ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.09.24

より良い美容業界を目指すため「自身の価値観や技術」を多くの美容師さんに伝えていきたい

あなたは、自分の担当スタイリストのことを、どのくらい知っていますか?
スタイリストが普段話さないような、嬉しかったことや苦労したことなどを、日本全国のスタイリストにインタビューするコーナー。
あなたの大切な髪を任せる人だから、一生大切にできるパートナーを見つけてほしい。
「あなたのストーリーを教えて下さい。」

得意スタイル3選!

ぱつっとボブ

カットラインの正確さが大切です、丸顔の方でも挑戦しやすいスタイルです。アゴラインに設定し、骨格を綺麗に見せることができるので、柔らかい髪質でも硬いかたでも挑戦できます! ドライカットで、質感を調節することにより重たすぎない質感が出来上がるのがポイントです!

style_image_1

ナチュラルボブ

ボリュームを抑えた“重たく見えない”ところがポイントです。ボリュームが気になる方や、ハチが張っている方、絶壁の方にオススメです◎ カットラインと、ボリュームを抑える質感調節のドライカットが大切です!

style_image_2

前下がりボブ

骨格や首の長さに合わせて1番キレイに見える長さに、設定するのがポイントです。ボリュームが出にくく、丸顔、エラがはってるなどの方でも挑戦しやすいです◎ 長さの設定と前下がりの角度、量感の整え方によって重さをどれくらい残すかがポイントです。

style_image_3

パーソナルストーリーをインタビュー!

美容師になろうとしたきっかけは?

もとはただ単に“カッコいいな”と思ったからです。 学んでいくと奥が深くて、どんどんのめり込んでいきましたね。

美容師になって最も嬉しかったエピソードは?

専門学校の同級生と卒業してから別々の美容室で働いていたのですが、「将来一緒にサロンをオープンしよう!」と言っていて、2018年4月に「navile」をオープンすることができたことが1番嬉しかったことです。 毎日友人がお客様を幸せにしている姿を隣で見れて、こっちも幸せな気分になってます!

美容師になって最も苦労したエピソードは?

スタイリストになり、なかなか売上が上がらなかったことが最も苦労しました。 周りの友人達はどんどん活躍している中で「このままではダメだ。」と思い、思い切ってサロンを辞め、環境を変えました。 環境を変えることにより今までにないやり方で集客できたり、リピート率が上がったりと、少しずつ成果がで始めた時に、更に自分を「やらなきゃいけない」と持ち上げるために結婚を決意し、支える人ができたことにより「何としても成長する」と技術を磨き、接客を学び、結果がついてくるようになりました。

尊敬・刺激を受けているスタイリストは?

navileの小林綾太、navileの大河光太朗

どんな部分に刺激を受けていますか?

一緒にサロンをやっている同級生ですが、技術は勿論、沢山のことに挑戦する力、考える力、行動する力、思いやる力に刺激を受けています。

今後、挑戦してみたいことは?

更なる店舗展開と自分の技術をたくさん広めていきたいです。 僕自身、ボブの「カットライン」と「ボリュームが抑えられる質感」を得意としていますが、自分だけが独り勝ちするのではなく、世の中の美容師さんみんなにその技術を発信していきたいと思っています。 場所など関係なく、全員が同じレベルの技術を提供することが、美容業界を良くするための1つの方法だと思っています。そういった意味で、自分の価値観や技術を広めていきたいと思っています。

プロフィール

profile_image_url

サロン:navile harajuku

お名前:内藤 允意

詳細ページ:https://hair.cm/stylist/masaoki

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。


NEWSカテゴリ一覧