HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

[PR] HAIRタイアップ企画 提供:ホーユー株式会社

ヘアカラー初心者にもぴったり♪暑い季節に映える「推しカラー」

まだまだ暑いこの季節、アクティブな気持ちでイベントやレジャーを楽しみたいですよね。そんな気分に合わせてヘアカラーもオシャレに楽しみたいところ。そこでHAIR編集部がオススメする夏の3色をご紹介します♪きっとアナタに似合うカラーに出逢えるはず!

2017年夏におすすめのカラー3色

小物アレンジが映える♡アッシュ系

ミスティアッシュ

出典:ホーユー|ミスティアッシュ

明るくなりすぎないアッシュ系カラーは、外国人のようなくすんだ色味が出せると大人気!

ハーフアップのくるりんぱを、皮ひものリボンで仕上げれば、こなれた印象に♪

 

浴衣にピッタリ!ベージュ系

エアリーベージュ

出典:ホーユー|エアリーベージュ

大人っぽいベージュ系は、はんなり浴衣のアップスタイルにぴったり!
三つ編みでカチューシャをつくり、首元でゆるっとまとめれば華やかさと色っぽさが演出できますよ!

あとは浴衣を選んだら、夏祭りの準備はカンペキ!

 

もっと印象を変えたいならピンク系

さくらピンク

出典:ホーユー|さくらピンク

おしゃれさんが注目するトレンドカラー「ピンク系」。
ほんのりピンクは、アレンジをしなくても女の子っぽさをプラスしてくれます♡

白いブラウスや、オフショルコーデにも映えますよね♪

 

実はこのヘアカラー、みんな「#ジブンカラー」で試してみました!

出典:ホーユー

出典:ホーユー

お財布にも優しい「#ジブンカラー」。夏休みを機に、挑戦してみては?

 

「#ジブンカラー」とは?

市販のヘアカラーを活用して、自分で髪を染めること。

「髪へのダメージが心配…」という声もありますが、実は知られていない事実が!

 

薬剤の質が悪いのでは?

市販のヘアカラーに限らず、ほとんどのヘアカラーは、染色の仕組みが一緒。

「誰でもカンタンに染められるように、薬剤を強くしている。だから質が悪い」なんてことはありません。

色や明るさに合わせて、最適な成分が配合されていますよ。

 

髪へのダメージが大きいのでは?

市販のヘアカラーだからといって、髪へのダメージが大きいというのは間違いです。

染色の仕組みは一緒なので、意外とヘアカラー以外の行為がダメージの原因になっている可能性も!

 

ダメージの原因① 摩擦

タオルドライやブラッシングによって起こる摩擦で、キューティクルがはがれてしまうことが…。

タオルドライは、濡れた髪をそっとタオルで包んで水気を取り除きましょう。

ブラッシングは、毛先から少しずつ髪をほぐしながらゆっくりと行ってくださいね。

 

ダメージの原因② 熱

ドライヤーやコテ・ヘアアイロンによる過度な熱は、髪の水分が失われる原因に。

乾ききる直前で終了し、長い間熱を当て過ぎないようにしましょう。

コテやヘアアイロンでのアレンジは、たまにお休みの日をつくると髪もよろこびますよ♪

 

ダメージの原因③ 紫外線

髪や地肌に降り注ぐ紫外線。髪が日焼けしたり、地肌が乾燥してしまいます。

肌と同じように髪も日焼けしないよう、強い日差しから守ってあげましょう。

 

日々のヘアケアの心がけが何よりも重要です。ヘアカラーをした直後の髪は、さらにダメージを受けやすくデリケートな状態。

適切なケアが、色持ちがよくダメージの少ない髪につながります。

 

少しのケアで差をつけよう!ヘアカラー直後のケア方法

ケアのポイント①

まずしっかりと薬剤を洗い流すこと。シャンプーは2回、行いましょう。

ヘアカラー直後の髪は、アルカリ性に傾いています。もとの弱酸性に戻すための第一歩です。

 

ケアのポイント②

市販のヘアカラーに添付されているアフターカラー美容液で、指通り滑らかに!髪を健康な状態に近づけてくれます。

 

ケアのポイント③

ヘアカラー後、約1週間は、念入りなケアを。髪がもとの弱酸性に戻るまでは、数日かかります。この期間のケアが重要です。

 

「#ジブンカラー」初心者に!ヘアカラーを選ぶポイント

初心者には、使い方カンタンな泡タイプのヘアカラーがおすすめ!

みんなが挑戦した「ビューティラボ ホイップヘアカラー」は、泡をすくって塗るだけ!うるおい成分配合&「アフターカラー美容液」付きで、髪色とぅるんとぅるんに♡

 

左から、ミスティアッシュ、エアリーベージュ、さくらピンク

 

正しいケア方法を知って「#ジブンカラー」のコツをつかめば、理想の髪色にも挑戦しやすくなりますよね!

お気に入りの髪色で、夏を思いっきり楽しみましょう♪

 

※使用上の注意をよく読んで、正しくお使いください。
※ヘアカラーでかぶれたことのある方は絶対に使用しないでください。
※ご使用前には毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。


NEWSカテゴリ一覧