HAIR [ヘアー] ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい私を楽しもう。

[PR] HAIRタイアップ企画 提供:JOEARO

髪の乾燥に本気で悩んでいる人必見!「乳酸菌」シャンプーがヒットの予感

10代の頃と比べると歳を重ねるにつれて、お肌の異変だけではなく、毛髪に異変を感じたことはありませんか?そんな悩みを持つあなたには、新発想の「乳酸菌」シャンプーがおすすめかも!

damage hair
 

▶ 昔に比べて潤いが減って、毛髪がパサつく
▶ 髪を下ろしたヘアスタイルを避けがち
▶ ツイツイまとめ髪でゴマかしがち
▶ 毛髪に艶がなくなり、ブラッシングすると絡まりやすい


上のどれかに当てはまる項目がある人は、もしかするとシャンプーしているときに洗浄に偏りすぎて潤いを与えられていないかも…。
同じシャンプーをするなら、出来れば同時に「洗浄+保湿+ダメージケア」→「うる艶ヘア」を目指したいですよね♪
今回は、そんな希望を叶えてくれそうな、新発想♪「乳酸菌で髪も頭皮も整える」シャンプーをご紹介します。

 

新商品は次々出るが、あなたは納得してる?

ひと言でシャンプーといっても、頭皮や毛髪に優しい「アミノ酸系シャンプー」から始まり、自然派植物成分の「ボタニカル」、香りを楽しむ「フレグランス」…さまざまな用途に合わせた豊富な種類のシャンプーがありますよね。
でも、種類がありすぎて何を選んで良いか分からない「シャンプージプシー」になっていませんか?または「シャンプーは何より香り重視!髪の毛は良い匂いでいたいし!でも、毛髪自体に重きを置いてなかったからか、最近ツヤがなくて指通りも悪いような…」といった悩みを持つ人もいるよう。
そこで、新発想!!
「乳酸菌」シャンプーが今後シャンプー業界の金字塔になる予感!

 

食べるだけが「乳酸菌」じゃない!

乳酸菌と聞くと「腸内環境良くしてくれそう」というイメージが強いのではないでしょうか?
でも、最近では乳酸菌の波は食品から「化粧品」へ関心度は毎年上昇傾向なのです。
その理由は「乳酸菌」の高い保湿効果にあり!
乳酸菌の持つ保湿力は肌本来の潤い成分である「天然保湿因子(NMF)」と同じ性質のため、高い保湿性を与えることにより、頭皮や毛髪のコンディションを整えるのです!

スキンケアでは“塗る乳酸菌”として注目され始め、この度シャンプー業界にも「乳酸菌由来成分配合ヘアケア」が誕生!
「パサつき、乾燥」を防いで、潤いバランスに着目して「スルンと整う髪へ♪」
シャンプー業界に新たな風を吹かせてくれる、それが乳酸菌アミノ酸シャンプー※1「JOEARO(ジョアーロ)」です!

  

乳酸菌の特徴は「保湿力」

ヨーグルトなどの食品に含まれる乳酸菌には高い健康効果があることは広く知られていますが、最近では肌に直接塗ることで保湿効果、美肌効果を得るともいわれています。
その理由は、乳酸菌には保湿に欠かせないビオチンを生成する成分が含まれているため、使い続けることで、ツヤや潤いの有るお肌に導いてくれるんです。
さらに、乳酸菌の高い水分調節機能はお肌を乾燥から守り健やかに保つ効果も期待できます。
このように食品としての魅力はもちろん、スキンケアとして保湿コンディショニング効果だけでなく、肌トラブルにも効果が期待できる乳酸菌♪
とても興味深いですよね♪

 

今注目の『乳酸菌アミノ酸シャンプー』とは?

乳酸菌の多彩な魅力についてたっぷり語らせてもらいましたが、シャンプー業界では新発想となる乳酸菌アミノ酸シャンプー「JOEARO(ジョアーロ)」がついに誕生!
コスメ業界で関心度上昇中の乳酸菌ですが、一体、乳酸菌アミノ酸シャンプーは毛髪にどんな作用があるのでしょうか?
それでは、早速見ていきましょう。

シャンプーといえば、頭皮と毛髪に優しいノンシリコン、アミノ酸系といったイメージが大きいですが、「JOEARO(ジョアーロ)」は髪にも地肌にもやさしいアミノ酸※2に乳酸菌由来成分※3をプラスした「乳酸菌アミノ酸シャンプー」を誕生させました!

乳酸菌には前述したように、「天然保湿因子(NMF)」が高い水分調節機能で毛髪と頭皮に潤いを与え、さらに、乳酸菌には働きと保湿に欠かせないビオチンをサポートする成分が含まれているため、「頭皮と髪のコンディション」を整えてくれる優れ物なんです。
さらに15種類のアミノ酸とセラミド※4、毛髪補修成分のケラチン※5をバランス良く配合した独自処方「アミノキュートⓇ」※6が髪のダメージを密着補修し、抜け出したタンパク質を補い「うる艶ヘア」に導きます。

 

頭皮のコンディションまでトータルケア

「JOEARO(ジョアーロ)」発、「乳酸菌×アミノ酸」ヘアケアシリーズは、「乳酸菌由来成分」が毛髪と頭皮に多彩な効能をもたらし、敏感肌やダメージヘアの人、また、パサつきなどの乾燥でお悩みの人に毛髪と頭皮に潤いを与え、毛髪と頭皮環境を整えるコンディショニングヘアケアシリーズです。

 

