更新日:2020.11.30
19142

「ねじりハーフアップ」アレンジをご紹介♡簡単におしゃれを楽しめる!

忙しい朝も簡単におしゃれを楽しめるアレンジと言えば、ねじりハーフアップ。ただ髪をねじってハーフアップにするだけで、どんな長さも女性らしくおしゃれにキマりますよ♡今回は、どの長さでもいろんな雰囲気を楽しめるねじりハーフアップのやり方をご紹介します!

ボブのねじりアレンジ

ボブのねじねじにはピンが大活躍

ボブのねじりハーフアップは、ピン使いで仕上がりが変わります。
両サイドの髪をねじねじしながら後ろにまわしたら、ねじりの終点から根元の方に向かってピンをさすだけ!
ピンを毛束と平行にさすことでしっかり固定でき、ピンも隠せますよ。

 

ヘアアクセでピンを隠す

ピンを留めた部分にバレッタなどのヘアアクセサリーをつければ、ごちゃごちゃした印象をなくしておしゃれに仕上げることができます。
しっかりカバーでき華やかさもプラスできる、大きめのアクセがおすすめ

 

前髪を一緒にねじると違う印象に

サイドの髪と一緒に前髪もまとめてねじると、小顔効果が期待できます。
いつものハーフアップと印象を変えたい時におすすめ♡
後ろのトップ部分の髪をふんわりと引き出して高さを出すと、バランスがよくなりますよ。

 

物足りなさはヘアアクセで解消

長さが短いボブの場合、アレンジに物足りなさを感じることも。
ねじりハーフアップは横顔がきれいに見えるので、サイドにカラーピンなどでオリジナルアクセを作ると華やかさがアップしますよ。
ねじりのくずれ防止としても大活躍♡

 

ミディアムのねじりんぱ

ねじってくるりんぱ

ミディアムのねじねじアレンジには、こなれ感がアップするねじりんぱがおすすめです♡
両サイドからねじった髪を後ろで結びハーフアップを作ったら、くるりんぱするだけ。
つけるヘアアクセによっていろんな雰囲気を楽しめますよ。

 

ほぐした雰囲気もかわいい

ねじった部分をルーズにほぐしてあげると、ねじねじならではのゆるっとしたかわいさが引き立つんです。
ねじねじしてゴムでまとめたら結び目を手でしっかり固定した状態で、指先で少しずつつまみ出せばほどよいルーズ感に♡

 

ねじりんぱでエレガントにも

サイドのねじり部分に立体感を持たせて、おろした髪や前髪を大きく巻けばエレガントな雰囲気に仕上がります。
ねじねじする前に全体をコテで巻いておくことで、ねじり部分の髪をつまみ出した時ふわっとした立体感を出せますよ。

 

三つ編みハーフアップ

ツイスト風アレンジなら、三つ編みもおすすめです。
お呼ばれシーンで、いつもより手が込んだアレンジにしたいなら、いつものツイストを三つ編みや編み込みに変えるだけで、アレンジがバージョンアップします。

 

2段ねじりを楽しめるロング

華やかさがアップ

ロングならではのおしゃれを楽しめるのが、2段ねじりのハーフアップです。
耳上にねじりハーフアップをつくった後、さらに2段目のねじりハーフアップをつくれば完成!
毛束の太さを変えると、アクセ要らずで華やかさがアップします♡

 

ヘアアクセも映える

2段ねじりでは、1段目と2段目の間にヘアアクセをつけても楽しめます。
同じねじりハーフアップのアレンジでも、ヘアアクセによって違う雰囲気にできるのが嬉しいですね。

 

ねじりハーフアップをアレンジ

たっぷり長さがあるロングは、ねじりハーフアップから、さらにアレンジを楽しめるんです。
2段ねじりの下で残りの髪の毛をフィッシュボーンにしたり、お団子をつくったりすれば、ねじりハーフアップがこなれ感たっぷりに仕上がりますよ♡

 

ワザ要らずでこなれアレンジ

ただねじるだけでおしゃれがあがる、ねじりハーフアップ。
慣れてくると片手でもねじねじできてスピードアップするので、忙しい朝にはもってこいですよ。
ヘアアクセも見せて楽しめる、ワザ要らずのねじりハーフアップで、いつものスタイルにこなれ感をプラスしてみませんか♡

 

HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連する記事

関連記事はありません。