたは、自分の担当スタイリストのことを、どのくらい知っていますか?
スタイリストが普段話さないような、嬉しかったことや苦労したことなどを、日本全国のスタイリストにインタビューするコーナー。
あなたの大切な髪を任せる人だから、一生大切にできるパートナーを見つけてほしい。
「あなたのストーリーを教えて下さい。」

得意スタイル3選!

揺れるニュアンスボブ

重くなりがちなボブを、ランダムなニュアンスを出して軽やかに仕上げています。 硬毛の方以外であれば似合わせやすいですが、ボリュームの出やすい方や出にくい方に合わせて、それぞれ長さを調整してあげる事が大事になってきます。

style_image_1

デザインウルフ

ハイトーンのウルフスタイルにピンクのアクセントカラーを加えたデザインになっております。 髪質的には乾燥毛の方は、ハイブリーチと相性が悪いので、ハリのある髪の方と相性が良いです。 ヘアデザインもそうですが、ファッションとのマッチングを大事にした方が良いと考えております!

style_image_2

ハイライトボブ

ハイライトを細かく入れて陰影がつくようにデザインしたボブスタイルです。 スタイリングも楽しんでいただきたいので、動きを出しやすい髪質の方におすすめです。 ハイライトの部分を少しラベンダーっぽい色を選んであげる事で、綺麗な発色と色持ちの良さを出す事が出来ます!

style_image_3

パーソナルストーリーをインタビュー!

美容師になろうとしたきっかけは?

もともと自分のヘアスタイルをいじることが好きでした。 また、中学生の時に友人の髪をセットしてあげたのですが、その時に友人に褒められ、美容師を勧められた事がきっかけです。 「美容師になったら?」と言われ、その時に初めて職業として「美容師を目指そうかな」と思いました。 中学生ながら、美容師の職業は経営面や体力的にキツいということは理解していました。 中学2年生頃から5年間くらいの間、美容師になりたいという気持ちを持ち続けられたら、それも乗り越えられると考えていました。 実際に進路を選ぶ際まで、美容師を目指すという気持ちを持ち続けていたため、ブレずに美容師の道を進みました。

美容師になって最も嬉しかったエピソードは?

より多くの方から必要とされることを生きがいとしてきましたので、指名数にはこだわっておりました。 会社内の指名数No.1を取れた時はとても嬉しかったですね。 ファッションやヘアスタイルに興味があってということの前に、自分自身にまず自信があったわけではないんです。 自分がかっこよかったりオシャレではないと思っているので、「オシャレになりたい」という気持ちがあって、日々励んでいたところもあります。 「お客様を素敵にしたい」という気持ちが一番だと思いますが、元々の根っこにある気持ちはそこだと思っています。 そのため、お客様から指名を頂けると、「支持された」「認めてもらえた」ということを感じられて、嬉しいところはありますね。

美容師になって最も苦労したエピソードは?

指名があまり増えず、伸び悩んでいたときです。 これは挫折を感じましたね。 技術に関しては、やればやるだけ上手くなります。 その為、技術力は付いていると実感していました。 乗り越える為に意識したのは、主に女性スタイリストのカウンセリングや接客の様子を、注意深く見るようにしました。 他にも、自分なりに心理学や接客について独学で調べ、お客様への接し方を変えたことにより、もやもやを払拭できましたね。 そうすると、指名数にも結果としてきちんと反映されるようになりました。 「お客様のご要望に応える」というスタンスから、「お客様が何を求めてご来店されたか」を想像し、接客をするようになってから実績が付いてきましたね。

尊敬・刺激を受けているスタイリストは?

LAVIAGEの服部翔太さんです。

どんな部分に刺激を受けていますか?

とても職人気質な美容師さんで、お客様のヘアデザインについての探究心や向上心が非常に高い美容師さんです!

今後、挑戦してみたいことは?

今年の1月にお店を開業したばかりなので、個人の美容師としてこうしたい。というよりも、経営者として動いていきたいと思っています。 当店の魅力をもっと知ってもらえるような活動をしていきたいです。 自分が念頭に置いていることとして、「絶対に似合わないヘアスタイルやカラーリングにはさせない」という心構えでいます。 必ずその人にとっての魅力はあると思うので、そこを見つけることに喜びや愉しみを感じています。 そこを体現するお店にしていきたいです。 これは店名の由来にもなっているのですが、皆様の魅力が集まる場所になって欲しいという願い【charm】(魅力)+【collect】(集まる)という言葉を掛け合わせた【Chacolle】という店名でも表しています。

プロフィール

profile_image_url

サロン:Chacolle

お名前:笠原彰剛

詳細ページ:https://hair.cm/stylist/aki-chacolle

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。


NEWSカテゴリ一覧