モイストライン

「モイストクレンズシャンプー」は、マリンコラーゲン系洗浄成分※7とアミノ酸系洗浄成分※8を組み合わせ、こだわりの「乳酸菌由来成分と発酵エキス※9配合」で頭皮環境を整え、乾燥を抑えながらしっとり優しく洗い上げます。
「モイストスリークトリートメント」は、アミノ酸を主体とした独自処方「アミノキュートⓇ」に加え、アボカドオイル※10やマンゴーオイル※11、アルガンオイル※12などのリッチオイル成分を贅沢配合することで、毛髪に濃密な潤いとまとまりを与えてしっとりなめらかな髪に仕上げます。
スペシャルケアとして「モイストヘアマスク」は、「Wアクアベール成分」であるリピジュア※13とカチオンヒアルロン酸※14が乾燥とダメージに因る広がりを抑えて、まとまり感キープ♪
髪を集中補修して潤いに満ちた髪へと導きます。

スムースライン

「スムースクレンズシャンプー」は、シルク由来の洗浄成分※15とアミノ酸系洗浄成分を組み合わせてサラっとした指通りを叶え、さらにこだわりの「乳酸菌由来成分と発酵エキス配合」で頭皮の潤い環境を整え、頭皮の汚れや皮脂をしっかり洗い上げながら毛髪にも潤いを与えます。
「スムーススリークトリートメント」は、モイスト同様の「アミノキュートⓇ」がダメージヘアを密着補修、またサラッとした植物由来の保湿成分※16とバウンシー成分※17が仕上がりの重さを抑え髪全体のしなやかさとスムーズな指通りへ導くトリートメントです。
「スムースヘアオイル」は、ドライヤー前のアウトバスケア♪髪の表面だけでなく、内部まで潤いを与えます。質感重視&バリア機能を備えた高機能ヘアオイルで、熱ダメージから髪を保護しながら毛髪を補修して指通りがよくまとまりある「さらツヤヘア」が続きます。

 

商品概要と実際の使用感は?

スキンケアマイスターや美容薬学検定1級の資格も持つ、毛髪診断士の山口 史恵氏に、実際に使ってみてもらいました。

 

「モイストライン」の使用感想は?

シャンプーは優しい泡立ちでシャンプー中のきしみや毛髪の引っ掛かりもなく、乳酸菌由来成分と発酵エキスが毛髪の乾燥を抑えながらしっとりと優しく洗い上げ、「うる艶ヘア」に。
さらに濃密なオイル成分を含んだトリートメントで手触りの良さや、まとまりをしっかりキープできました。

「スムースライン」の使用感は?

泡立ちが良くシャンプー中に洗浄しながらも保湿されている潤いと流す過程でのなめらかさを実感しました!洗い上がりはリンスやトリートメントを使ったかのように毛髪に充分な潤いを感じ、香りも心地良い万人受けするフルーティーな香り。
さらにトリートメントでダメージを浸透補修し、櫛どおりのよさをキープします。

スムースヘアオイルのテクスチャーは、まるで美容液のようにトロリと濃厚なので数滴を手のひら全体で馴染ませて塗布すると、気になる広がりやパサつき、乾燥を感じることなく1日中「なめらかなうる艶ヘア」が持続します。

「乳酸菌アミノ酸シャンプー」の総評はいかがですか?

乳酸菌アミノ酸シャンプー」を使用して一番感動したのは、今まで1度も体感したことがない、「うる艶ヘア」が1日ずっと持続すること!
1日中、乾燥、パサつき、広がり、ウネリを気にせず過ごせることを可能にした、業界注目の新発想「乳酸菌アミノ酸シャンプー」は、女性の毛髪の悩みを解決してくれる「リーダー的シャンプー」になる予感が満載です!

 

乳酸菌アミノ酸シャンプー「ジョアーロ(JOEARO)」の詳細ページはこちら

 


毛髪診断士 山口史恵プロフィール



■資格
日本エステティック協会フェイシャルセラピスト
美容総合検定スキンケアマイスター
美容薬学検定1級
毛髪診断士

■所属組織
日本エステティック協会
一般社団法人日本コスメティック協会
内閣府認証日本セルフケア支援薬剤師センター
公益社団法人日本毛髪科学協会
Facial Estheビオトナス サロンオーナー


※1:乳酸菌由来成分とアミノ酸系成分を保湿成分として配合したシャンプー
※2:グルタミン酸、アラニン、リシンHCI、ヒスチジンHCI、アルギニン、セリン、アスパラギン酸、グリシン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ロイシン<保湿成分として配合>
※3:乳酸球菌培養溶解質<保湿成分として配合>
※4:セラミド2<保湿成分>
※5:加水分解ケラチン<毛髪補修成分>
※6:毛髪補修成分(15種類のアミノ酸・セラミド・ケラチン)
※7:ココイル加水分解コラーゲンK<洗浄成分>
※8:ラウロイルメチルアラニンNa<洗浄成分>
※9:豆乳発酵液<保湿成分>
※10:アボカド油<保湿成分>
※11:マンゴー種子油<保湿成分>
※12:アルガニアスピノサ核油<保湿成分>
※13:ポリクオタニウム-61<保湿成分として配合>
※14:ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム<保湿成分として配合>
※15:ラウロイル加水分解シルクNa<洗浄成分>
※16:ヒマワリ種子エキス、大豆種子エキス、ユズ果実エキス<保湿成分として配合>
※17:クレアチン・ゼイン<ともに保湿・毛髪補修成分>


NEWSカテゴリ一覧