ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2020.10.11

22048

似合わせカットとは?美容院で上手に利用する方法と顔型別事例も紹介!

雑誌や新聞の広告などで「似合わせカット」という言葉を目にすると思います。
書いてあっても、"どういう意味?"と疑問に思ったことありませんか?
どういうカットなのか、また失敗しないポイントなどをまとめて紹介していきます♡

そもそも「似合わせカット」ってどういうコト?

自分に合ったヘアカットを

「似合わせカット」というのは、自分に似合うヘアカットを施術するサロンメニューのこと。
人によって顔の形や髪の毛の質など違うため、スタイリストさんがその人に合わせたカットをしてくれるのです。
女性だけでなくメンズのヘアスタイルにも当てはまるので、似合わせカットを活用しつつ納得の髪型を手に入れましょう。

美容師さんが似合わせるためにチェックしているポイントは?

顔の形

似合わせカットってどういう意味?上手に利用するにはどうすればいいの?

まずは顔の形をチェックしていきます♪
面長なのか?卵型なのか?ベース型なのか?それによってカットする長さも変わってきますね。

ファッション

似合わせカットってどういう意味?上手に利用するにはどうすればいいの?

普段どういうファッションをするのか?
クール系が多いならショートでかっこよさを感じるスタイルを考えたり、
ラブリー系ならロングでガーリーな雰囲気が良いかな?など考えてくれますよ。
なので、美容室に行くときは自分のお気に入りのコーディネイトで行くことをおすすめします。

仕事

似合わせカットってどういう意味?上手に利用するにはどうすればいいの?

お客様がどんな仕事をしているかによってカットを提案してくれます♪
例えば、医療事務系なら髪の毛は束ねておいた方が良いので短くしすぎないなど、
職場でのマナーをわきまえたスタイルを教えてくれます。

髪の量や生え具合い

髪の毛の量がどれぐらいのペースで伸びてくるか?
生え具合はどの程度か調べた上で、ボブが良いかロングが良いかなど提案してくれますね。

似合ってないかも?!失敗しないための注意点

全て任せない!

似合わせカットってどういう意味?上手に利用するにはどうすればいいの?

似合わせカットは、美容師さんもお客様により似合うスタイルを!と考えています。
美容師さんも気づかない部分もあるので、自分からも気になることは相談したほうが◎!

自分も提案する

似合わせカットってどういう意味?上手に利用するにはどうすればいいの?

美容師さんだけに任せるのではなく、自分も雑誌などを参考にしてどういう感じが良いか考えておくと良いですね♪
美容師さんと一緒に考えて決めるのが失敗しないコツでしょう。

似合わせカットの上手な利用法!

行きつけの美容院へ

似合わせカットってどういう意味?上手に利用するにはどうすればいいの?

上手に利用する方法としては、いつも通っている美容院で似合わせカットをお願いすると、髪質やファッションを美容師さんが理解してくれているので、それに応じたスタイルを提案してくれるはず♪

似合わせカットメニューで人気のサロンを探す

似合わせカットってどういう意味?上手に利用するにはどうすればいいの?

初めて行くサロンであれば、ネットを使って人気の美容院を探すのがいいでしょう♪
口コミを参考に、評判のいいサロンを選ぶのも手です。

顔型別の似合わせカットスタイル事例

面長さんのロングヘア

面長さんのポイントは前髪とサイドのボリュームにアリ。目にかかるギリギリくらいの前髪を取り入れれば、気になるオデコをカバーしてくれます。またサイドヘアにカールをつけてボリュームアップさせることで、面長な印象を緩和してくれます。

ベース型さんのセミロングヘア

セミロングのベース型さんには、くびれカールヘアがイチオシ。
外ハネさせた顔周りの髪がフェイスラインを隠してくれるのでグッと小顔に。さらにシースルーバングがオデコをカバーしつつも抜け感を与えてくれます。

丸顔さんのショートヘア

丸顔さんのショートヘアには少しウルフっぽさを取り入れるのがオススメ。
襟足のくびれが縦長効果を生み出してくれます。
また丸さを強調してしまうので、あまりトップやサイドにはボリュームを持たせすぎない方がベター。

「似合わせカット」で自分に合ったヘアスタイルを教えてもらおう♡

似合わせカットは美容師さんだけで判断しづらい部分もありますので、悩みを伝えつつ一緒に考えるようにしましょう!
そうすれば、失敗する心配も減りますよね。似合わせカットで、安心できる自分のスタイルを見つけてくださいね。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