ヘアスタイルで毎日が変わる。新しい髪型を楽しもう。

thumbnail

2021.07.28

990

男女ともにオススメ!ネープレスで優しげな刈り上げショートカットにチェンジ

ネープレススタイルという言葉を聞いたことがあるでしょうか。刈り上げのスタイルの一種でありながら、ツーブロックやフェードカットとは少し違う、いま注目のスタイルです。
今回はその特徴とともに、この夏オススメのネープレススタイルを教えていただきました♡

この夏トライしたい!ネープレススタイルに注目

ツーブロックやフェードカットとは一味違うネープレススタイル。
今回はその特徴やオススメスタイルを、スタイリストの松村勇輝さんに教えていただきました。

今回お話を伺ったスタイリスト、渡辺良さん

お名前:松村勇輝
プロフィール:高津理美容専門学校委託クラス卒業後、大阪、兵庫、奈良、岡山、高知、愛知、でスタンダードサロン、委託サロン、訪問美容サロンを通じて10店舗以上のサロンを経験。自由にどこでも対応して自分の良さを出せる美容室を開業することを目指して全国を周りながら美容師をしています。
自己紹介:ショートスタイルとカラーをおもにやらせてもらってます。
いつもより少し変えたいけど派手になり過ぎない色持ちのいいハイライトやインナーカラーが得意です。

男性にも、女性にも◎ネープレスとは?

そもそも、ネープレスってどんな髪型?

「ネープレスとは簡単にいえば刈り上げのスタイルの一種。
低めの位置で刈り上げて、トップをふんわりとかぶせてあげるようなスタイルです。よくマッシュスタイルに合わせたりしていますね。
刈り上げているとはいえ、サイド部分を狭く刈り上げるので頭の形が綺麗に見え、柔らかな印象に仕上がります。
もともとは韓国から来たトレンドだと思いますね」

ツーブロックとの違いとは?

「ツーブロックとは、刈り上げ部分とそうではない部分が繋がっておらず、境目がきっちり見えます。
これに反して、ネープレスはこの境目をなじませたグラデーションのようなカットになるので、ツーブロックよりも柔らかな印象に仕上がります」

男性にも女性にも取り入れやすい!

「頭の形を補正しながら刈り上げていくため、男性、女性ともにトライしやすいのがネープレス。
エッジを効かせ過ぎずにスタイルを作れるので、女性らしさをキープしたい人にもおすすめです」

ネープレスのメリットとは?

スタイリングやお手入れが楽チン!

「刈り上げている分、乾くのも早いためお手入れが楽というのはメリットの一つ。
スタイリングする部分も少ないので、比較的どんな人でも扱いやすいスタイルだと思います」

襟足のクセをごまかせる!

「襟足部分のクセが強いためにショートヘアを断念してしまう方も多いと思いますが、ネープレスであればこのお悩みを解決できます。
刈り上げることで襟足部分のクセを排除できるので、スタイルの完成度が格段に変わりますよ!」

ネープレスのデメリットとは?

生えグセがある方は伸びた時に気になりやすい

「もともと襟足部分に生えグセがある人は、かみが伸びた時にクセがすぐ気になってしまいます。
そもそも刈り上げなので、伸びた時のスタイルの崩れは早いので、こまめなメンテナンスが必要になります」

どのくらいの頻度でメンテナンスが必要?

「気になってきたらすぐにメンテナンスをするのが良いと思いますが、
遅くとも1ヶ月に1度くらいはメンテナンスするのが良いと思います。
セルフで刈り上げるのも一時期流行りましたが、正直難しいと思うので、きちんとサロンでお手入れするのがオススメです」

この夏はネープレススタイルでスッキリ爽やかに♡

ツーブロックより柔らかな雰囲気に仕上がるネープレススタイル。
どんな人でもトライしやすいスタイルだからこそ、是非この夏のイメチェンに取り入れてみてはいかがでしょうか。

スタイリスト・渡辺良さんのプロフィール

所属美容院:blanc栄

肩書:スタイリスト

Instagram:@matu_0523

取材・ライティング

ライター:関戸和

経歴:女性ファッション誌からキャリアをスタート。現在はファッション、ビューティなど、さまざまなジャンルで雑誌からWEBにいたるまで編集・執筆を担当。
自己紹介:美容アイテム好きでオススメされたらとりあえずお試し。サロン専売シャンプーが気になり片っ端からお試し中の今日このごろ。

HAIR
HAIR編集部

HAIR編集部では、スタイリストが投稿する最新のヘアスナップを毎日チェックし、季節やトレンドに合わせヘアスナップと共にスタイリストを紹介しています。

消費税法による総額表示義務化(平成16年4月1日)に伴い、記事中の価格・料金表示は最新の情報と異なる場合がございます。ご利用やご購入の際には最新の情報をご確認ください。

関連記事

カテゴリ


NEWSカテゴリ一覧